1

トピック: ブートセクタを壊したSSDのTestDiskによる修復

LenovoのE460をSSDに換装してWin10で使用していましたが、BuffaloのDiskFormatterで誤ってCドライブのパーティションを削除してしまい、当該SSDが認識できなくなってしまいました。
TestDiskでパーティション情報を修正して認識・起動できるようにすべく、MBRとして認識されていたものをGPTに戻し、属性を修正しようと考えています。元の構成がどうだったのか覚えていないのですが、パーティション構成は購入時のままで、WinからはCドライブのみが見えていました。

現状は添付したスクショの通りです。
自身で「こうでは?」と思う選択肢がなく、GPTパーティションテーブルのTestDiskによる修正情報も見つけられなかったため、どう修正すべきか悩んでいます。

1.EFIシステムパーティション (ESP)→現在NTFSのものをFAT32に修正
2.Microsoft予約パーティション (MSR)→1から要切り分け?ファイルシステム?
3.Windowsパーティション→現時点のまま?
4.回復パーティション (WinRE)→ファイルシステム?

方向性、もしくは参照すべき情報についてアドバイスいただけますと幸いです。

Post's attachments

Attachment icon GParted表示結果.png 21.81 kb, 20 downloads since 2024-03-10 

Attachment icon TestDiskで最初の区画をDeepScan.png 45.05 kb, 18 downloads since 2024-03-10 

Attachment icon TestDiskのQuickScan結果.png 20.97 kb, 19 downloads since 2024-03-10 

2

Re: ブートセクタを壊したSSDのTestDiskによる修復

その後、何とか修復に成功しました。

・TestDiskでは、ディスクをGPTと認識させ、Cドライブと回復パーティションをNTFSにするところまでで終了。
・Windows起動ディスクを用意し、bcdbootコマンドでブートファイルを再作成

Win起動ディスクの自動修復では対応できませんでした。