パソコンを含め、電子機器の電源が入らないのには、大きく分けて以下の2通りの原因があります。

  • 通電していない
  • 電子回路として機能していない

特にパソコンにおいて注意が必要なのは後者で、
電気的トラブルで電源が入らない場合がよくあるのです。

電子回路、特にデジタル回路においては、極論ONかOFFかで動いているため、
1でも0でもない0.5みたいな、ONのようなOFFのような状態は困るわけです。
具体的には、動作できなくなります。

まずは、パソコンの状態をよく観察してみてください。
動いてないように見えて、実は電源ランプは反応してたり、冷却ファンが回転している場合は、
電源関係が原因ではない可能性があります。
具体的には、BIOSです。
詳細は、下記ページに書いてあります。

BIOSが起動しない

電源ボタンを押してもうんともすんとも、という状態でも、まだ確認すべきことはあります。
ここでは、構造が大きく異なるノートパソコンとデスクトップパソコンに分けて、
それらを順に説明していきます。

ノートパソコンの場合

ノートパソコンは、デスクトップパソコンにはない特徴的な構造を持っています。
特に電源周りで大きな違いがあり、

  • 電源ユニットが外に出ている
  • バッテリーを積んでいる

というのは、ノートパソコンならではです。
ちなみに、外に出ている電源ユニットというのは、ACアダプタのことです。

ACアダプタについて

ACアダプタ

ノートパソコンは簡単に動かせるうえに、ACアダプタはサイズ、重量ともそれなりにあるので、
どうしてもケーブル端部の損傷が激しくなります
特に、パソコン側の細い方(DC側)の端部で応力集中が起こるため、
段付き部からポッキリ折れているものをよく目にします。
電線がむき出しになっていなくても、変に折れ曲がっているところがあれば、
すでに内部で断線している可能性が高いです。

昔のノートパソコンでは、写真のようにDC側ケーブルがやたら細いものが多かったんですが、
断線が多発したためか、最近のノートパソコンでは以前よりも太いケーブルが使われています。
従って、昔に比べれば断線しにくくはなってきています。
XPの頃までのノートパソコンでは、この手の断線は本当によく見ました。

コンセント側の電源ケーブルが、ACアダプタにしっかり挿さっているかどうかも確認したほうがいいです。
いわゆるメガネケーブルが使われていることが多いんですが、
製品によってメガネコネクタ部の長さが微妙に違います。
メガネケーブルだけ別のものを使ってて、ACアダプタの端子に届いていなかった、
なんて事例も以前ありました。

最終的にACアダプタの動作確認をするには、
テスターでパソコン側端子の出力を確認するしかありません。

ACアダプタの純正品は、部品として取り寄せる必要がありますが、
他メーカーの互換製品で代用することもできます。

NEC 15V 19V
富士通 16V 19V
東芝 15V 19V
ソニー 16V 19.5V

これは、エレコムのパソコン用ACアダプタの例です。
ただし、出力電圧には注意が必要です。
出力電圧は、ACアダプタに貼られているラベルの「OUTPUT」の項目を見たらわかります。
電圧が異なる製品は、端子の形状が違っていて挿すことができません。
仮に挿すことができたとしても、新たな故障の原因になるだけです。

バッテリーについて

ノートパソコン特有の部品で、かつ電源トラブルの原因に最もなりやすいものが、
このバッテリーです。

ノートパソコンの電源は、

コンセント → ACアダプタ → バッテリー → パソコン本体

という順で供給されています。

バッテリーが正常であれば何の問題もないんですが、
バッテリーが劣化していて定格起電力を保持できなくなっている場合、
パソコンの電源を投入するという一発目の動作すらままならなくなります。
冒頭の、電子回路として機能しない状態です。
パソコンの電源ボタンって、機械的なON/OFFスイッチじゃないですからね。

バッテリー

ACアダプタをパソコンから外し、次にバッテリーを取り外します
つまり、パソコン本体に対する電源供給を一旦断ちます

バッテリーを取り外したら、今度はACアダプタだけをパソコンにつなぎます
その状態で電源ボタンを押すと・・・起動するかもしれません。

このような症状は、特に購入後5年以上経過したノートパソコンでありがちです。
私が見たパソコンはすべて、バッテリー単独では起動できないほどバッテリーが劣化していました。
逆に、ACアダプタ単独では起動できるのです。
ACアダプタは正常な出力を保っていたからです。

この方法で起動すると、持ち主さんからはびっくりして喜ばれます。
実は根本的解決になってないんですが、関係ないみたいです。

中途半端な起電力しか持たなくなってしまったバッテリーは、不具合の元でしかありません。
根本的には、もちろんバッテリーの交換が必要なんですが、バッテリーって地味にお高いんですよね。
私のお客さんでは、バッテリーがない状態で使ってる人のほうが多いです。
「どうせ古いし、次壊れたら買い替えるから」ってことで。

デスクトップパソコンの場合

デスクトップパソコンの場合、電源周りはノートパソコンよりも単純です。
主として問題になるのは、電源ユニットとマザーボードですね。

電源ユニット

電源ケーブルの挿さっている部分が、電源ユニットです。
電源ケーブルを一旦抜きます
コンセントのほうじゃなくて、パソコン本体側のコネクタを抜きます
パソコン本体側コネクタは挿し込みが固いので、
奥までしっかり挿さっておらず、通電していないことがよくあります。

電源ケーブルを抜いた状態で1分ほど放置してから、電源ケーブルを挿し直します
時間が惜しい場合は、電源ケーブルを抜いた状態で電源ボタンを押してもいいです。
目的は、内部にたまっている電荷を一旦放電させること。
電気的にゼロの状態を目指すのは、冒頭の理由からです。
電源リセットがかかると、一時的な不具合の場合はそれだけで復旧します

「電源入らん」って持ってこられたパソコンが、
店頭で動作確認すると普通に起動する、なんてことがよくあるんですが、
大抵はこれと同じ理由です。
デスクトップパソコン本体を持ってくるまでの過程で、必然的に電源が断たれますので。

素子における電子のやりとりは、究極的にはアナログなものです。
元々アナログなものに、しきい値を設けてデジタルとしてふるまわせているわけで、
デジタル製品としての挙動がおかしいのなら、
一旦すべてをゼロに戻し、定格電圧をかけ直すことには大きな意味があるのです。

以上の操作でも起動しない場合は、個別に原因を当たっていく必要があります。
ひょっとすると、マザーボード等、主要部品を交換しなければならないかもしれません。