ハードディスクメーカーの統廃合が進み、
各ハードディスクメーカーから提供されているハードディスク診断ツールも開発停止になったり、
統合されたりでわかりにくくなってきました。
そこで、汎用性の高いハードディスク診断ツールとして、「HDAT2」を紹介しておこうと思います。

HDAT2

実は、「HDAT2」はハードディスク診断ツールというにはあまりにいろいろできすぎるんですが、
それも含めて便利なので。

注意点

接続方式について

基本的に、ブリッジチップを間に挟むとできないことが多くなります。
ハードディスクのファームウェアに関する項目を操作できる、ローレベルで動作するソフトなので、
対象のハードディスクはSATAまたはIDEでマザーボードと直接接続した状態で実行すべきです。
実質、SATAまたはIDE接続用です。

従って、「HDAT2」は内蔵ハードディスクの診断には向いていますが、
USB接続の外付けハードディスクでは正常に機能しないことが多いです。
一部動作しても、エラーを検出できなかったりして意味がないです。
「HDAT2」起動時に対象ハードディスクのSMART属性値が得られなければ、
セクタエラーも検出できないと考えていいと思います。

「Device tests」について

ハードディスク診断は「Device tests menu」から行いますが、
バージョン4.6~4.8において、「Device tests」は無効化されています

しかも、これらのバージョンでは「Device tests」が実行不可能なわけではなく、
デモモードとして動作するのです。
実行はできるけど、実際は何もしていないということです。
画面上は完全に動作しているようにしか見えないので、特に注意が必要です。
「Device tests」を使用するのであれば、バージョン4.5.3以前、もしくは4.9以降でなければなりません

起動ディスクの作成

このページでは、「HDAT2」を用いたハードディスク診断、特に不良セクタのチェックを行う方法をまとめていきます。
従って、冒頭で述べた「Device tests」を使用するので、
バージョン4.5.3以前、もしくは4.9以降を入手する必要があります。

「HDAT2」の入手先は、以下のとおり

トップページ HDAT2/CBL
ダウンロードページ HDAT2 DOWNLOAD

「HDAT2」は、DOS上で動くプログラムです。
基本的に、CD/DVDから起動することで使用します。

また、「HDAT2」には、いろんな付属品が同梱されている通常版と、プログラムのみのLite版があります。
Lite版のほうがシンプルで、かつ環境を選ばず動作するので、ここではLite版をもとに説明していきます。
というわけで、「HDAT2ISO_○○○_LITE.EXE」(○○○はバージョン番号)をダウンロードします。

ダウンロードしたファイルは自己解凍書庫で、解凍すると「HDAT2」起動ディスクのISOイメージファイルが得られます。
ISOイメージファイルをCD/DVDに書き込み、「HDAT2」起動ディスクを作成してください。

「HDAT2」の起動

「HDAT2」起動ディスクが挿入された状態で、パソコンをCD/DVDドライブから起動します。

HDAT2 - 起動

起動プログラムを指定します。
「hdat2」と入力して「Enter」キー

ちなみに、新バージョンでうまく動作しない場合は、
同梱されている旧安定バージョンを使ってみるといいかもしれません。
たとえば、「cd v453」もしくは「cd v493」としてカレントディレクトリを移動してから、「hdat2」と入力。
※「v5 Lite」やUBCDには旧バージョンは同梱されていません。

また、HDAT2は、ASPIドライバ関係で動作しなくなることが多いです。
もし起動中にASPIドライバを読み込んでいるなら、ドライバを読み込まずに起動してみる。
つまり、「No drivers」を選択して起動する。
間違いないのは、「HDAT2 Lite」を使うことだと思います。
Lite版だと、ASPI関係を無視して実行するので。

HDAT2 - Device List

「HDAT2」が起動しました。
対象のデバイスを上下カーソルキーで選択し、「Enter」キーを押します。
以下、同様の操作方法です。

「HDAT2」によるハードディスク診断

HDAT2 - Main Menu

「HDAT2」ではいろんなことができますが、ここではハードディスクの診断を目的としているので、
「Device tests menu」を選択します。※バージョン4.5.3では「Drive Level Tests Menu」

HDAT2 - Device tests menu

続けて、「Detect bad sectors menu」を選択※バージョン4.5.3ではこの画面がなく、直接テスト選択画面になります。
文字通り、不良セクタを検出するためのメニューが現れます。

HDAT2 - Detect bad sectors menu

不良セクタの検出といっても選択肢が複数ありますが、
結局は「READ」と「VERIFY」の違い、及びその組み合わせです。

ここで、「READ」と「VERIFY」の違いについて触れておきます。

READ

セクタの読み取りテストを行う。
エラーの判定基準は、「HDAT2」独自のもの。
一般的に、かなり厳しめ
実際、「HDAT2」がエラーと判定したセクタが100%不良セクタというわけではない。
リトライ等でちょっとでも遅延があったものは、エラーと判定しているものと思われる。

VERIFY

セクタのCRCチェックのみを行う。
正しいデータの読み取りができないセクタを特定できる。
代替処理保留セクタの場所を調べるのにはいいかもしれない。
ハードディスクに対する負荷も「READ」コマンドより低い。

いずれも本質的にはデータを失うものではありませんが、
ハードディスクの状態が悪いと、負荷によって不良セクタを増やしてしまうことがあります。
特に、「READ」コマンドを実行する場合は注意が必要です。

で、実際に選択するメニュー項目としては、

  • 「Detect with READ」※バージョン4.5.3では「Read bad sectors」
  • 「Detect with VERIFY」※バージョン4.5.3では「Check bad sectors only」

これらを状況に応じて使い分けてください

ハードディスクの診断という意味では、「VERIFY」のほうがより一般的です。
少なくとも、「Detect with VERIFY」でエラーが見つかった場合は、
一般的に言われる不良セクタが存在すると考えて間違いないです。
一方、「Detect with READ」でエラーが検出されないのにパソコンの動作が異常だとしたら、
論理障害の可能性が高いといえます。

HDAT2 - Setup

設定変更したい場合は、テスト項目が選択された状態で「S」キー(バージョン4.5.3では「P」キーを押して、
事前に設定値を変更しておいてください。

ハードディスク診断の場合は、特に設定をいじる必要はないかと思います。

HDAT2 - 動作中

テスト項目を選択した状態で「Enter」キーを押すと、すぐさまテストが開始されます。

なお、「HDAT2」はビープ音が非常にうるさいソフトです。
エラーを検出する度にビープ音が鳴ります。
ビープ音が鳴らないようにするには、デバイス選択画面で「S」キーを押して設定変更するか、
「Ctrl」+「S」キーを押して切り替えます。
ちなみに、「Ctrl」+「S」キーのショートカットはいつでも有効です。
メニュー画面でも、実行中でもです。

HDAT2 - 結果

「HDAT2」の基準で、エラーの可能性のあるセクタは、「Warning」や「Bad」と判定されます。
「Warning」が黄色、「Bad」が赤で表示されます。

ただし、棒状のインジケータは概略かつ相対的なものなので、
エラーが多すぎる場合は、青色表示されている範囲にエラーがまったくないというわけではありません。
具体的なエラーの個数については、画面中段「ERRORS」と書かれた部分に数値で示されます。
ここにカウントされたセクタは健全な状態ではないと考えられるので、
今後そのハードディスクを使い続けるかどうかの参考にしてください。

また、これを応用して「HDAT2」では不良セクタを修復することもできます
詳しくは下記ページにて。

「HDAT2」による不良セクタの修復