「Ultimate Boot CD」は、
いろんなところで提供されているパソコン診断、修復用のツールを1枚のCDにまとめ、
起動できるようにしたものです。
フリーウェアの集合体なので、無料で使うことができます。

Ultimate Boot CD

文字通り、「Ultimate Boot CD」からパソコンを起動することで、各種ツールを使用します。
ハードディスク、メモリ、CPUといったハードウェアに関するものから、
パーティション変更、ウイルススキャン、DOS/Linux起動ディスクなどソフトウェアに関するものまで、
かなりの数のソフトが「Ultimate Boot CD」1枚から起動できるように作られています。

いざという時にたいへん重宝するんですが、
いざという時はCDの書き込み自体がままならないので、
とりあえず1枚「Ultimate Boot CD」を作っておくことをおすすめします。
意味がわからなくてもいいです。
パソコントラブルが発生した時に、メーカーの提供するリカバリディスク以上に役立つ可能性があります。

起動ディスクの作成

入手先は以下のとおり

トップページ Ultimate Boot CD
ダウンロードページ Download UBCD

下の方にスクロールしていくと、「ISO」と書かれた横にダウンロードアイコンがあるので、
そこからISOファイルを入手してください。

ダウンロードに成功すれば、700MB弱のファイルが保存されます。
正確なファイルサイズやハッシュ値は、「Download UBCD」のページに載っています。

ダウンロード、解凍して得た「Ultimate Boot CD」のISOイメージファイルのデータを、
CD/DVDに書き込みます

いわゆる、ISOイメージファイルの書き込み

Windowsディスクイメージ書き込みツール

「Windows 7」以降であれば、Windowsは標準でISOイメージファイルの書き込みに対応しています。
手順は、ISOイメージファイルの右クリックメニューから、「ディスクイメージの書き込み」を選択するだけ。
ただし、関連付けが他のソフトに変更されている場合は、メニューに項目が表示されません。

別に、何のライティングソフトを使ってもいいんですが、注意点があります。

間違い 正解
間違い こちらが正解

ISOイメージファイルを、ファイルのままCDに書き込まないでください。
起動できません。
汎用のライティングソフト使用時にはよくある失敗なので、注意してください。

「Ultimate Boot CD」の起動

起動方法はいたって簡単。
「Ultimate Boot CD」をCDドライブに入れた状態で、パソコンをCDドライブから起動します。

ただし、「Ultimate Boot CD」はUEFIブートに対応していないため、
環境によっては事前にBIOSの設定でCSMを有効にする必要があります

Ultimate Boot CD

「Ultimate Boot CD」が起動しました。

リスト上の各項目から、使用するソフトを選択します。
「↑」「↓」カーソルキーで選び、「Enter」キーで決定します。
マウスは使えません。

戻る

ちなみに、「..」を選択すると、上の階層に戻ります。

含まれているソフト

「Ultimate Boot CD」を使用するうえで重要なのは、中に収められている個々のソフトの使い方。
でもそれらは、数が膨大なうえに、専門知識が必要で、かつ英語という。

一応、私がよく使う「Ultimate Boot CD」中のソフトについては、このサイト内にまとめてあります。
以下、列挙します。

メモリ動作チェック Memtest86 / Memtest86+ - UBCD」から起動
ハードディスク診断 HDAT2 - UBCD」から起動
Drive Fitness Test - UBCD」から起動
パーティションの復旧 TestDisk - UBCD」から起動
ハードディスクデータ消去 Darik's Boot and Nuke - UBCD」から起動
BIOSパスワード解除 CmosPwd - UBCD」から起動
「boot.ini」の編集 EditBINI