MBRディスクとGPTディスクの違い

ディスク形式の違い

MBR/GPTの選択 - ディスクの初期化

MBRディスクとGPTディスクの違いは、パーティションの管理方式にあります。
パーティションに関する情報は、パーティションテーブルと呼ばれる領域に保存されています。
つまり、MBRディスクとGPTディスクでは、パーティションテーブルが違うのです。
そもそも、GPTディスクのGPT」は、「GUIDパーティションテーブル」の略です。

これに伴う、MBRディスクとGPTディスクの主な違いを列挙します。

MBRディスク GPTディスク
互換性 ※WindowsはVista以降で対応。
UEFIブート ×
領域の上限 2TiB 事実上なし
パーティションの数 最大4 最大128

互換性

MBRディスクとGPTディスクに、互換性はありません

かつては、MBRディスクしか存在しませんでした。
従って、「ディスク」といえば、すべてMBRディスクでした。
GPTは比較的新しい仕組みのため、古いシステムはGPTディスクに対応していません※「Windows XP」以前とか。

また、シンプルなシステムは、MBRディスクで運用されています
GPTにするメリットがないからです。
USBメモリやSDカード等、汎用性が高く、容量もそれほど大きくない記憶装置は、
MBRディスクで使われていることが多いです。

UEFIブートへの対応

UEFIによる起動に対応するためには、GPTディスクでなければなりません
Windowsが広くUEFIブートに対応し始めたのは、「Windows 8」からなので、

MBRディスク 「Windows 7」以前のシステムディスク
GPTディスク 「Windows 8」以降のシステムディスク

である可能性が高いです。
特に、プリインストールされているWindowsでは、この傾向が強いです。

ただし、32/64bit版の違いや、
「Windows 8」以降でもMBRディスクを使い続けることは可能なので、
Windowsのバージョンで区別するのは、ちょっと乱暴かもしれません。

2TB以下の記憶装置でもシステムディスクがGPTなのは、
UEFIブートに対応するため、という理由が大きいです。

利用可能な領域の上限

実用面における大きな違いは、利用可能な領域の上限です。
MBRディスクでは、2TiBまでの領域しか扱うことができません
従って、

MBRディスク 2TB以下の記憶装置
GPTディスク 2TBを超える記憶装置 ※2TBは含みません。

で使われるのが一般的です。
ただし、2TB以下の記憶装置でも、GPTディスクで運用することは可能です。

3TB以上のハードディスクも、MBRディスクで使えないわけではありませんが、
扱えるのは2TiBまでの領域だけです。

作成できるパーティションの数

MBRディスクでは、パーティションテーブルの情報量に限りがあるため、
パーティションを4つまでしか作れないという制限があります。
ただし、ここでのパーティションは、プライマリパーティション拡張パーティションを指します。
論理ドライブを使えば、MBRディスクでも5つ以上のパーティションを作成することは可能です。

一方、GPTディスクでは、GPTでパーティションを管理しているため、
特殊なことをしなくても、5つ以上のパーティションを作成できます※最大128。

MBRディスクとGPTディスクの変換

MBRディスクとGPTディスクは、まったく違う仕組みでパーティションを管理しています
これは、ドライブを作成する以前の問題で、
パーティションの前提が違うことを意味します。

従って、MBRディスクかGPTディスクかを決めるのは、パーティションを作成する前の段階です。

MBR/GPTの選択 - ディスクの初期化

新品のハードディスクであれば、「ディスクの初期化」の際。

GPTディスクに変換 - ディスクの管理

使用中のハードディスクであれば、パーティションをすべて削除した後に、
MBRディスクは「GPTディスクに変換」できます。

MBRディスクに変換 - ディスクの管理

同様に、GPTディスクは「MBRディスクに変換」できます。

GPTディスクに変換できない - ディスクの管理

使用中のハードディスクを、後で変換することはできません
パーティションを、一旦すべて削除する必要があります

データを維持したまま、MBR/GPTディスクを変換できるツールもありますが、
イレギュラーな処理になります。
本来なら、パーティションの開始位置が変わるので、
大規模なデータの移動が必要になるはずだからです。
少なくとも、システムディスクに適用するのは避けたほうがいいと思います。MBR2GPTとか)