「ディスクの初期化」について

新規ディスクに対する操作

「ディスクの初期化」は、フォーマットとは違います。
Windowsの機能で、主にMBRに関するものです。

ディスクの初期化

表示上はMBRとGPTの二択なので勘違いされやすいですが、これらは相反するものではありません。
GPTを選択しても、MBRは作成されます
もっとも、MBRの役割は変わってくるわけですが。

GUIDパーティションテーブルは、MBRのパーティションテーブルでは実現できない機能をもたらしますが、
あくまでも従来の仕組みの上で成り立っています。
GPTディスクのパーティション管理はGPTによって行われますが、MBRが不要なわけではありません
事実、GPTディスクでもMBRが確認できないとWindowsからはアクセスできず、
「ディスクの管理」では「初期化されていません」と表示されます。
互換性を保つためのMBRと言ってしまえばそれまでですが、
「ディスクの初期化」によってMBRは作成されます。

「ディスクの初期化」が必要になるのは、たとえば、

  • データが一切書き込まれていない新品のハードディスク増設時
  • ハードディスクのMBRが認識できない場合

などです。
ただし、ここでいう新品のハードディスクとは、外付けハードディスクのことではありません。
外付けハードディスクは通常、使用するためのデータが書き込まれた状態で出荷されています。
つまり、MBRが書き込まれており、フォーマットされています。
このため、購入してから接続するだけですぐに使用できるのです。

「ディスクの初期化」の目的

MBRが存在しないハードディスクは、接続しただけではエクスプローラ上に表示されません
パーティションが存在せず、ドライブレターを割り当てられないからです。

「ディスクの初期化」の目的は、MBRを作成することにあります。
MBRが存在しないハードディスクを接続すると、Windowsによって「ディスクの初期化」が求められます。

従って、「ディスクの初期化」は、MBRが存在しないハードディスクでしか実行できません
MBRが存在しないというのは、ハードディスクの先頭セクタにブートシグネチャが存在しないということです。
パーティションテーブルが正しくても、ブートシグネチャが存在しなければ、
Windowsは「ディスクの初期化」を実行しようとします。
逆に、ブートシグネチャさえあれば、Windowsは「ディスクの初期化」の必要がないと判断します。

トラブルによって「初期化されていません」との表示になった場合も同様で、
何らかの問題によって、MBRのブートシグネチャが確認できないことを意味します。

「ディスクの初期化」の操作

「ディスクの初期化」は、ディスクの管理」から行います
というか、MBRが存在しないハードディスクが接続された状態で「ディスクの管理」を起動した瞬間に、
「ディスクの初期化」ウィンドウが現れます。

ディスクの初期化 - ディスクの管理

もしくは、「初期化されていません」と表示されているディスクの右クリックメニューから、
「ディスクの初期化」を選択
することもできます。

なお、「初期化されていません」との表示がない場合は、「ディスクの初期化」を実行できません
する必要がないからです。
すでにMBRが作られていますので。
代わりに、ディスク形式の変換を行うことができます。
ただし、MBR/GPTディスクの変換は、パーティションがすべて削除されている必要があります。

ディスクの初期化

初期化対象のディスクがチェックされていることを確認します。
MBR/GPTについては、2TB以下のハードディスクではMBR、
2TBを超えるハードディスクについてはGPTが一般的
です。
※MBRのLBAでは、セクタサイズ512Bで2TiBまでの領域しか扱えないため。

「OK」を選択すると、「ディスクの初期化」が実行されます。
作業は一瞬で終わります。

「ディスクの初期化」の作業内容

「ディスクの初期化」は、MBRを作成します。
Windowsを起動するためのブートストラップローダを書き込みます。
そして、パーティションテーブルを「0」で埋めます。

新規にハードディスクを追加する場合はまったく問題ありませんが、
復旧を考えている場合は、パーティションテーブルが「0」で埋められる点には注意が必要です。

ただ、「ディスクの初期化」を行った時点では、ブートセクタに変更はありません。
「初期化」という名前が付いていますが、
フォーマットしていない限りは、パーティションの復旧可能性があります。

パーティションの作成とフォーマット

「ディスクの初期化」をしただけでは、まだその記憶装置を使うことはできません。
引き続き、パーティションの作成とフォーマットを行う必要があります。

未割り当て - ディスクの管理

「ディスクの初期化」が完了すると、
対象のディスクが「オンライン」と表示され、パーティションに関する操作ができるようになります。

メニューから「新しいシンプルボリューム」 - ディスクの管理

ここから右クリックし、「新しいシンプルボリューム」を選択します。

ちなみに、ボリュームとは、ドライブに割り当てる領域のことです。
従って、シンプルボリュームであれば、パーティションと同義です。
ちなみに、その他のボリュームはダイナミックディスクじゃないと使えません。

開始 - 新しいシンプルボリュームウィザード

「新しいシンプルボリュームウィザード」が表示されるので、「次へ」を選択

ボリュームサイズの指定 - 新しいシンプルボリュームウィザード

ボリュームサイズを指定します。
デフォルトでは、未割り当ての全領域を1つのパーティションにします。
パーティションを分割したい場合は、適宜サイズを縮小してください。

ボリュームサイズが決まったら、「次へ」を選択

ドライブ文字またはパスの割り当て - 新しいシンプルボリュームウィザード

ドライブ文字(ドライブレター)を割り当てます。
他の選択肢は、意味がわかる人用。
パーティションに何も割り当てなければ、ドライブとしてアクセスすることはできません。

基本的には、ドライブ文字を指定して「次へ」

パーティションのフォーマット - 新しいシンプルボリュームウィザード

パーティションのフォーマットを行います。
フォーマットしないと、ファイルを保存できません

基本的には、デフォルトの設定のままでいいと思います。
必要なのは、ボリュームラベルをわかりやすい名前に変更することぐらいでしょうか。
ちなみに、ボリュームラベルは後からでも変えられます。

ファイルシステムを変更したかったり、
アロケーションユニットサイズ(クラスタサイズ)を変更したかったり、
クイックフォーマットが嫌だったりする場合は、
適宜変更してください。

フォーマットの条件を決めたら、「次へ」

最終確認 - 新しいシンプルボリュームウィザード

最終確認です。
表示されている内容で問題なければ、「完了」を選択してください。
ウィザードが閉じられると同時に、指定した作業が実行されます。

新しいシンプルボリューム - ディスクの管理

作業が完了すると、設定したパーティションに与えられたドライブレターによって、アクセスできるようになります。
この状態になって初めて、「エクスプローラ」等からドライブを確認できます。
つまり、ドライブを使えるようになります。