「CrystalDiskInfo」は、ハードディスクの健康状態を知るうえで非常に役立つソフトですが、
その表示内容はわかりにくい、というか普段目にするものではありません。
もっとも、わかりにくいのは「CrystalDiskInfo」の問題ではなく、ハードディスクの仕様の問題です。

CrystalDiskInfo

「CrystalDiskInfo」を使うと、
Windows標準の機能では知ることのできないハードディスクのSMART情報を、一覧表示してくれます。
しかも日本語※この手のソフトは海外製で英語のみということが珍しくありません。

SMARTとは、「Self-Monitoring, Analysis and Reporting Technology」の略で、
ハードディスク(補助記憶装置)の自己診断機能のことです。
SMARTは、ハードディスクのファームウェアによって実現されています。
従って、SMART情報を見ることで、ハードディスク内部の状況を知ることができます

特に、「CrystalDiskInfo」の優れている点として、
USB接続ハードディスクのSMART情報も確認できるというのがあります。
ハードディスク診断ツールの多くは、SATAやIDE接続でないと使えないものが多く、
実質内蔵ハードディスク専用だったりするのです。
この点、「CrystalDiskInfo」は守備範囲が広く、使いやすいことには間違いありません。

ただ、使いやすい割に内容を理解しにくいのは事実なので、
ここでは「CrystalDiskInfo」の表示内容の見方を中心に説明していきます。

「CrystalDiskInfo」の入手

本題ではないので、ここはサラッと。

ソフトウェアページ CrystalDiskInfo
ダウンロードページ ダウンロードセンター

注意点があるとすれば、インストーラー版とポータブル版があることです。
個人的にはトラブル対応で呼ばれることも多く、
文字通りUSBメモリに入れて持ち運んでいるため、ポータブル版を使っています。
でも、常駐させて使うならインストーラー版のほうがいいでしょうし、そのへんは用途に合わせて選んでください。

「CrystalDiskInfo」のインストールから実行までは、
一般的なソフトウェアと同じなので、なんら難しいことはありません。
重要なのは、その表示内容。

健康状態

「CrystalDiskInfo」の健康状態表示は、誤解されていることが多いと思います。
もっとも、これは「CrystalDiskInfo」が悪いわけではなく、
判断をソフトウェア任せにしているユーザーの責任なのですが。

注意

健康状態「注意」 - CrystalDiskInfo

健康状態の「注意」表示は、「健康状態設定」で指定されている基準値(しきい値)をもとに判定されます。
デフォルト(初期設定)では、「05」「C5」「C6」いずれかの「生の値」が1以上になった時点で「注意」表示となります。
これらの項目は不良セクタに関するものなので、不良セクタが1つでもあれば「注意」になると言ってもいいです。

健康状態設定 - CrystalDiskInfo

健康状態に関する基準値は、ユーザー側で変更可能です。
メニューバーから、

機能 > 上級者向け機能 > 健康状態設定

と選択するか、
もしくは、メインウィンドウで健康状態を表示している部分を直接クリックしても、基準値を変更できます。

健康状態設定 - CrystalDiskInfo

基準値を変更すれば、不良セクタがあるハードディスクであっても、「正常」表示になります。
要は、ユーザー側で「注意」と判断すべき基準値を「CrystalDiskInfo」に入力して使うということです。

デフォルトの不良セクタが1以上で「注意」というのは、最も厳しい条件になります。
で、不良セクタがいくつあったら「注意」と見なすべきかについては、様々な意見があると思いますが、
個人的見解を述べます。

不良セクタの個数が2ケタ以上あったら、継続使用は控えます。
不良セクタが片手で数える程度で、原因も動作中の電源断とかだったら、
数値は増えない可能性が高いので、使い続けます。

不良セクタの個数もそうですが、
数値が安定しているか、増加傾向にあるのかの区別が重要な気がします。
私は基準値はデフォルトのまま使っています。
ゼロが「正常」というのは確かなので。

不良セクタについては重要なので、詳細は後述します。

SSDの「残り寿命」について

バージョン6から、SSDの「残り寿命」に対応しました。
デフォルトでは、「残り寿命」(FF)の現在値が10%以下になったら「注意」表示をするようになっています。

ただし、中には「残り寿命」の属性値を出力しないSSDもあります(東芝とか)
「残り寿命」のIDが「FF」ではないSSDもあります(Crucialとか)
また、ハードディスクの不良セクタが具体的な個数を示しているのに対し、
SSDの残り寿命はやや抽象的な概念なので、そういうものとして見ておくのがいいと思います。

SSD - CrystalDiskInfo

ちなみに、「残り寿命」は、ID「AD」の「平均ブロック消去回数」と相関があります
ブロック消去回数がメーカーの定める値に達したら、「残り寿命」も減るっぽいです。

異常

健康状態が「異常」になるのは、「現在値」がメーカーの定める「しきい値」に達した時です。
「異常」=「使用不能」ではありません
「異常」表示があっても読み書きできるハードディスクもあります。※上の画像もそう。
もちろん、継続使用はおすすめしませんが。

逆に、「現在値」が「しきい値」に達しなくても、ハードディスクは動作不良になることがあります。
「異常」表示ではないけど、正常動作しないという。
というわけで、「異常」じゃなければ安全、でもありません
つまり、「異常」表示は判断基準としてはアテになりません。

重要なのは、健康状態の「注意」と「異常」では判定の方向性が異なるということ。
「異常」の健康状態表示は、不良セクタに関するものとは限らないのです。
従って、「注意」より程度が悪いのが「異常」、という認識は必ずしも正しくありません
不良セクタについては、「異常」に至る前に不具合となって現れる場合が多いです。

温度

温度表示は、過信しないように。
というのも、これは温度計ではないからです。

「CrystalDiskInfo」の温度表示と温度計の違いは、校正(較正)されているか否か。
温度計は、温度を計るのが主目的なので、基本的に校正したうえで出荷されます。
一方、補助記憶装置の温度表示は、温度を計測できる素子を利用して値を出力していますが、
これは自己監視のためであり、補助的なものです。
温度計のように校正されているわけではありません。
つまり、基準がない温度表示なのです。

たとえば、同一型番のハードディスクを同じケースに入れ、負荷を与えない状態で確認しても、
温度表示が数度ずれていることはザラにあります。
経験上、±3℃の誤差は普通にあると思っています。
人間の体感温度と同じくらいのアバウトさだと思っておいたほうがいいです。

とはいえ、常に温度が50℃以上というのは問題だと思いますので、参考値としては大いに活用してください。
ただここでも、ハードディスクの温度出力が正しくない可能性があることに注意してください。
本当に50℃超えてたら、手で触っても温かいではなく、熱いと感じるはずですので。

項目名とその値

メインウィンドウの下部に一覧表示されているのが、SMARTの各項目(属性)とその値です。
というか、上記「健康状態」も「温度」もこのSMART情報を反映したものです。

SMARTでは、検査項目ごとに固有のIDがひもづけられています。
ただし、メーカーや製品によって存在するIDに違いがあり、またIDの解釈にも違いがあります。
従って、同一型番、同一ファームウェアでしか純粋な比較はできません。

それでも、自己診断機能を通じて、
外部からはわかり得ないハードディスク内部の情報を取得できるのは、大きなメリットです。

ちなみに、初期設定で生の値は16進で表示されていますが、
直感的にわかりやすい10進表記に変更することもできます。
メニューバーから、

機能 > 上級者向け機能 > 生の値 > 10 [DEC]

10 [DEC] - CrystalDiskInfo

を選択すると、生の値が10進表記になります。

10進表記 - CrystalDiskInfo

見やすいのは確かですが、本来生の値は16進値であり、
10進に直しただけでは意味がわからないものもあります。

不良セクタに関する項目

はっきり言って、私が「CrystalDiskInfo」を使う最大の理由は、不良セクタを調べるためです。

chkdsk」でも不良セクタを調べることはできますが、これにはちょっとした罠があります。
「chkdsk」が表示する不良セクタは、ファイルシステム上の不良セクタであって、
ハードディスク内部で検知されている不良セクタではありません。
論理的なものであって、物理的なものではないというか。
物理的な不良セクタを調べるには、SMARTの不良セクタに関する値を確認するのが一番手っ取り早いです。

不良セクタに関する項目は、前述の健康状態の「注意」表示に関するものと同じです。

05 - 代替処理済みのセクタ数

ハードディスクのファームウェアによって、代替処理された不良セクタの数。
代替処理された不良セクタは、二度と使われない。
ただし、ハードディスクの代替セクタ領域には限りがある。

C5 - 代替処理保留中のセクタ数

ファームウェアによって認識されている不安定なセクタの数。
セクタ読み出しエラーが発生したセクタ。

次回の読み出しに成功すれば、再び正常なセクタとして扱われ、この数値は減少する。
このセクタに対して書き込みがあれば、セクタ代替処理を行う。

C6 - 回復不可能セクタ数

セクタ読み書き時の訂正不可能なエラーの総計。
ファームウェアによって扱いが異なる場合が多い値なので、判断材料としては使いにくいかも。

なかでも着目すべきは、「05」と「C5」
つまり「代替処理済みのセクタ数」と「代替処理保留中のセクタ数」の「生の値」です。
どれだけ不安定なセクタがあり(C5)、どれだけ不良セクタを使わない処理がなされたか(05)ということです。
この2つの値は、メーカーや型番が違っても同じ意味で扱われていることが多いので、
ハードディスクの健康状態を判断する基準になりえると思います。

不良セクタ - CrystalDiskInfo

特に危険なのは、「05」と「C5」、ともに増加傾向にある場合
ほぼ間違いなく、ハードディスクのアクセスに問題が生じ、しかもその程度は悪化する一方です。

不良セクタに関して、より詳細には下記ページにまとめてあります。

SMART情報と不良セクタ

OSが起動できなくなった原因が、この物理レベルでの不良セクタにある場合も珍しくありません。
だんだん不安定になってきたとか、やたら時間がかかるというのは、不良セクタが原因の可能性も高いです。
これら不良セクタに関する値は、注意して見ておいたほうがいいと思います。