「ディスク」と「ドライブ」の違い

似て非なるもの

「ディスク」と「ドライブ」は、似て非なるものです。
混同して使われていることも多いですが、明らかな違いがあります。

違いを端的に言うと、
ディスクは物理的なもので、ドライブは論理的なものです。

Windowsにおいても、「ディスク」と「ドライブ」は完全に別のものを指しています

「ディスク」と「ドライブ」は違う

Windowsでこれらの概念が最もわかりやすいのは、ディスクの管理だと思います。
なので、「ディスクの管理」を例に話を進めます。

ディスクの管理

「ディスク」は、それ自体がひとつの記憶装置です。
ハードディスク、SSD、USBメモリ、SDカード、
それぞれ別の「ディスク」としてWindowsに認識されます。

一方「ドライブ」は、「ボリューム」にドライブレターが与えられたものです。
「ボリューム」は、ほとんどの場合において「パーティション」と同義です。ダイナミックディスクを除く。
Windowsがファイルの保存場所として使用するのは、「ドライブ」です。
ユーザーが主に操作の対象とするのも、「ドライブ」です。

復旧作業における「ディスク」と「ドライブ」

論理障害では、「ドライブ」を認識できなくなることがあります。
このため、データ復旧用のツールは、「ディスク」を対象として使用する場合が多いです。

たとえ「ドライブ」を認識していたとしても、
「ドライブ」を対象とすると、すでに用意されている入れ物の中身しか見ないことになります。
データの復旧を試みる際は、既存のファイルシステム上で動作することが必ずしも良いとは限りません。
現状が好ましくないから、復旧しようとしているわけで。
言い方を換えれば、「ドライブ」は論理的なものだから、復旧できるのです。

逆に、「ディスク」を正しく認識できなければ、物理障害が疑われます。
デバイスドライバの不具合かもしれませんが、
不安定だったXP以前の頃に比べると、ドライバの完成度は高くなってきているので、
物理障害の可能性は高いと思います。