「ディスクの管理」は、Windows標準のパーティション管理ツールです。

ディスクの管理

Windowsにおけるパーティション操作は、基本的にこの「ディスクの管理」で行います。

また、「ディスクの管理」は、パーティション操作以外にも、現状を確認する目的で使うことが多いです。
特に、記憶装置についてトラブルが発生した際には、
記憶装置がWindowsにどのように認識されているのかを知っておく必要があります。
普段使うことが多い「エクスプローラ」では、パーティションに関する情報がわかりません。

そこで有用なのが、「ディスクの管理」です。
Windows標準のツールなので、Windowsがどう認識しているのかを確認できます。
つまり、「ディスクの管理」で正常に認識していない記憶装置は、Windows上では使えないのです。

「ディスクの管理」の起動方法

従来、「ディスクの管理」は、コントロールパネルから起動するのが一般的でしたが、
ここでは、できるだけ手間のかからない「ディスクの管理」起動方法を書きます。
個人的に、キーボードショートカット多用派です。

スタートボタン右クリックメニュー

「Windows 8.1」で復活したスタートボタンの右クリックメニューを利用して、「ディスクの管理」を起動します。
ただし、「Windows 8」以降のみ使える方法です。
ちなみに、「Windows 8」にはスタートボタンがありませんが、下記ショートカットは使用可能です。

  1. Windowsキー+「X」キー ※スタートボタン右クリックメニューのショートカット。
  2. 「K」キー

ファイル名を指定して実行

「ディスクの管理」は、下記方法でも起動できます。
こちらは、Windowsのバージョンを選びません
少なくとも私は、「Windows 2000」以降、すべてこの方法で「ディスクの管理」を起動しています。

diskmgmt.msc - ファイル名を指定して実行

  1. Windowsキー+「R」キー ※「ファイル名を指定して実行」のショートカット。
  2. 「diskmgmt.msc」と入力
  3. 「Enter」キー

キーボード入力が必要ですが、コントロールパネルのように階層を追う必要はないため操作が楽で、
慣れると早いです。
コントロールパネルの表示内容は、Windowsのバージョンや設定によって違いすぎるので。

「ディスクの管理」でできること

ディスクの管理

「ディスクの管理」では、

  • ディスク全体の容量
  • パーティションの数、サイズ、ファイルシステム、種類
  • ドライブレターの割り当て

など、記憶装置が “Windowsから見て” どう認識されているのかを、一覧表示してくれます。

また、Windowsによって、

  • ディスクの初期化
  • パーティションの作成、フォーマット、削除
  • ドライブレターの追加、変更、削除

を行う場合も、この「ディスクの管理」上で操作します。

ディスクの初期化

ちなみに、「ディスクの管理」を起動した瞬間に「ディスクの初期化」を求められる場合は、
そのディスクのMBRを認識できていません

最近のパソコンでは、リカバリ用の領域がハードディスク内に割り当てられており、
初めから若干複雑なパーティション構成になっているかもしれません。
ドライブレターが割り当てられていないパーティションがあり、
そこにリカバリ用のデータが収められていることが多いです。

リカバリ用のデータが収められたパーティションには、変更を加えないでください
リカバリデータが収められたパーティションを変更すると、
当然ですが、リカバリできなくなってしまいます。
少なくとも、事前にリカバリディスクは作成しておいてください。

「エクスプローラ」からは、このようなパーティションは操作できませんが、
良くも悪くも「ディスクの管理」における操作の自由度は高いので、注意が必要です。

「ディスクの管理」の見方

重要な概念として、「ディスク」「ドライブ」があります。
「ディスク」と「ドライブ」は違います

「ドライブ」としての表示がなくても、「ディスク」が表示されているなら、
論理障害の可能性があります

一方、「ディスク」と表示されている箇所において容量の表示がない場合は、
物理的に記憶領域を認識できない
ことを意味します。
もし記憶装置として認識できないのであれば、「ディスク」としても表示されないはずです。
つまり、物理障害の可能性が高いことが、「ディスクの管理」を見ればわかるわけです。