「デバイスマネージャー」は、その名の通り装置を管理するもので、
パソコンに接続されているデバイスを一覧表示してくれます。
ただし、あくまでもWindowsに認識されているものに限ります。

逆に言うと、デバイスマネージャーで認識できていないものは、Windowsで扱えません
どんな修復ツールを使うにしろ、Windows上で動作する以上は、
デバイスマネージャーに対象のデバイスが認識されている必要があります。

パソコンに接続されているハードディスクやキーボード、マウス等のデバイスは、
それぞれに対応するドライバソフトウェアによって使用できるようになります。
ドライバに問題があると、対象のデバイスを扱うことができません。

デバイスマネージャー

XPの頃までのWindowsは、標準で持っているドライバが少なく、また不安定だったため、
何か問題があるととりあえずデバイスマネージャーを開いて確認し、
必要であれば最新のドライバを入手してインストールするという作業が必要でした。
でも、最近のWindowsは標準で数多くのドライバを持っており、完成度も高くなってきたため、
昔に比べてデバイスマネージャーのお世話になることは少なくなりました。

とはいえ、デバイスとして認識していなければ、ハードディスクであろうとマウスであろうと一切操作できないので、
Windows環境においてデバイスに問題が発生した時、
まず最初に確認すべきはデバイスマネージャーというのは変わりありません。

「デバイスマネージャー」の起動方法

デバイスマネージャーを起動する方法は、いくつもあります。
ここでは特に、操作に手間がかからないものを挙げます。
つまり、ショートカットキーを多用します。

スタートボタン右クリックメニュー

「Windows 8.1」で復活したスタートボタンの右クリックメニューを利用します。
これは、「Windows 8」以降のみ使える方法です。
ちなみに、「Windows 8」にはスタートボタンがありませんが、下記ショートカットは使用可能です。

  1. Windowsキー+「X」キー ※スタートボタン右クリックメニューのショートカット。
  2. 「M」キー

システムのプロパティ

デバイスマネージャーを直接起動するショートカットキーはありませんが、
「システムのプロパティ」を表示するショートカットキーがあるので、これを利用します。

  1. Windowsキー+「Pause」キー ※「システムのプロパティ」のショートカット。
  2. 「デバイスマネージャー」を選択 ※XP以前は「ハードウェア」タブにある。

こちらは、Windowsのバージョンを選びません
コントロールパネルを経由するよりも、早くて簡単です。

ファイル名を指定して実行

「ファイル名を指定して実行」を、プログラムランチャー代わりに使います。

devmgmt.msc - ファイル名を指定して実行

  1. Windowsキー+「R」キー ※「ファイル名を指定して実行」のショートカット。
  2. 「devmgmt.msc」と入力
  3. 「Enter」キー

キーボード入力が必要ですが、逆にマウス操作は不要です。
「ファイル名を指定して実行」は、どの環境でも同じ操作で使えるので、慣れると便利です。

「デバイスマネージャー」でできること

最初に書いた通り、デバイスがWindowsに認識されているかどうかを確認することが、
デバイスマネージャーの主たる使用目的だと思います。

ただそれ以外にも、各デバイスのプロパティから、対象デバイスの詳細設定を行うことができます

無線LANアダプタのプロパティ - デバイスマネージャー

特に設定項目が多く、かつユーザー側で設定変更する機会の多いものに、無線LANがあります。
無線LANの接続が不安定な場合に、対象となるネットワークアダプタのプロパティから設定の確認と変更を行うことで、
状況が改善することもあります。

内蔵デバイスの場合は、使用者が購入時からそのまま放置していることが多いです。
何らかの不具合があった場合は、デバイスマネージャーから解決の糸口が見つかることも多いので、
一度確認してみたほうがいいと思います。