ドライバとは何か

デバイスのためのソフトウェア

ドライバとは、デバイスを機能させるために必要なソフトウェアです。
ドライバは略称で、正式にはデバイスドライバソフトウェアです。

文字どおり、ドライバはデバイスのためのソフトウェアです。
デバイスがハードウェアなのに対して、ドライバはそれを扱うためのソフトウェアを指します。

特に、ドライバはパソコン側のソフトウェアです。
※これに対して、デバイス側のソフトウェアを「ファームウェア」といいます。
パソコンのOSにドライバをインストールすることで、対象のデバイスが使えるようになります。

ドライバの必要性

最近のOSは標準で数多くのドライバを持っているので、接続しただけで使えるデバイスも多いです。
USBメモリや、外付けハードディスクが典型的です。
汎用のドライバで対応できます。

一方、プリンタ等の独自機能が多いデバイスは、
別途メーカーが提供するドライバをインストールしなければならないものが多い
です。

ドライバは、デバイスごとに1対1で対応します。
ハードウェアとソフトウェアの関係です。
デバイスの種類の分だけ、対応するドライバが必要です。

ドライバは、デバイスを使う上で絶対に必要なものです。
個別にドライバをインストールしなかったとしても、それはOS標準のドライバで運用しているだけです。

Windowsにおけるドライバの確認

Windowsが管理しているドライバは、「デバイスマネージャー」で確認できます

デバイスマネージャー

デバイスマネージャーを開くと、各種デバイスが一覧表示されます。

マウスとそのほかのポインティングデバイス - デバイスマネージャー

デバイスマネージャーのツリーを展開すると、個別のデバイスを確認できます。

ドライバー - Alps Pointing-deviceのプロパティ

デバイスのプロパティの「ドライバー」タブから、
ドライバ情報の取得や、ドライバに関する操作ができます
でも、ここからドライバを操作することはあまりありません。

ほかのデバイス、不明なデバイス - デバイスマネージャー

ドライバに問題があると、デバイスのアイコンに「?」や「!」が表示されます
「デバイスマネージャー」でこのように表示される原因のほとんどは、
ドライバの不適合です。
該当するデバイスのメーカーのサイトから、最新のドライバをダウンロード、インストールしてください。

正しいドライバがインストールされると、アイコンの異常表示がなくなり、
デバイスを使うことができるようになります。