無線LANとWi-Fiの違い

そもそも「Wi-Fi」とは何か

「無線LAN」と「Wi-Fi」は、結論から言うと同じと捉えてもらって構わないと思います。
実用上、それで問題ないので。
でも厳密には、無線LANとWi-Fiは違います

端的に言うと、

無線LAN 技術の名前
Wi-Fi 商標

です。

無線LANとWi-Fiは違う

「無線LAN」は、それまでLANケーブルで有線接続するのが主流だったLANを、
無線で通信できるようにしたもの。
これは、字面からわかりやすいと思います。

一方の「Wi-Fi」。
こっちが問題。

「Wi-Fi」は、「Wi-Fiアライアンス」の登録商標です。※参考: Wi-Fi - Wikipedia
Wikipediaに書いてあるとおり、「Wi-Fi」自体にはっきりした意味があるわけでもなく命名されたようなので、
意味がわからないのも当然なんだろうと思います。

「Wi-Fiアライアンス」は、無線LAN製品の相互接続を検証する業界団体です。
無線LANが普及する初期の製品には、メーカーが違うと接続できないものがありました。
というより、メーカー間の接続を保証する仕組み自体がありませんでした
そのへんは、メーカー任せだったのが実状です。
これに異を唱え、無線LAN製品の相互接続を検証する役割を負ったのが、Wi-Fiアライアンスです。

Wi-Fiアライアンスによって相互接続が保証された製品には、
「Wi-Fi CERTIFIED」ロゴの使用が許可されます
「Wi-Fi認証済み」ということです。

つまり、「Wi-Fi」と書いてあれば、無線LANの相互接続が保証された製品です。
メーカーが違っても、新旧入り交じっても。
ただし、無線LANの規格は同じである必要があります※「IEEE 802.11a」とか、「IEEE 802.11g」とか。

従って、「Wi-Fi」は無線LANそのものを指し示す言葉ではなく、
無線LANの互換性を保証したもの
なんです。
本質的には、無線LANとWi-Fiは違いますが、
両方とも無線LANに関するものなので、混同してもさほど大きな問題にはなりません

どーでもいーはなし

実際には、ほとんどの場合で、
無線LANの規格が同じであれば、「Wi-Fi」と書かれていなくても通信できます。
少なくとも、「IEEE 802.11b」以降の製品であれば。
というか、昔の製品には、「Wi-Fi」なんて記載ありませんでしたから。
Wi-Fiアライアンス自体、できたてホヤホヤでしたし。

少なくとも、私は異なるメーカー間での接続でトラブった覚えがありません。
まぁ、お客さんはメーカーを揃えて無線LAN製品を購入するのが普通なので、
単にレアケースだからかもしれません。
店舗内無線LANに関しても、当時私が設定していましたが、
異なるメーカー間で普通に通信していました。

結局、メーカーがWi-Fiアライアンスに申請しているかどうかの違いだけのような気もします。

「無線LAN」<「Wi-Fi」になった経緯

もう完全に、Wi-Fiが市民権を得ています。
「Wi-Fi」と言う人が大多数で、あえて「無線LAN」と言う人は少数派です。
昔は、ほぼ全員「無線LAN」でしたけど、時代は移り変わります。

こうなったのには、大きな理由があります。
スマートフォン(以下スマホと略記)の普及です。
それ以外に考えられません。
だって、iPhoneもAndroidも、「Wi-Fi」って書いてますから。

スマホは、様々な無線LANアクセスポイントと接続できなければなりません
このため、「無線LAN」ではなく、「Wi-Fi」と表記する必要がありました
逆に言えば、それまでは、無線LANアクセスポイントと無線LANクライアントは、
同じメーカーの製品をセットで使うのが当たり前だった
のです。

Wi-Fiで接続すれば、3G/LTEのパケット通信料は発生しません。
Wi-Fiで接続すると、一般的には光回線等の宅内回線にぶら下がります。
宅内回線はほとんどが定額料金ですし、しかも高速です。
Wi-Fiが使える環境なら、Wi-Fiで接続したほうが、いいことずくめです。
結果、「Wi-Fi最高」みたいな。

かつては、「Wi-Fi」と言う人はごく少数でした。
私がお客さんから「Wi-Fi」と言われるようになった最初のきっかけは、
「ニンテンドーDS」です。

当時、ニンテンドーDSはバカ売れしていまして、販売店での奪い合いが続いていました。
今だから言いますけど、他店のニンテンドーDS入荷日に開店前から並んで購入し、
それを自店の在庫として仕入れて販売していました。
もちろん、利益はないわけですが、在庫のある所にお客さんは来るので。

そのお客さん、ほとんどがお小遣いを握りしめた小学生なんですが、
「ニンテンドーWi-Fiコネクションありますか?」って言うわけですよ。

私も、Wi-Fiについてはかろうじて知識があったんですが、
「ニンテンドーWi-Fiコネクション」なるものを知らず、最初は必死に調べました。
結局、任天堂が提供しているサービスで、利用するにはインターネットへの接続が必要。
その通信経路として、ニンテンドーDSはWi-Fiを用いていたということです。
ニンテンドーDSもスマホと同様、いろんな無線LANアクセスポイントに接続できなければなりませんから。

従って、「Wi-Fi」表記のある無線LANアクセスポイントから売れていきました。
個人的には、第一次Wi-Fiブーム。

今はもうブームなんてもんじゃなくて、「無線LAN」が「Wi-Fi」に置き換えられた感があります。
そもそも、「Wi-Fi」って名前は語感がいいから付けられたそうなので、
言いやすいし、言いたくなるから、当然の流れなんだろうと思います。

言葉の意味は時代とともに変わるものなので、
「Wi-Fi」が「無線LAN」そのものを指してもいいのかもしれません
現在販売されている無線LAN製品は、ほぼすべてWi-Fi認証済みでしょうから。