ドライブ○を使うにはフォーマットする必要があります。
フォーマットしますか?

今まで使っていたハードディスクだったりするので、フォーマットされていないはずはないんですが、
突然「フォーマットする必要があります」という表示が出てきて、アクセス不能になってしまう場合があります。

「マイコンピュータ」の中では、対象のドライブが表示されてはいるものの、
いざアクセスしようとすると、このようなポップアップウィンドウが表示されます。

フォーマットする必要があります

しかも追い討ちをかけるように、「フォーマットしますか?」と、
およそ誰も同意しないであろう確認を求めてきます。
もちろん、指示通りフォーマットすれば、新たなパーティションとして使えるかもしれませんが、
中のデータもゼロからのスタートになります。

ディスクはフォーマットされていません

ちなみに、XPでは「ディスクはフォーマットされていません」という表示でした。
意味するところは一緒ですね。

Windows側からしたら、フォーマットはこのパーティションを使用するために必要な操作なのですが、
ユーザー側としては、当該ドライブの中に収められているデータこそが必要なのであって、
フォーマットが必要なわけではありません。
というわけで、「フォーマットしますか?」とか聞かれても、
そのままフォーマットしてしまわないよう、特に注意してください。
※フォーマットでデータが完全に失われてしまうわけではありませんが、データ損失の度合いが大きくなります。

ここで、アクセスを試みることはできる、
つまり、「マイコンピュータ」の中で対象のドライブが表示されているということは、
パーティション自体はWindowsに認識されている
と言えます。
あまり喜ばしくない状態にあることは間違いありませんが、
場合によっては、あっさり復旧できるエラーでもあります。

「フォーマットする必要があります」と表示される原因

ユーザーに対して、フォーマットする必要があると表示してくるのは、
Windowsがファイルシステムを認識できないからです。
ファイルシステムを認識できないので、
あらためてWindowsが扱えるファイルシステムでフォーマットしてしまおうというわけです。

これには原因が複数あるので、
「フォーマットしますか?」という表示があったらこうすれば確実に復旧する、
みたいな便利な手順はありません。
ただ、パーティションを認識しているがファイルシステムは認識していないという点で共通しているので、
そこをヒントに探っていくのが、復旧への近道だと思います。

ファイルシステムの修復

Windowsは、ファイルシステムの修復ツールを自前で持っています。

chkdsk c: /f

いわゆるチェックディスクです。

チェックディスクは自動的に実行されることもありますが、
すべての場合でWindowsが適切に自動処理してくれるわけではありません。
ファイルシステムに異常があると考えられ、ユーザー側で対処する必要がある場合には、
手動操作でチェックディスクを実行しなければなりません。

下記ページは、コマンドプロンプトから「chkdsk」を実行する手順と、
ファイルシステムを修復するためのオプションについて解説したのもです。

「chkdsk」と修復オプション

これだけで復旧できる場合もあります。

ブートセクタの修復

チェックディスクは、ファイルシステムのインデックスに関してはかなり強力に(強引に)修復してくれますが、
一方でブートセクタの不具合に関しては無力だったりします。

それは、修復する前提となるファイルシステムが何であるかを見失っているからです。
すべてのパーティションのファイルシステムはブートセクタによって定義されている(GPTディスクでも)ので、
そのブートセクタ自体に問題があれば、何のファイルシステムかすらわからなくなってしまいます。

CHKDSKは使用できません

というわけで、チェックディスクは適用できません
ちなみに、「RAW」というのはファイルシステムが生の状態、つまり未フォーマットであることを意味します。

このような状況になってしまう一番の原因は、ディスクパラメータにあります。
ディスクパラメータは、PBRという各パーティションごとのブートセクタに保存されており、
当該パーティションのファイルシステムの基礎となる情報が収められています。
ファイルシステムのルールが書かれていると思ってください。

ディスクパラメータを読み取れないと、そのパーティション全体に対してアクセスできなくなります。
ルールがわからないから、全体の読み方がわからなくなるのです。

ディスクパラメータを認識できなくなる原因は、大きく分けて2通りあります。
具体的には、

  • PBRを見つけられない
  • ディスクパラメータそのものが破損している

ということです。

以下、順に説明します。

PBRを見つけられない場合

PBRの位置は、MBRのパーティションテーブルに記載されています。
従ってパーティションテーブルに誤りがあると、PBRを見つけられなくなります。

パーティションテーブルが正しくないというのは、パーティションとして正しくないということでもあります。
パーティションサイズがおかしくなったり、未割り当ての領域ができたりというのも、
パーティションテーブルの値が不正だとそうなります。

パーティションテーブルを修正するソフトとして、「TestDisk」があります。
詳細は下記ページ参照。

「TestDisk」の使い方

ディスクパラメータが破損している場合

ディスクパラメータは、PBRに収められています。
PBRを再構築するという意味で、Windowsがフォーマットを求めてくるのは正当とも言えます。

フォーマットせずにディスクパラメータを修復するには、それ用のツールを使う必要があります。
前述の「TestDisk」で、それができます。

「TestDisk」によるPBRの修復

ただし、このへんのブートセクタに関する操作自体がわかりにくいものだと思うので、
復旧作業はくれぐれも慎重に行ってください。
やみくもに操作すると、状況をより悪化させてしまう恐れがあります。

ファイルの復元

ここまでは論理障害について書いてきたものですが、
「フォーマットしますか?」と聞かれるのは、必ずしも論理障害に限ったことではありません。
記憶装置からデータを正しく読み取れないことに原因がある場合もあります。

結局、Windowsがそのパーティションのファイルシステムを認識できないからフォーマットしようとするわけで、
その原因は論理面、物理面、どちらも考えられます。
そこで、ありがちな原因として不良セクタの存在が挙げられます。
これは論理障害ではなく故障なので、完全に復旧することはできません。

正常な読み込みができていないと考えられる場合は、
ファイナルデータ等でファイルの復元を試みるのが簡単な方法でしょう。
ファイナルデータは購入しなくても、無料体験版でデータの復元可能性を判断することができます。

ダウンロードページ: ファイナルデータ

特に、ファイルの検出方法は、

  1. 「ファイルの復元」
  2. 「フォーマットをした場合」
  3. 物理ドライブを選択 ※ドライブレターが割り当てられておらず、製品型番等が表示されているもの。

とすべきです。
この方法だと、ブートセクタの情報を一切無視してファイルを検出するからです。

データの復元は、当然ながら購入後でないとできませんが・・・

不良セクタの修復

不良セクタの修復作業は一般にデータの上書きを伴うので、
データの復旧とは目的が異なります
データを正しく読み取れるようにするための行為で、その結果復旧できることもある、ということです。
もちろん不良セクタが原因でなかった場合はまったく意味のない行為ですし、
不良セクタも確実に修復できるものではありません。

詳細は下記ページにて。

「HDAT2」による不良セクタの修復

論理障害だけなら復旧可能性は比較的高いですが、
不良セクタ等、物理的な障害が絡んでくると、労多くして功少なしを地で行くことになりかねないので、
どこかで線引きして作業に取り組んだほうがいいと思います。