ドライブを使うにはフォーマットする必要があります

フォーマットしますか?

ドライブ F: を使うにはフォーマットする必要があります。フォーマットしますか?

エクスプローラ上にドライブとしては確認できるものの、いざアクセスしようとすると、
「フォーマットする必要があります」という表示が現れる場合があります。
今まで使っていたドライブなので、フォーマットされていないはずはないんですが、
フォーマットを求められ、このままではアクセスできません。

しかも、「フォーマットしますか?」と、およそ誰も同意しないであろう確認を求めてきます。
もちろん、指示通りフォーマットすれば、新たなドライブとして使えるかもしれませんが、
中のファイルもすべて消えてしまいます。

Windowsからすると、フォーマットはこのドライブを使うために必要な操作なのですが、
ユーザーとしては、当該ドライブの中に収められているデータが必要なのであって、
フォーマットが必要なわけではありません。
というわけで、「フォーマットしますか?」と聞かれても、
そのままフォーマットしてしまわないよう、特に注意してください。
フォーマットでデータが完全に失われるわけではありませんが、データの損失の度合いは大きくなります。

ここで、アクセスを試みることはできる、
つまり、エクスプローラで対象のドライブが表示されているということは、
記憶領域自体はWindowsに認識されている
といえます。
あまり喜ばしくない状態にあることは間違いありませんが、
場合によっては、あっさり復旧できるエラーでもあります。

「フォーマットする必要があります」と表示される原因

ユーザーに対して、フォーマットする必要があると表示してくるのは、
Windowsがファイルシステムを認識できないからです。
ファイルシステムを認識できないので、
改めてWindowsが扱えるファイルシステムでフォーマットしてしまおうというわけです。

これには原因が複数あるので、
「フォーマットする必要があります」という表示があったらこうすれば確実に復旧する、
みたいな便利な対処法はありません。
ただ、記憶領域は認識しているがファイルシステムは認識していない点で共通しているので、
そこがヒントになります。

ファイルシステムを認識できるよう修正する

実は、ファイルシステムを定義するうえで重要な情報は特定の部分に集中しているので、
これらを修正すれば、ファイルシステムを認識できる可能性があります。
つまり、今まで通りドライブを認識できるようになる可能性があります。

領域の大部分が上書きされていたら、元に戻すことは不可能ですが、
幸い、「フォーマットする必要があります」と表示された直後ならば、
データに関して、そこまで大きな損失はないケースが多いです。

ドライブの修復作業に関しては、「TestDisk」に勝るものはないと思います。

TestDisk

「TestDisk」の使い方

うだうだ書いてきましたけど、早い話が、「TestDisk」で復旧できる場合が多いです。
とりあえず、「TestDisk」を使ってみることをおすすめします。
ただし、操作には気をつけてください。

ファイルの復元

「フォーマットする必要があります」と表示されるのは、必ずしも論理障害に限ったことではありません。
記憶装置からデータを正しく読み取れないことに原因がある場合もあります。

結局、Windowsがそのドライブのファイルシステムを認識できないからフォーマットしようとするわけで、
記憶装置そのものに原因がある可能性も当然考えられます。
ありがちな原因として、不良セクタの存在が挙げられます。
これは論理障害ではなく故障なので、完全に復旧することはできません。

できる施策は、読み出せるだけのデータを読み込んで、ファイルとして復元することです。
ただし、多くのファイル復元ソフトは、ドライブのファイルシステムに問題があると機能しないので、
このへんの不具合に対してある程度柔軟に対応できるソフトが必要です。

代表的なものとして、「ファイナルデータ」が挙げられます。
不良セクタのあるハードディスクにも対応しています。

ファイナルデータ

ダウンロードページ ファイナルデータ
当サイト内解説 「ファイナルデータ」の使い方

ただし、ファイルの検出方法は、

  1. 「ファイルの復元」
  2. 「フォーマットをした場合」
  3. 物理ドライブを選択 ※ドライブレターが割り当てられておらず、製品型番等が表示されているもの。

とすべきです。
この方法だと、現在のファイルシステムを無視してファイルを検出するからです。

ファイルシステムの修復

Windowsは、ファイルシステム修復ツールを標準で持っています。

chkdsk c: /f

いわゆる、チェックディスクです。

ただし、チェックディスクは、ファイルを復元したり保護するのが目的ではなく、
以後ドライブに正常にアクセスできるようにするための作業です。
目的が違う点に注意してください。

チェックディスクは自動的に実行されることもありますが、
すべての場合でWindowsが適切に自動処理してくれるわけではありません。
ファイルシステムに異常があると考えられ、ユーザー側で対処する必要がある場合には、
手動操作でチェックディスクを実行しなければなりません。

下記ページは、コマンドプロンプトから「chkdsk」を実行する手順と、
ファイルシステムを修復するためのオプションについて解説したのもです。

「chkdsk」と修復オプション

これだけで復旧できる場合もあります。

ファイルシステムの種類はRAWです。RAWドライブにCHKDSKは使用できません。

なお、「chkdsk」を実行しても「ファイルシステムの種類はRAWです」と表示されてしまう場合は、
「chkdsk」による修復を行うことはできません。
先に、前述の「TestDisk」を実行してください。