「コマンドプロンプト」を管理者権限で実行する

ユーザーアカウント制御のため

「コマンドプロンプト」を使うと、一般的なWindowsのGUIではできない操作ができます。
ただし、Windowsのシステムに変更を加える操作をするには、
「管理者」としてコマンドプロンプトを実行しなければなりません

普通に「コマンドプロンプト」を選択して実行するだけだと、
管理者権限を持たない状態でコマンドプロンプトが起動します。

事故は防げるかもしれませんが、
そもそもコマンドプロンプトを使用するのは、ちょっと特殊な操作をしなければならないからだったりして、
システムに変更を加える頻度も高いです。
それなのに操作を拒否されてしまうので、
標準ユーザー権限のコマンドプロンプトは、実質使えないと言っていいです。

コマンドプロンプトを管理者権限で実行する方法はいくつもありますが、
ここではメニューをたどらず、できるだけ簡単な操作で応用がきく方法を紹介します。
特に、ユーザーインターフェースで大きな変更のあった、
「Windows 7」以前と、「Windows 8」以降で違いがあります。

「Windows 8」以降の場合

「Windows 8」以降で使える、スタートボタン右クリックメニューのショートカットを利用します。
コマンドプロンプトを管理者権限で起動する、最も簡単な方法です。

スタートボタン右クリックメニュー(Windows 8)

  1. Windowsキー+「X」キー ※スタートボタン右クリックメニューのショートカットキー。
  2. 「A」キー

「Windows 10」はもちろん、スタートボタンがない「Windows 8」でも、この方法は使えます。
慣れると、1秒もかからずに起動できます。

「Windows 7」以前の場合

「Windows 7」以前は、先のショートカットキーは使えないので、若干手間がかかります。
同じく、スタートメニューを利用します。

cmd - スタートメニュー

  1. Windowsキー
  2. 「cmd」と入力

これでフィルタリングされ、
「プログラム」としてコマンドプロンプト本体である「cmd.exe」が表示されます。

管理者として実行 - スタートメニュー

右クリックメニューから「管理者として実行」を選択

キーボードで完結しないのが歯がゆいですが、これが一番手っ取り早いと思います。

「コマンドプロンプト」と「ユーザーアカウント制御」

実は、「Windows XP」以前は、「ファイル名を指定して実行」から「cmd」とすれば、
管理者権限を持った状態でコマンドプロンプトが起動しました。

管理者権限に関して非常にうるさくなったのは、「Windows Vista」以降です。
「ユーザーアカウント制御」UACと呼ばれる仕組みが、Windowsに取り入れられたからです。
このため、Vista以降のWindowsでは、
コマンドプロンプトを管理者権限で実行するには、通常とは異なる操作が必要
となりました。

管理者:コマンドプロンプト

管理者権限を持った状態で起動したコマンドプロンプトのウィンドウには、
「管理者:コマンドプロンプト」と表示されます。
ここで入力したコマンドは、すべて管理者権限で実行されます。
システム変更に対する自由度は一気に高まるので、取り扱いには注意してください。