パーティションテーブルとは何か

パーティションの基礎

パーティションテーブルとは、
ディスクのパーティションを定義する情報を保存している領域です。

パーティションテーブルは、ディスクごとに存在します。
ハードディスク等、記憶装置のパーティションは、
パーティションテーブルの情報によって決まります。

パーティションテーブルの種類

パーティションテーブルにも、種類があります。
従来から使われてきた、MBRのパーティションテーブル
そして、新しい仕組みであるGUIDパーティションテーブルです。
GUIDパーティションテーブルは、「GPT」と略して書かれることが多いです。

MBRのパーティションテーブルと、GUIDパーティションテーブルは、
まったく別の仕組みです。
そもそも、MBRのパーティションテーブルの制限をなくすために、
GUIDパーティションテーブルが登場したので、
双方に互換性はありません。

MBR/GPTの選択 - ディスクの初期化

パーティションテーブルは、「ディスクの初期化」の際に決められます。
MBRのパーティションテーブルを使うか、GUIDパーティションテーブルを使うかによって、
「MBRディスク」か、「GPTディスク」かが決まります。
MBRディスクとGPTディスクは、後で変更できません。
詳細は、下記ページにて。

「MBRディスク」と「GPTディスク」の違い

MBRのパーティションテーブル

MBRのパーティションテーブルは、MBR内に存在します。
従って、MBRのパーティションテーブルは、情報量が非常に少ないです。
MBR自体が1セクタ=512バイトしかなく、
その中のパーティションテーブルに割り当てられた領域は、わずか64バイトです。

MBRのパーティションテーブルには、パーティション4つ分の情報が格納されています
MBRディスクにおいて、パーティションが4つまでしか作れないのは、このためです。
つまり、パーティション1つ分の情報量は、16バイトです。

さらに、この中でパーティションの領域を示すLBAは、4バイトしかありません。
従って、MBRのパーティションテーブルで指定できる領域は、2TiBまでです。
計算するとわかりますが、LBAが4バイト=32ビット=2^32だと、セクタサイズが512バイトで、
2^32×512B=2TiBまでしか表せないからです。

GUIDパーティションテーブル

GUIDパーティションテーブル(GPT)は、ディスク内に専用の領域を確保します。
このことで、2TiBを超える領域を扱うことができます
また、5つ以上のパーティションを作成できます※最大128。

GUIDパーティションテーブルは、
MBRのパーティションテーブルに比べると、非常に大きな領域です。※33セクタ=16.5キロバイト。
情報量に余裕があるので、設定できるパーティションの大きさも、パーティションの数も、
実用上問題がないレベルになっています。※128バイト/エントリ。
たとえば、LBAは8バイト=64ビット=2^64なので、セクタサイズが512バイトで、
2^64×512B=約9×10^9TBまでの領域を指定できます。

ちなみに、GUIDパーティションテーブルを使っているGPTディスクにも、MBRは存在します
GPTディスクにおけるMBRのパーティションテーブルは、
「GPT保護パーティション」として、編集されないための情報があるだけで、
パーティションを規定するものではありません。
具体的なパーティションに関する情報は、GUIDパーティションテーブルにのみ保存されています。