「CmosPwd」は便利なツールですが、
GUIを持っていないため、ちょっととっつきにくいかもしれません。
「Ultimate Boot CD」から「CmosPwd」を起動しても、
「CmosPwd」自体は結局コマンドライン上で操作するので、操作方法はなんら変わりません。

でも、起動までの操作が簡単になるのは間違いないので、
CDから起動できる状況にある人は、「Ultimate Boot CD」から「CmosPwd」を起動したほうがいいと思います。

「CmosPwd」を「Ultimate Boot CD」から起動する

まず、「Ultimate Boot CD」を起動します。
「Ultimate Boot CD」の詳細については下記ページにて。

「Ultimate Boot CD」の使い方

Ultimate Boot CD - BIOS

「Ultimate Boot CD」が起動したら、「BIOS」を選択します。

Ultimate Boot CD - CMOSPWD

続けて、「CMOSPWD」を選択します。

いろいろ展開し始めますが、ほったらかしでも大丈夫です。
DOSを立ち上げてから「CmosPwd」を起動するので、多少時間がかかります。

CmosPwd

「CmosPwd」が起動しました。

パスワード候補が列挙されますが、とりあえず「Enter」キーを押して進めてください。
この画面は、後でダンプしたらまた見ることができます。

「Enter」キーを2回叩くと、「Ultimate Boot CD」のDOS版メニューウィンドウが表示されます
とりあえず、「Esc」キーで一旦抜けてください。

CmosPwd - コマンドライン

コマンドラインで操作できる状態になりました。
ここから先の操作方法については、下記ページにまとめてあります。

「CmosPwd」の使い方