「TestDisk」は非常に便利なツールですが、パーティションに問題があるから使われるものでもあります。
ということは、WindowsなどのOSを起動できないケースも十分考えられるわけです。

「TestDisk」には、DOS版やLinux版があるので、
DOSやLinuxといったOSをCD等から起動した後、DOS版やLinux版の「TestDisk」を実行すれば、
そのパソコンのハードディスクがどうであろうと、「TestDisk」を使うことができます。

もっとも、LinuxベースのライブCDには、「TestDisk」が同梱されていることが多いので、
これを利用するのが一番手っ取り早いです。
ここでは、その中でも「Ultimate Boot CD」を使った「TestDisk」起動法を紹介します。
ちなみに、この方法は他のLinuxライブCDでも応用できます。

「Ultimate Boot CD」の起動

Ultimate Boot CD

まず、「Ultimate Boot CD」をCDドライブに入れた状態で、パソコンをCDから起動します。
「Ultimate Boot CD」が何かということについては、下記ページ参照。

「Ultimate Boot CD」の使い方

Parted Magic - Ultimate Boot CD

「Parted Magic」を選択します。
「↑」「↓」カーソルキーで選び、「Enter」キーで決定します。

「Ultimate Boot CD」がバージョン5になって、「Parted Magic」というLinuxベースのライブCDを内包するようになり、
「TestDisk」は、「Parted Magic」から起動するようになりました

「Ultimate Boot CD」上で、

HDD > Data Recovery > TestDisk

と選択していってもいいです。
ただし、起動するのは結局「Parted Magic」なので、
それなら最初から「Parted Magic」を起動しておいたほうが早いと思います。

「Parted Magic」から「TestDisk」を起動する

起動オプション選択画面 - Parted Magic

起動オプション選択画面が出てきますが、基本的に「Default settings」を選択しておけばいいです。
放っておいても、一定時間が経過するとそのまま起動し始めます。

Parted Magic

「Parted Magic」が起動しました。

「TestDisk」は、ターミナル上で動作します。

「LXTerminal」アイコン

「Parted Magic」起動後、タスクバーの上記アイコンをクリックすると、ターミナルが起動します。

ターミナル上で、「testdisk」と入力して「Enter」キーを押します。

「TestDisk」が起動しました。
フォントの関係で見た目に多少の違いはありますが、使い方はWindows版「TestDisk」と同じです。

また、「Parted Magic」のスタートメニューから、

System Tools > TestDisk

としても起動できます。
ただし、他のLinuxライブCDでも「TestDisk」を使うことを考えると、
ターミナルから起動する方法をおすすめします。