復旧と復元の違い

パソコントラブルに関して

「復旧」と「復元」は、どちらも同じような意味で、元の状態に戻すことですが、
微妙に違ったニュアンスを持ちます。
具体的には、「復旧」は実用性を重視し、「復元」は同一性を重視します。

たとえば、川にかかる橋で考えます。
「橋の復旧」というと、
壊れた橋をかけ直して、元通り通行できるようにすることをイメージします。
これに対して、「橋の復元」は、
歴史的価値のある橋を、当時と同じ材料、工法で、元通り作り直すことをイメージします。
「復旧作業」とか、「復元模型」とか、大体そういう感じの意味だと思います。

パソコントラブルにおける復旧と復元の違い

パソコンの修理サポートの現場でも、「復旧」と「復元」はよく用いられる単語です。
基本的に、「復旧」と「復元」は分けて使います
そのほうが都合がいいからです。

パソコントラブルにおける復旧/復元は、主にデータの取り扱いの際に問題となります。
具体的には、

復旧 Aに存在したデータを、Aの場所に保存する
復元 Aに存在したデータを、Bの場所に保存する

また、冒頭の橋の例と同様に、

復旧 完全に元通りじゃなくても、使えればいい
復元 元の状態と同一であることを望む

という意味が込められています。
少なくとも、私の職場ではそうでした。

だから、「データの復旧」とか、「ファイルの復元」といった使い方をします。
一応、当サイトでは、このように「復旧」と「復元」を区別して使っています。

どーでもいーはなし

ちなみに、Windowsの機能に「システムの復元」というものがあります。
レジストリ等をバックアップデータで上書きするものです。

個人的には、「システムの復旧」のほうがしっくりくるのですが、
英語版Windowsの「System Restore」を日本語にするときに、
そのまま直訳して「システムの復元」としたのだと考えられます。

やってることは、Windowsの復旧なんですけどね。