ルーターの設定は、通常ブラウザから行います。

具体的には、ブラウザのアドレス欄にルーターのLAN側IPアドレスを入力し、
さらにIDとパスワードを入力して、ルーターの設定画面を表示する
という手順です。
ただ、これらの値がメーカーごとに多少異なるのです。

毎日のようにいろんなルーターをさわっていれば別かもしれませんが、
たまに呼ばれてはいろんなルーターの設定をする立場にいると、
メーカーごとに異なるこれらの設定値に、多少混乱することがあります。

そこで備忘録的に、各メーカーのルーターの初期設定において、
設定画面を表示するために必要なLAN側IPアドレス、ID、パスワードをまとめてみました。

ルーターのLAN側IPアドレス、及びID、パスワード

ルーターの工場出荷時の設定は、各メーカーごとにある程度ルールがあります。
それぞれのメーカーの初期設定値は、以下のとおり

メーカー LAN側IPアドレス ID パスワード
BUFFALO 192.168.11.1 root (なし)
NEC 192.168.0.1 admin 任意※初回接続時に入力を求められる。
corega 192.168.1.1 root (なし)
PLANEX 192.168.1.1 admin password
IOデータ 192.168.0.1 admin (なし)
Logitec 192.168.2.1 admin admin

もちろん、すべてこの限りではないかもしれませんが、
大体はこんな感じでルーターの設定画面を表示することができると思います。

ただし、これはあくまでも各メーカーのルーターの初期設定値です。
ユーザーの側で値を変更した場合は、
このまま入力しても、もちろん設定画面を表示することはできません。

たとえば、ルーターのリセットボタンを押した直後とか、
購入時から設定はすべてルーターまかせにしているとか、
そういう場合には有効だと思います。