特に、ちょっと古めの「Windows XP」のパソコンでよく見られます。
画面右下のタスクトレイから、「仮想メモリ最小値が低すぎます」との表示が出てきます。
この状況下では、ほぼ間違いなく、パソコンの動作自体も非常に重たくなっているはずです。

ほとんどの人は、「仮想メモリ最小値」なんて変更したことがないはずですし、
それなのに設定値が低すぎると言われるのは、ちょっと違うんじゃないかという気もします。
それもそのはず、本当の原因は他の部分にあります

とはいえ、表示されているとおり、仮想メモリの容量が不足しているのは、間違いない事実なのですが。

表示内容の意味

表示内容を、一部抜粋します。

仮想メモリ最小値が低すぎます
システムの仮想メモリがなくなって来ています。
仮想メモリページファイルのサイズを増やしています。
この処理の間、いくつかのアプリケーションのメモリ要求が拒否されることがあります。

この記述だけで、起こっていることの意味を把握するのは困難だと思います。
普段パソコンを使っているだけでは、あまり耳にしない単語が並んでいるからです。

ここで重要な単語が、仮想メモリです。
仮想メモリは、物理メモリの対義語ではありません
物理メモリも、仮想メモリとして使われています。

仮想メモリとは

ひとことで言えば、仮想メモリとは、ソフトウェアが扱っているメモリのことです。

ソフトウェアは、独立したメモリ空間を使って動いています。
でも、実際のメモリ領域は、様々なソフトウェアによって様々なデータの読み書きが行われる必要があります。

限りあるメモリ領域を、多数のソフトウェアが効率的に使えるようにするため、
あたかもそれぞれに独立したメモリ空間があるように仮想的にふるまうための仕組みが、
仮想メモリ
なのです。

ソフトウェア側にとってメモリが扱いやすいものになるよう、ソフトウェアをだましているわけです。

仮想メモリの実体

仮想メモリが理解されにくかったり、誤解を生みやすかったりするのは、
そもそも仮想メモリというもの自体が、具体的にイメージしにくいからだと思います。
仮想メモリの役割としては、前項目に書いたとおりなんですが、
その機能を果たすために使われている部分が具体的にどこかということです。

仮想メモリ領域は、物理メモリと、
ページファイル(pagefile.sys)というハードディスク内のキャッシュファイルによって構成されています

さらに、物理メモリは、目に見えてイメージしやすいメモリモジュールと、
CPU内に存在するキャッシュメモリに分けられます。

「仮想メモリ」=「ページファイル」という記述が見られることもありますが、これは間違いです。
ページファイルというキャッシュファイルは、
仮想メモリの一部ではあっても、仮想メモリのすべてではありません。
「仮想メモリ」=「物理メモリ」+「ページファイル」なのです。

特に注意が必要なのは、物理メモリは仮想メモリの主要部だということです。
この認識があるかどうかで、「仮想メモリ最小値が低すぎます」との表示に対する考え方も変わってくるはずです。

根本的な原因

上記内容をふまえて考えたらわかることですが、
「仮想メモリ最小値が低すぎます」というのは、そもそも物理メモリの容量が不足しているのです。

物理メモリに空きがないため、
物理メモリを使用するためには、ページファイルにデータを一旦移す必要があり(スワッピング)
しかも、そのページファイル自体の容量も足りなくなってきているため、容量を拡張するということ。
それが、一連の表示されている内容の意味です。

指摘されている内容が、仮想メモリの最小値が低いということなので、
ページファイルの最小値を上げればいいような気もします。
ページファイルの最小値を上げれば、仮想メモリの最小値も上昇するからです。
でも、それは根本的な解決にはなりません。

物理メモリに比べて、ハードディスクの読み書き速度は極端に遅いです。
文字通りケタ違い(ケタ2つほど違う)で、比べものになりません。
ページファイルというハードディスク上のキャッシュファイルで、物理メモリの代わりをすることはできないのです。

だから、仮想メモリの容量が不足して、ページファイルのサイズを増やそうとするような状況では、
いくらページファイルのサイズを増やしたところで、パソコンの動作は非常に重たいままです。
物理メモリに空きがなく、スワッピングが頻発する状況は、何も変わってないからです。
仮想メモリの主要部である物理メモリがそのままで、
ケタ違いに動作の遅いハードディスクのキャッシュファイルだけを操作しても、ほとんど意味がありません。

対処法

「仮想メモリ最小値が低すぎます」との表示に対する最善の方法は、物理メモリを増設することです。
表示されているとおりにページファイルのサイズを増やしても、前述の理由で動作は改善しません。

特に、「Windows XP」がプリインストールされているパソコンでは、最初からメモリ容量が不足気味のものが多いです。
さらに、Microsoftから提供されるサービスパックをインストールすると、
機能が追加された分だけ、よりいっそうメモリ不足が深刻な状態となります。
従って、「Windows XP」がインストールされたパソコンでは、
最低でも512MB以上のメモリを積んでおいたほうがいい
です。

メモリも年々安くなっていますから、必要であれば、すぐに増設してしまったほうがいいと思います。