ISOイメージファイルの書き込み

ファイルとして書き込まないように

ISOイメージファイルは、CDやDVD等のデータを1つのファイルにまとめたものです。
ファイルにすることで、取り扱いが容易になります。
特に、Web上で提供されているCDやDVDのデータは、
ほとんどがISOイメージファイルだったりします。

CDやDVDのデータが1つのファイルにまとめられているため、
ダウンロードしてファイルを得るまでは非常に簡単なんですが、
実際のCDやDVDに書き込む際に、問題が発生することがあります。
やったことない人にとっては、ISOイメージファイルを光ディスクに書き込むのが困難なのです。
当サイトでも、過去何度もそういう質問を受けました。

これは、Windowsが標準でISOイメージファイルの書き込みに対応していなかった
というのも理由としてあると思います。
「Windows 7」で、ようやくISOイメージファイルの書き込みに対応しましたが、
これがまたクセのある仕様なので、できない人はやっぱりできないという。

ISOイメージファイルを書き込むということ

最もよくある間違いは、ISOイメージファイルをファイルのままCDやDVDに書き込んでしまうこと
バックアップ目的ならいいんですが、ほとんどの場合、それでは使い物になりません。
ISOイメージファイル内のデータを展開して書き込む必要があります

間違い 正解
間違い 正解

書き込んだ後のディスクを「エクスプローラー」で確認すれば、
ISOイメージファイルを正しく書き込めているかどうか、すぐにわかります。

Windowsを使ってISOイメージファイルを書き込む

先に書いたように、「Windows 7」以降のWindowsは標準でISOイメージファイルの書き込みに対応しているので、
この機能を使えば、間違いを避けられると思います。

ISOイメージファイルの右クリックメニューから、「ディスクイメージの書き込み」を選択します。
※「Windows 7」のみダブルクリックでも可。

Windowsディスクイメージ書き込みツール

あとは、CDやDVDのブランクメディアを光学ドライブに入れて、「書き込み」を選択するだけ。

ただし、ISOファイルの関連付けが「エクスプローラー」に設定されている必要があります
※「Windows 7」の場合は、「Windowsディスクイメージ書き込みツール」。
じゃないと、「ディスクイメージの書き込み」という項目自体が表示されません。

ISOイメージファイルに対応するソフトウェアが他にインストールされていると、
そちらに関連付けが変更されている可能性が高いです。
この場合、関連付けを「エクスプローラー」に変更するか、
他のライティングソフトを使ってISOイメージファイルを書き込む必要があります。

ほとんどのライティングソフトはISOイメージファイルの書き込みに対応しているので、
それはそれで問題ありません。
操作手順が違うだけです。
ただし、サードパーティ製のライティングソフトは多機能なことが多いので、
何でもできる分だけ、前述したような間違いも起こりやすいので、注意してください。

書き込みが終わったら、実際のCDやDVDを「エクスプローラー」等で確認してみてください。
ファイルが展開して書き込まれていれば、成功です。