「Memtest86+」というソフトがあります。
本家「Memtest86」と、何が違うのか気になる人も多いでしょう。
というか、私が気になってました・・・

「Memtest86+」誕生の経緯

使い方は基本的に同じなんですが、
一時期、性能では「Memtest86+」の方が確実に上回っていました。
というのも、「Memtest86」では動作しないパソコンがあったからです。

「Memtest86」はメモリをチェックするソフトの代表格で、
非常に多くのユーザーから支持されていました。

便利な「Memtest86」だったんですが、
2002年から2年ほど、更新されない時期が続きました
そこで問題になったのが、その後発表されたチップセットに対応できず、
「Memtest86」が動作しないパソコンが出てきたということです。

特にAMD64プラットフォームでは、当時の「Memtest86」(v3.0)まったく動作せず
これが「Memtest86+」開発への大きなきっかけになったようです。

「Memtest86+」は「Memtest86」をベースにバグを修正し、
新しいチップセットへの積極的な対応を行っていきました。
こうしてリリースされたのが「Memtest86+」というワケです。

本家「Memtest86」のその後

ただ本家「Memtest86」も、いつまでもそのままいるはずもなく、
2004年にAMD64プラットフォームに対応したのを始め、現在では新しいチップセットにも対応しています。
さらにv3.2からは「Memtest86+」の改良点も取り入れるようになり、
「Memtest86」と「Memtest86+」、それぞれ共存・共栄という感じになっています。

結論

現時点においては、正常動作すれば、どっちでも好きなほうを使ったらいいと思います。
でも本音を言うとやはり、「Memtest86+」のほうがいいです。

理由としては、

  • 現在でも、新しいチップセットへの対応は「Memtest86+」の方が早い
  • 「Memtest86+」はバージョン2.01で、テスト時間を20%短縮した

ということが挙げられます。
特に2番目の高速化による恩恵は大きいです。

ちょっと計ってみました。

こっちが「Memtest86」での1Passにかかった時間。
21分02秒

で、こっちが「Memtest86+」での1Pass。
14分25秒

14分25秒 / 21分02秒 = 0.685で、
実にこのテスト環境では30%以上の差になっちゃってます(汗)
「Memtest86」自体が時間のかかるソフトですから、この改良は非常にありがたいところです。

実際にテストにかかる時間を大幅に短縮できますから、
メモリをチェックする機会の多い人は、「Memtest86+」バージョン2.01以上を使うようにしましょう。

なお、「Ultimate Boot CD」にも「Memtest86+」が収められていますが、
「Ultimate Boot CD」中のソフトのバージョンは、全体的に若干古めなので注意してください。
メモリチェックを頻繁に行う方で「Memtest86+」専用CDを作りたくない方は、
GParted Live CD」等を利用したほうがいいと思います。
単純に更新頻度が高く、「Memtest86+」のバージョンが新しいからです。