再起動を繰り返すというのは、パソコントラブルの中でもかなりやっかいな部類に入ります。
いっそのことエラーで停止したり、まったく起動しないとかのほうが、
原因に目星がつきやすい分だけ、あっさり復旧できることが多いです。

ある程度はっきり言えるのは、何度再起動しても毎回失敗する、
つまり再現率100%の不具合というのは、ソフトウェアのトラブルだということです。
ハードウェアに原因がないわけではありませんが、ソフトウェアトラブルが直接の原因になって再起動しています。

もしハードウェアが直接の原因であれば、症状の再現が認められない場合があります。
たとえば、起動できたり起動できなかったりというのは、ハードディスクの物理障害にありがちな症状です。

なぜ再起動を繰り返すのか

ちなみに、再起動を繰り返すのは、Windowsの仕様です。
もちろん、正常であればWindowsは普通に起動しますが、
起動処理の途中で致命的なエラーが発生すると、Windowsは自動的に再起動するようになっています。

再起動することでプログラムを最初から読み直し、正常に起動できないか試みるわけですが、
ソフトウェアの問題であれば再起動してもまた再現するので、再び再起動してしまうのです。
状況が何も変わらないので、再起動を繰り返すという無限ループにおちいります。

Windowsによる再起動を停止させるには、

  1. 起動時に「F8」キー
  2. 「システム障害時の自動的な再起動を無効にする」を選択

とすれば、ひとまず再起動の繰り返しは止まるかもしれません。
でも、Windowsが起動できない状況は何も変わっていません

再起動を繰り返す原因

再起動を繰り返す原因の多くは、Windowsのシステムファイルの破損にあります。
なかでも、Windowsを起動することさえできない場合に、自動的に再起動を試みます。
たとえば、レジストリが破損していて認識に失敗する場合も、再起動を繰り返すようになります。

システムファイルに問題があっても、最低限Windowsを起動することができていれば、
その後フリーズしたりすることはあるかもしれませんが、再起動を繰り返す状況にはなりません。

再起動を繰り返す原因を調べるには、
前述の方法でWindowsによる自動的な再起動を無効にして、表示されるエラー内容を確認する必要があります。
ただし、そこで表示されるエラー内容は、解決策を示しているものではありません。
復旧するために何が必要なのかは、その場で考える必要があります。

システムファイルが破損する原因

根本的な問題として、なぜシステムファイルが破損してしまうのか、ということがあります。
通常これらのファイルは、「Windows Update」等で書き換えられない限りは、変更されることもないはずのものです。
事故が起こらないようにするため、エクスプローラ上からは表示が隠されているぐらいです。
そういったファイルが破損してしまうのには、別の原因が考えられます。

再起動を繰り返す場合は、経験上、ハードディスクが故障している可能性が高いのです。
それも、完全にアクセスできず、手も足も出ないというものではなく、
一応アクセスはできるが、実はセクタエラーが頻発しているというようなもの。

レジストリは別として、めったに更新されることのないシステムファイルが破損してしまうのは、
ハードディスクに正常なアクセスができない部分が局所的に存在し、
それが原因になっている可能性が高いと考えられます。
もちろん、不良セクタが原因でシステムファイルが破損していると断定するのではなく、
あくまでもその可能性が高い、ということです。

対処方法

ハードディスクをチェックしてみると、実際に不良セクタが検出されたりします。
まずは、ハードディスクのSMART属性値を確認しておいたほうがいいでしょう。

SMART属性値と不良セクタ

すでにハードディスクの側で認識されている不良セクタについては、
この方法で確認することができます。

一方、直接ハードディスクをスキャンして不良セクタを検出するハードディスク診断ツールもあり、
ここでは代表例として「HDAT2」を紹介しておきます。

「HDAT2」の使い方

ただし、必要なデータがあるようでしたら、事前に最優先してデータを救出してください
ハードディスク診断ツールを動作させるということは、ハードディスクに負荷をかけることを意味します
ハードディスクの状態が悪ければ、より状況を悪化させ、とどめを刺してしまう恐れもあります。
作業の優先順位は、はっきりさせておいてください。

復旧方法

診断の結果、ハードディスクに問題がなければ、リカバリでほぼ間違いなく復旧できます
冒頭にも書いたとおり、ソフトウェアの問題だからです。

リカバリしたくないという気持ちは、誰もが持っていると思います。
いろんな方法はあるにはありますが、この状態からでは手がかかる割に期待薄です。
「なぜ再起動を繰り返すようになったのか」という原因がはっきりしないと対処のしようがありませんが、
再起動を繰り返す症状の場合、起きている現象から原因を特定することが極めて困難なのです。
あまりにも原因が多岐に渡りすぎます。

しいて言えば、「Windows XP」のパソコンでは、レジストリの復旧を試みてもいいかもしれません。

一方、ハードディスクにエラーがあるようなら、ハードディスクそのものの交換が必要です。
自分でハードディスクを交換することもできますが、リカバリディスクが必要です。
ただし、自分で交換する場合は、あらゆるリスクを覚悟のうえで交換してください。
特に、セットメーカーのパソコンでは、今後のサポートを一切受けられなくなる恐れがあります