パソコンの電源は入るものの、Windowsが起動できなくなってしまうことがあります。
セーフモードでも起動できないとなると、そのままでは内蔵ハードディスクのデータが取り出せません。

内蔵ハードディスクに問題がないようなら、
Windows等のシステム環境は、リカバリによってデータを完全に初期の状態に復旧することができます。
ただしその際、「Cドライブ」の内容は消えてしまいます

一般的に、多くのファイルが保存されている「マイドキュメント」や「デスクトップ」は、
ユーザー側で特に設定を変更しない限り、「Cドライブ」に置かれています。
このため、作成、保存したデータについては、リカバリを行う前にバックアップを取っておく必要があります。

でも、トラブルというのは、事前に想定していないからトラブルになるんであって、
用意周到にバックアップを取った直後に起動できなくなる、なんてことは、実際にはまずありません。
個人のパソコンだと、一度もバックアップを取っていないことも少なくないはずです。

そこで、Windowsが起動しないパソコンから、内蔵ハードディスクのデータを救出する必要が生じます。
これは、それほど難しい作業ではありません。
パソコンからハードディスクを取り出す必要もありません。
内蔵ハードディスクのデータを取り出せない原因が、ハードディスクからOSを起動できないことにあるのなら、
ハードディスク以外からOSを起動してパソコンを操作したらいい
のです。

内蔵ハードディスクのデータ救出方法 - その[1]

内蔵ハードディスクにインストールされているWindowsが正常動作しないのであれば、
それはそれで一旦置いておきます。
内蔵ハードディスクからデータを救出するにあたって、
インストールされているWindowsが正常動作するかしないかは関係ないからです。

パソコンの電源が入って、BIOS画面が表示され、ハードディスクを読みに行っているのであれば、
Windowsは起動できなくても、パソコンとしては動作しているといえます。
たとえ画面上にエラーが表示されていたとしても、エラーを表示するという動作はできているのです。

内蔵ハードディスクを読みに行くから起動できないので、
内蔵ハードディスク以外のデバイスからOSを起動することを試みるべきです。
そこで、CDから直接OSを起動できる、ライブCD(音楽用ではない)というものがあります。
特に、WindowsのライブCDとしてWindows PEがあります。

Windows PE

「Windows PE」は、1枚のCD/DVDから起動できるWindowsだと考えてもらっていいです。
ただし、普段使っているWindowsと比べると、本質的には同じですが、見た目はかなり違います
めちゃくちゃシンプルです。

Windowsで扱っていたデータを救出するという目的においては、「Windows PE」が最も適していると思います。
なぜなら、同じWindowsだからです。
それまでWindowsが使えていたパソコンであれば、同じWindowsである「Windows PE」も使えるはずだからです。
最低限、光学ドライブが正常動作している必要はありますが。

でも、「Windows PE」は起動ディスクを作るまでの作業が簡単ではありませんでした。
そこで、「Windows PE」起動ディスクを全自動で作ってくれる「WinPe-tch Direct」というソフトがあります。

「WinPe-tch Direct」の使い方

「WinPe-tch Direct」で作成された「Windows PE」起動ディスクには、最初からファイラーが組み込まれていたりして、
エクスプローラと同じような感覚でファイルを操作することができます。

ただし、データを救出するためには、外付けハードディスクやUSBメモリ等、
救出したデータの保存先となるリムーバブルメディアが必要です。

内蔵ハードディスクのデータ救出方法 - その[2]

ライブCDといえば、Linuxベースのものが古くから有名でした。
LinuxのライブCDは種類も豊富で、最初から多機能だったりします。

なかでも扱いやすいGUIを持っており、ハードディスクからデータを救出する目的に比較的合っているものとして、
「KNOPPIX」があります。

KNOPPIX

「KNOPPIX」は、1枚のCD/DVDから起動できるOS(Linux)です。
「Windows PE」同様、光学ドライブから直接起動してパソコンを操作することができます。

ただし、「KNOPPIX」はあくまでもLinuxであるため、
パソコンによってはドライバ関係で正常動作しないことがあるかもしれません。

また、「KNOPPIX」はNTFSの読み書き共に対応していますが、良くも悪くも非公式なものです。
これが長所になることもあるので、決して否定するものではありませんが、
Windowsで操作できるものは極力Windows上で行ったほうがいいと思うので、先に「Windows PE」をおすすめしておきます。

「KNOPPIX」の具体的使い方については、下記ページにまとめてあります。

「KNOPPIX」の使い方

操作に関しては、Linuxなんて聞いたことも触ったこともないという人でもデータを救出できると思います。

内蔵ハードディスクのデータ救出方法 - その[3]

以上の方法で、すんなり必要なファイルを取り出すことができればいいんですが、
ハードディスクに不良セクタが発生していると、ファイルシステムにも問題が起こってしまい、
ファイルのコピーや移動といった操作が行えなくなることがあります。

そんな時は、セクタエラーを容認してデータを抽出するツールが必要になります。
代表的なソフトとして、「ファイナルデータ」があります。

ダウンロードページ: ファイナルデータ

これまでに書いてきたライブCD同様、Windowsが起動できなくても、CDから直接起動してデータを救出することができます。
さらに、こちらはファイルシステムに異常があっても、ファイルを復元することが可能です。
無料体験版をCDから起動することで、ファイルの復元可能性を事前に調べることができます。

CD起動版のファイナルデータは完全に別のシステムで動いているので、
Windows上ではまともに操作できない、またはWindows版ファイナルデータではファイルを見つけることができない場合でも、
ファイルを検出、復元できる可能性があります。

不良セクタは、一旦増えだすと増え続ける傾向にあり、
最終的にはハードディスクが満足に応答しなくなってしまいます。
Windowsが起動できなくなった原因がハードディスクそのものにあることがわかっている場合は、
極力余計なことをせず、ファイナルデータでデータの救出を図ったほうがいいと思います。