Windowsに何らかの異常があった場合、
とりあえず動作確認するのに重宝するセーフモード
特にWindowsが正常起動できないようなら、
まずセーフモードで起動できるかどうかというのが、ひとつの判断材料になります。

セーフモードでは、通常Windowsが起動する時に大量に読み込んでいく、
専用ドライバやアプリケーションの類を一切読み込みません。
Windowsの持つ最低限の機能のみで起動します。

従って、デバイスドライバやアプリケーションソフトが障害となって起動できない症状の場合、
セーフモードでは起動できることが多いです。
そして、セーフモードで原因を突き止め、取り除くことができれば、
見事復旧というわけです。

セーフモードで起動する

セーフモードで起動するにはいろんな方法がありますが、
ここでは汎用性が高いと思われる方法を紹介します。
Windowsのバージョンは問いません。

パソコンの起動中に「F8」キーを押します。

それだけです。
でもちょっとコツがいります。

特にキーを押すタイミングが重要なんですが、
メーカーロゴが表示されてから、Windowsのロゴが表示されるまでの間です。
BIOSが立ち上がって、各種デバイスが認識されて、ハードディスクにアクセスしに行ったその時!
というような感じです。
普通にWindowsのロゴが出てきたら、もう失敗だと思ってください。

どうにもキー入力のタイミングがシビアなので、
自分は起動モード選択の画面が出てくるまで、「F8」キーをひたすら連打してます。
※それでもたまに失敗します・・・

起動モード選択の画面が出てきたら成功です。
画面の表示内容は、Windowsのバージョンによって異なります。

一覧の中から、「セーフモード」を選択し、「Enter」キーを押します。
続けてOSの選択メニューが出てくるかもしれませんが、
普通はひとつだけのはずですから、そのまま「Enter」キーで進めてください。

セーフモードでの起動が完了しました。
画面の四隅に「セーフモード」と文字が表示されています。

各種デバイス専用のドライバも読み込まれないため、
画面の解像度も色数も最低の状態で、音も出ないかもしれません。
でも、それがWindowsのごくシンプルな機能のみで動く、セーフモードの仕様です。