PLC自体がノイズ源でもありますが、そういう話ではありません。
PLCに対するノイズについてです。

PLCを使ううえで最も注意が必要なのが、他の電気製品から出るノイズです。
電力線を通信線として用いるため、どうしても他の電気製品から出るノイズの影響を受けます。
PLCにとって避けて通れない問題です。

ブレーカーが問題視されることもありますが、
私が実験した限り、ブレーカーだけが原因で通信できなくなるとは考えにくいです。
分電盤において異相のブレーカーだったとしても、です。
通信できなくなるのは様々な要因が複合していると考えるべきで、
その中で最も大きな影響をもたらすのが、他の電気製品からのノイズです。

身近にある電気製品で、PLCに悪影響を与えるものを探してみました。
ノイズフィルタの効果を調べたかったからです。
意味があるのか、と。

パソコンのACアダプタに始まり、エアコンやインバータ内蔵の照明器具、扇風機に掃除機にドライヤーと、
様々なノイズ発生源になりそうな電気製品を動かしながら、通信速度実測値を見てました。
最初から、扇風機等の影響を受ける可能性は低いとは思ってました。
メーカーの仕様にも「2~28MHz」って書いてありますし、もっと高周波側だろうと。
で、手近にある電気製品で明らかにPLCに悪影響を及ぼすものが見つかりまして、
それはスマートフォンの充電器でした。

スマホ充電器は複数持っているんですが、そのいずれもがPLCに対して悪影響を及ぼしました。
スマホ充電器は、製品の位置付けからして小型で安価であることが求められるので、
多少のノイズは目をつむってくれ、ということなのかもしれません。
おそらく、スイッチングノイズでしょうね。

ここでは特に影響の大きかったスマホ充電器をノイズ源として用い、ノイズフィルタの効果を測定してみます。

ノイズフィルタについて

KT-180

当方で使用しているノイズフィルタ、KT-180です。
これはもともとPLC用に買ったものではなく、
私の住んでる地域では雷が非常に多いため、サージプロテクタとして買ったものです。
ノイズフィルタはおまけだったんですが、結果から言ってしまうと、
PLC用ノイズフィルタとしても効果大でした。

こちらのサイトにKT-180の分解写真が載っていますが、
写真を見る限り、中身はバリスタとフィルムコンデンサっぽい。
もちろんノイズ除去に寄与しているのは、フィルムコンデンサ
フィルムコンデンサが、電力線に混入する高周波のノイズを吸収してくれるわけです。

通信速度測定

PLCアダプタはBL-PA510
PLCアダプタ、データ転送先のパソコン共に、無線ルーターWR8700NのLAN側スイッチングハブ下に接続しています。
データ転送元パソコンからルーター間は、同相、別ブレーカー。
データ転送元パソコンとノイズ源(スマホ充電器)は、同一コンセント。
ノイズフィルタは、上記KT-180と、BL-PA510付属のものを使用。
通信速度測定には「LAN Speed Test」を用いています。

ノイズ源なし ノイズ源あり
ノイズ源あり、KT-180使用 ノイズ源あり、BL-PA510使用

ノイズ源なしの状態を100として、通信速度比をグラフにまとめます。

ノイズ源 ノイズフィルタ 通信速度[Mb/s] 速度比[%]
なし なし 40 100
あり なし 18 44
あり KT-180 35 87
あり BL-PA510 38 95
※Readでの比較。

ノイズフィルタを使うと、ノイズ源なしの状態に匹敵する速度が出ます
これは測定誤差ではなく、明らかに効果があります。
何度測定しても再現しました。

ノイズフィルタなしの状態では、何回測定しても30Mb/s以上の速度は出なかったのに対し、
ノイズフィルタを使用すると、コンスタントに30Mb/s以上の値が出るようになります。

ノイズフィルタ同士で比較すると、BL-PA510付属のノイズフィルタのほうが良好な結果が得られました。
BL-PA510付属のノイズフィルタは、PLCに最適化されているためか、
ノイズ源なしの状態とほとんど通信速度が変わらず、場合によっては数値が逆転するほどでした。

KT-180の条件では、PLCアダプタに隣接して別途ノイズフィルタを設置することになるので、
PLCの信号をも吸収していると考えられます。
それでも、ノイズフィルタを使わないのとでは倍半分もの差があるのです。

ノイズフィルタを使うべき状況

私はたまたま、以前からノイズフィルタを使っていました。
パソコンや冷蔵庫等、常用していて、雷にやられたら困る電気製品にはすべてKT-180をかませていたからです。
だから、最初から安定してPLCを使える環境にあったのかもしれません。

ちなみに、スマホ充電器がノイズ源となりえたのは、充電中のみです。
コンセントに挿してしるだけ、つまり待機状態では、PLCに影響を及ぼしませんでした。
ACアダプタが仕事をしてないので、当たり前ですけどね。
スマホ充電器用にノイズフィルタが必須かと言われると、微妙なところです。
スマホを充電するのは、大抵寝ている間だったりしますから。

ただ、もし接続が切れるほどの状況であれば、
ノイズフィルタはPLC環境の改善にはっきりと効果があるので、導入を検討すべきです。

PLCを使っていろいろ実験してみましたが、
ノイズを出す電気製品の影響は、配線距離やブレーカーの影響よりも、はるかに大きいものでした。
というわけで、もしPLCの接続が不安定なら、
原因機器を特定し、ノイズフィルタを使用することで、通信は安定すると思います。

ただし、くれぐれもノイズフィルタの使い方を間違えませんように