電波法の規制緩和で、国内でも販売開始された時にはそれなりに注目を集めていた気がするPLC。
その後、無線LANが広く普及して、日常的に使われるようになったのに比べ、
PLCはイマイチ、というか全然普及していません。
世間一般では、無線LANとかWi-Fiは知っていても、
PLCなんて聞いたこともないって人が大半じゃないでしょうか。

メーカーによっては販売終了してしまったり、そんな憂き目にあっているPLCですが、
個人的には用途に合わせて使えば十分活用できるものだと思いますし、
というか、無線LANとPLCでは役割が違うんですよね。

とはいえ、PLCは無線LANと一部競合する製品であることも確かなので、
この両者の通信速度を実際に比較してみることにしました。

PLCの通信速度

比較対象の無線LANは、アンテナが全部立った、安定した通信状態で測定しています。
一方、PLCは実際の使用状況に合わせて、1階-2階の別ブレーカー間(同相)でも速度に差がないか、
比較してみました。

PLCアダプタはBL-PA510
通信速度測定には、「LAN Speed Test」を使用。
PLC、データ転送先のパソコン共に、無線ルーターWR8700NのLAN側スイッチングハブ下に接続しています。
また、基準として無線ルーターとデータ転送元パソコンを直接LANケーブルで接続した状態、
つまり有線LANでも測定しました。

測定結果です。

PLC(別ブレーカー) PLC(隣接)
IEEE 802.11g IEEE 802.11g/n
IEEE 802.11a IEEE 802.11a/n
有線LAN

ここで比較のために、有線LANを100としたときの通信速度比とあわせてまとめてみます。
速度の絶対値は環境によって変わって当たり前なので、ここでは同一環境での相対比較に重きを置きます。

通信速度[Mb/s] 速度比[%]
PLC(別ブレーカー) 40 9
PLC(隣接) 54 12
IEEE 802.11g 22 5
IEEE 802.11g/n 64 14
IEEE 802.11a 23 5
IEEE 802.11a/n 75 16
有線LAN 457 100
※Readでの比較。

有線LAN最強
当たり前ですけど。
通信用に作られたケーブルだけのことはあります。

有線LANが別格すぎるので、有線LANを除いてPLCを100とした通信速度比でまとめ直してみます。
PLCの用途としては一般的と思われる、別ブレーカー間の通信速度を基準としました。
ちなみに、「PLC(隣接)」というのは、同じコンセントの上下、隣同士にPLCアダプタを取り付けたもの。
つまり、PLCにおける最良条件です。

通信速度[Mb/s] 速度比[%]
PLC(別ブレーカー) 40 100
PLC(隣接) 54 136
IEEE 802.11g 22 54
IEEE 802.11g/n 64 162
IEEE 802.11a 23 58
IEEE 802.11a/n 75 189

PLCの通信速度は、「IEEE 802.11a/g」以上、「IEEE 802.11a/g/n」以下でした。
ただし、無線LANは通信状態が良好な条件での話です。

PLCは、通信状態が良好な無線LANと同等の速度が出ると言っていいと思います。
でも、多重化した無線LANには劣ります。
デュアルチャネルを使用したり、「IEEE 802.11ac」とかだと、PLCとの速度差はさらに広がります。
しかしこれも、無線LANの通信状態が良ければ、ですが。

配線経路による影響はあるものの、無線LANの障害物による影響ほど顕著ではありません。
事実、無線LANでは通信が不安定だったからPLCを導入した背景があり、
以後このPLCアダプタを継続使用していますが、接続が切れたことは一度もありません。

PLCが優位な状況は?

はっきりと言えるのは、絶対的な速さでは、PLCは無線LANにはかなわないということです。
「IEEE 802.11n」も一般的になり、さらに広い帯域を使えるようになった「IEEE 802.11ac」も広がりつつある今、
より速い通信速度を求めるのであれば、PLCという選択肢はありえません。

かといって、PLCが不要だと結論づけるのは早すぎます。
無線LANは遮へい物に弱いのです。
それも致命的に。

離れた部屋との通信に無線LANを使用するのは、本来の役割ではありません
「IEEE 802.11ac」とか高速化が進んでも、その実力がいかんなく発揮されるのは同一空間内においてのみです。
壁でさえぎられるたび、速度は急速に低下していきます。
ましてや「IEEE 802.11ac」とか、5GHz帯ですし。

PLCは宅内配線を使用するので、いわば遮へい物を迂回して通信できます。
逆に、PLCにとっての障害物は、ブレーカーだったり他の電気製品だったりするわけですが、
それでも離れた部屋との通信では、PLCのほうが高速である可能性が高いのです。

もし、離れた部屋と無線LANで通信していて、接続が不安定だとしたら、
PLCは有効な代替手段であるといえます。
少なくとも、通信状態が良好な「IEEE 802.11a/g」以上のスピードは出る可能性があります