具体的には、WEBカメラからの映像が真っ白になったりします。

以前は表示されていたものが、急に表示されなくなったとすると、
原因はドライバや周辺ソフトの競合にあることが多いです。

最近では、プリンタもスキャナ付きの複合機の方が主力になってきました。
それ自体は問題ないんですが、
付属するソフトが以前と比べ物にならないくらい多いんですよね。
「おまかせインストール」みたいな項目を選択すると、
ありったけのソフトをインストールし始めます。
正直、ドライバだけあったら、印刷も画像取り込みもできるんですが。

その他、デジカメやビデオカメラなど、
最近はパソコンに接続して利用する電気製品が増えてきました。
そしてこれらも、映像をパソコンに取り込むことができる製品です。

各製品それぞれの、すべてのユーティリティソフトをインストールしてあると、
場合によっては冒頭のような不具合が発生します。
これはユーティリティソフトの中に、
パソコンの中に入ってくる映像を常に監視しているソフトがあるからです。

単体では問題なくても、結果的に異なる製品間で、
同じような働きをするソフトが重複してインストールされていることになります。
多くの場合、これが不具合の原因になります。
従って競合している不必要なユーティリティソフトをアンインストールすると、
不具合が解消されたりします。

必要だかなんだかよくわからないものは、極力インストールしないようにしましょう。
人間、1度インストールしたものは、なかなかアンインストールしません。