ハードディスク/SSDのSMART情報を確認する

ハードウェア障害でまず確認すべきこと

ハードディスクやSSDには、SMARTという自己診断機能があります。
ただ、SMARTによって管理されている情報は、
Windows標準の機能では確認することができません
ハードディスクやSSDのSMART情報を確認するには、専用のツールを使う必要があります。

しかも、SMART情報の確認が求められる場面というのは、
記憶装置が正常に動作していない可能性が高く、
Windowsが起動できないこともありえます。
そういった状況でも、SMART情報を確認することは可能です。
Windowsが起動できないのであれば、他のOSを起動してSMART情報を確認したらいいのです。

SMART情報を確認するだけでは、ハードディスクにそれほど負荷はかかりません
プラッタ上のセクタを逐次スキャンしていくようなテストとは異なります。
あくまでも、ハードディスクが管理している現状を確認するだけです。

なお、SMARTはもともとハードディスクの自己診断機能でしたが、
SSDも同じ機能を踏襲しているので、
SMART情報の各属性に関しても、基本的に同じ意味を持ちます。
ハードディスクとSSDでは構造が全く異なるので、
双方が等価というわけではありませんが。

「CrystalDiskInfo」を使う

CrystalDiskInfo

「CrystalDiskInfo」は、Windows用のSMART情報確認ツールです。

ソフトウェアページ CrystalDiskInfo
当サイト内解説 「CrystalDiskInfo」の見方

「CrystalDiskInfo」が使える状況なら、「CrystalDiskInfo」を使っておけばいいと思います。
見やすく、わかりやすいからです。
そしてなにより、日本語です。

ただし、Windowsの起動が非常に遅かったりして、
内蔵ハードディスクに負荷をかけたくない場合は、Windows自体を起動しないほうがいい
です。
そういう場合は、以下の方法をとるべきです。

「Parted Magic」を使う

Parted Magic

「Parted Magic」は、ハードディスクユーティリティに特化したLinuxのライブCDです。

Attributes - GSmartControl

「Parted Magic」に、「GSmartControl」というSMART情報確認ツールがあるので、
これを利用します。

ただし、「Parted Magic」を使用するえでは注意点がいくつもあるので、
詳細は下記ページ参照。

「Parted Magic」の使い方

「Parted Magic」では、SMART情報を確認する以外に、
その後の対応も一気通貫で行えます。
非常に便利なツールですが、何でもできすぎるところがあるので、
取り扱いには十分注意してください。

「HDAT2」を使う

SMART Attributes - HDAT2

「HDAT2」は、汎用のハードディスク診断ツールです。
DOS環境で動作します。
詳細は下記ページにて。

「Parted Magic」とは違い、スペックの乏しい、古いパソコンでも動作します。
「Parted Magic」を動作させるにはメモリ容量が足りない、
あるいは、SMART情報を確認するだけであれば、
「HDAT2」を使ったほうがいいかもしれません。
起動も「HDAT2」のほうが早いです。

ちなみに、「Parted Magic」、「HDAT2」共に、
Ultimate Boot CD」から起動することも可能
です。

SMART情報の見方

SMART情報を確認したところで、それが何なのか。
重要なのは、SMART情報をどう受け取り、どう対応していくかです。

特に、ハードディスクのSMART情報において注視すべき項目は、不良セクタです。
個人的に、SMART情報を確認する目的の大部分は、不良セクタの現状を把握するためです。
SMART情報と不良セクタの関係については、下記ページにまとめてあります。

SMART情報と不良セクタ