パソコンのハードウェアトラブルで比較的頻度が高く、しかも深刻度も高いもとして、
ハードディスクの故障が挙げられます。

たとえば、OSが起動しないという症状があったとしても、
そもそもの原因がハードディスクにあるかどうかというのは、
今後の対応策を検討するうえで重要なポイント
になってきます。

動作音等で、明らかにハードディスクが異常だと思われることもありますが、
本質的に重要なのは音ではなく、正しい入出力ができているかということで、
それを判断するには、ソフトウェアの力を借りるのが間違いないわけです。
※とはいえ、異常な動作音がすれば、かなり高い確率でハードディスク自体に問題があります。

ハードディスク診断ツール一覧

ハードディスク診断ツールは、各ハードディスクメーカーから提供されています。
基本的にフリーソフトです。

ここで、各メーカーのハードディスク診断ツールをまとめておきます。

Seagate / Maxtor SeaTools
Western Digital Data Lifeguard Diagnostic
HGST(日立) / IBM Drive Fitness Test (DFT)
富士通 / 東芝 Fujitsu ATA Diagnostic Tool (FJDT)

ハードディスクメーカーも移り変わりが激しく、
IBMのハードディスク部門が日立に買収されたり、
富士通のハードディスク部門が東芝に買収されたり、
MaxtorがSeagateに買収されたり、さらにはHGSTがWDに買収されたりしているので、
各社がそれぞれ用意していた診断ツールも、統合されてきています。

ハードディスクメーカー、型番の特定

ただ、自分が使っているパソコンでも、
ハードディスクがどこのメーカーのものだかわからないという人も多いと思います。
自作機でもない限り、普通はわからないですよね。
そんなときはたとえば、CrystalDiskInfoとかを使えば、
わざわざ分解して現物を目視確認しなくても、ハードディスクのメーカー、型番を調べることができます。
それ以外にも、ハードディスクの診断という意味では、
SMART値を確認できるのが大きいですね。

汎用ハードディスク診断ツール

また、汎用的なハードディスク診断ツールとして、HDAT2があります。
「HDAT2」はハードディスク診断ツールというにはあまりに多機能すぎるんですが、
便利であることには違いありません。
ただし、それぞれのハードディスクメーカーごとに専用のツールがありますので、
そちらが推奨であることは言うまでもありません。

ハードディスク診断ツールはDOS上で動いているソフトが多いので、基本的に表記は英語です。
逆にDOS上で動くので、Windowsが起動できなかろうと関係なく動作します
まあ、実際にハードディスクの診断が必要になる場面というのは、
OSが起動できなくなってから、というのがほとんどだと思いますけどね。

ちなみに、Ultimate Boot CDには、上記ハードディスク診断ツールがすべて収められてます
ハードディスク診断ツールなので、「HDAT2」と同じカテゴリにあります。
気になる人はぜひお試しあれ。