「システムの復元」とは何か

レジストリの復旧

システムの復元

「システムの復元」とは、システムを過去の状態に戻すWindowsの機能です。
これは、レジストリを過去の状態に戻すことと、ほぼ同義です。
Windowsに関する設定が復元されます。

この過程で、システムに関するファイルも元に戻されます
ただし、ファイルの復元は完全ではありません
復元されるのは、システムに関する一部のファイルのみです。

プログラムやドライバのインストール等、システムに大きな変更を加えると、
まれにWindowsが不安定になってしまうことがあります。
通常の操作では元に戻すことができない場合でも、
システムの復元を使うと、高い確率でWindowsを復旧できます。

文字通り、復元するのはシステムのみなので、
「ドキュメント」等に保存されているユーザーのデータには影響しません
逆に言うと、システムの復元は、ユーザーのデータを復元する目的では使えません

システムの復元の機能は強力ですが、
システムの状態がまとめて元に戻されます
アンインストールのように、特定の項目だけを削除することはできません。

「システムの復元」の実行

システムの復元を起動する方法はいくつかありますが、
ここでは手早い方法だけ書いておきます。

できるだけメニューをたどらず、ショートカットキーを用います。
メニューの項目は、Windowsのバージョンや設定によって変わるからです。
従って、以下の方法はWindowsのバージョンによらず実行できます。

ファイル名を指定して実行

rstrui - ファイル名を指定して実行

  1. Windowsキー+「R」キー ※「ファイル名を指定して実行」のショートカットキー。
  2. 「rstrui」と入力 ※XPの場合は「restore/rstrui」
  3. 「Enter」キー

これがおすすめで、慣れれば一番早いと思います。

「システムのプロパティ」から起動する

  1. Windowsキー+「Pause」キー ※「システム」のショートカットキー。
  2. 「システムの保護」を選択
  3. 「システムの復元」を選択

こちらでも起動できます。
マウスも併用して若干メニューをたどりますが、
コントロールパネルを経由するよりは早いと思います。

システムの復元

システムの復元が起動しました。
あとは基本的に、ウィザードに沿って進めていくだけです。
「次へ」を選択します。

復元ポイントの選択 - システムの復元

復元対象の復元ポイントを選択します。
最初から直近の復元ポイントが選択されています。

「他の復元ポイントを表示する」にチェックを入れると、
より過去の復元ポイントもあわせて表示されます。
ただし、古い復元ポイントは、できるだけ使わないほうがいいです。

現在のシステムとの違いが大きい復元ポイントを選択すると、
復元後のシステムに問題が発生する可能性があります

レジストリとファイルの不整合が大きくなるからです。
従って、基本的には問題が起きる直前の復元ポイントを選択すべきです。

復元ポイントを指定したら、「次へ」を選択

復元ポイントの確認 - システムの復元

復元ポイントの確認を求められます。
表示されている復元ポイントで間違いなければ、「完了」を選択します。

いったんシステムの復元を開始したら、中断することはできません。続行しますか? - システムの復元

最終確認です。
「はい」を選択すると、自動的に再起動し、システムの復元が実行されます。

システムの復元は正常に完了しました。 - システムの復元

再起動後、システムの復元が完了したとの表示が現れます。
システムの復元にかかる時間は、Windowsアップデートと同じくらいです。
やっていることも近いので。

「システムの復元」の問題点

システムの復元を実行すると、
Windowsの設定が保存されているレジストリの情報と、
実際のファイルの存在が、一致しなくなります

これは、多かれ少なかれ、確実にそうなります

たとえば、プログラムをインストールしたタイミングでWindowsの動きがおかしくなり、
それより前の復元ポイントを使ってシステムの復元を実行した場合は、
レジストリからプログラムをインストールした情報が消えます。
プログラムファイルも消えますが、実は一部のファイルは残ったままです。

つまり、システムの復元で元に戻すのと、
プログラムをアンインストールして元に戻すのとでは、
状況が違ってくる
のです。

これがアンインストールの前後だと、さらに状況が悪くなります。
Windows上はプログラムがあることになっていますが、
実際のプログラムファイルは欠損しています。
このため、正常動作しなかったり、アンインストールできなくなったりします。

古い日付の復元ポイントを使ってシステムの復元をしたり、
何度もシステムの復元を実行している場合は、
こうした現象が複合的に起きています。
Windowsのシステムの中で、いろいろとつじつまが合わなくなります。

状況が悪化して、Windows自体の動作にも支障をきたすようになると、
Windowsの再インストール以外、手の打ちようがなくなってしまいます。

システムの復元の取り消し - システムの復元

通常、システムの復元は、後で取り消すことができます。
システムの復元を行った結果、動作がおかしかった場合は、元に戻せるのです。
ただし、Windows回復環境やセーフモードからシステムの復元を実行した場合は、
取り消しができません

Windowsがおかしくなったから、とりあえずシステムの復元を実行する、
といった安易な考えはやめたほうがいいです。
システムの復元は便利で強力ですが、だからこそ最終手段として使うべきだと思います。