データを保ったまま、パーティションサイズを変更したり、分割したりできるフリーソフト、
それが「GParted」です。

このようなパーティション変更ツールとしては、
古くからある「パーティションマジック」があまりにも有名ですが、
「GParted」では、「パーティションマジック」とほぼ同等の機能を、
フリーで使用することができます。

「GParted」はLinux用のソフトです。
もちろん、Windows上では動きません。
でも、今日ではLinuxのLive CDが数多く提供されているので、
それらを利用すれば、CDドライブから起動して簡単に「GParted」を使うことができます。

有名なLinuxのLive CDに、「KNOPPIX」があります。
特に「KNOPPIX」では日本語化が進んでいて、初めての人でも使いやすいと思います。
「KNOPPIX」のバージョン5.3.1には、初めから「GParted」がインストールされているので、
ここでは「KNOPPIX」を利用した「GParted」の使い方を紹介します。
※「KNOPPIX」CD日本語版のバージョン6.0.1がリリースされましたが、現時点機能的にはバージョン5.3.1に及ばない点が多いため、
ここでは基本的にバージョン5.3.1を前提に話を進めます。

「KNOPPIX」って何?という人は、下記ページをご一読ください。

「KNOPPIX」の使い方

ここでは「KNOPPIX」が起動している状態を前提として、説明を始めます。

ちなみに、「GParted」のようなパーティションを無理矢理動かすソフトを使用する場合、
必要なデータは、事前に必ずバックアップを取るようにしてください
パーティションの変更は、データが消えるのが普通であり、
「GParted」を使うにしても、データ消失のリスクは比較的高いということを、
しっかり認識しておいてください。

事故が起こってからでは、手遅れになる場合があります。

「GParted」の起動

「KNOPPIX」が起動できたら、「GParted」の起動はいたって簡単です。

まず、画面左下にある上図のアイコン、「Kメニュー」を選択して開きます。
続けて、

「システム」「設定」でも可)「Partition Editor」

と選択。

「GParted」が起動します。
「KNOPPIX」内の「GParted」は、ほとんど日本語化されています。

「GParted」が起動したら、まず現在のパーティション状況を確認します。

色つきの枠で、各パーティションが表示されます。
色はファイルシステムごとに分けられており、ぱっと見で状況をつかみやすくなっています。
それぞれのパーティションの中で、薄い黄色で表示されている部分は、
各パーティションの使用領域を表したものです。

表示されている情報が、パーティション変更対象のデバイスでない場合は、
「GParted」のツールバーにおいて、

「GParted」「デバイスを選択」目的のデバイス(パーティション変更対象のデバイス)

と選択することで、「GParted」で操作するデバイスを切り替えます。

また、上の画像においてウィンドウ右上、ハードディスクの絵が書かれている部分を選択しても、
同様にデバイスの変更ができます。

ちなみに、同じデバイス(ここではハードディスク)をWindows上「ディスクの管理」で見てみると、
このようになっています。

ここから例として、パーティションを分割してみます。
具体的には、「GParted」を使って「Cドライブ」のパーティションサイズを変更し、
新たに「Dドライブ」を作成してみます。

パーティションサイズの変更

まず、変更を加える対象のパーティションを選択します。
普通にマウス左クリックで選択してください。

すると、選択したパーティションに対して行える操作が、グレーから色つきになります
ここでは「Cドライブ」のパーティションサイズを変更したいので、
「Cドライブ」にあたるパーティションを選択した後、
操作メニューにある「リサイズ/移動」を選択します。

パーティションサイズ変更用のウィンドウが現れます。

変更後のパーティションサイズ、前後の空き領域を指定します。
数値入力以外に、マウスのドラッグでバーの長さを直接変更することも可能です。

「Cドライブ」の後ろに、だいたい10GBの空き領域ができるよう指定してみました。
※正確には、10000 / 1024 = 9.77GBです。

「リサイズ/移動」を選択します。
まだ変更は反映されないので安心してください。

「GParted」の表示上、「Cドライブ」の後ろ側に「未割り当て」の空き領域ができました。
ただし、まだ実際に空き領域ができたわけではありません。
パーティションの変更を反映する場合は、適用の項目まで進んでください。

新規パーティションの作成

空き領域さえできてしまえば、
あとは「ディスクの管理」でパーティションを作ってもいいんですが、
ここでは「GParted」を使って「Dドライブ」となるパーティションを作成してみます。
そのほうが速いし、楽だからです。

先ほどと同様に、「未割り当て」の領域を選択した後、「新規」を選択します。

新規パーティション作成用のウィンドウが表示されます。

ここで注意してほしいのは、標準でファイルシステムが「ext2」になっていることです。
「GParted」はLinux用のソフトなので当然なんですが、
Windowsで使用するパーティションの場合は、
ファイルシステムを「ntfs」や「fat32」に適宜変更してください
さもないと、Windows上から再度フォーマットすることになり、面倒です。

その他の項目はそのままで特に問題ないです。
パーティションサイズも、リサイズと同様のやり方で変更できます。

作成するパーティションが決まったら、「追加」を選択します。

空き領域に「新規パーティション」が表示されました。
ただ、これは「GParted」がこれから行う作業内容を表示したもので、
ハードディスク内の実際のデータは、まだ以前のまま
です。

ここでツールバーから、

「編集」「全ての操作を適用する」

と選択して、初めてハードディスクデータの変更が行われます

日本語化されているので操作メニューからはみ出していますが、
操作メニュー「貼り付け」の右側に隠れている「適用」を選択してもいいです。

この操作で、「GParted」のウィンドウ下部に表示されている作業内容を、
まとめて行うことになります。

確認画面が出てきます。
問題なければ、「適用」を選択します。

作業中です。

パーティションを変更するというソフトの性格上、
一旦実行した操作は途中でキャンセルしないほうがいいです。

作業が終了しました。
「閉じる」を選択して、「GParted」を終了します。

パーティションが変更されると、「KNOPPIX」は別のデバイスが接続されたと認識するため、
「新しい媒体を検出しました。」とか、いちいちウィンドウを出してくるかと思います。
ここでは基本的に、

「何もしない」「OK」

と選択してウィンドウを消してください。
そして「KNOPPIX」を終了し、再起動してください。

Windowsによらずパーティションを変更しているので、「chkdsk」が走ったり、
新しいデバイスとして認識されるのでWindowsからも再起動の必要があるかもしれませんが、
それは指示通りに実行してください。

初回だけなので気長に待ちましょう。

再起動後、Windows上「ディスクの管理」からパーティションを確認してみました。
「Dドライブ」が作られ、正常に認識されています。
「マイコンピュータ」からアクセスすることも問題なくできました。
パーティションの分割作業は、これにてひとまず終了です。

もちろん、逆の操作を行うことで「Dドライブ」を消去し、
「Cドライブ」の容量を増やすことも、「GParted」にて可能です。

パーティションの変更に関しては、「GParted」があれば大抵ことたりると思います。