メモリの動作をチェックするソフトとして、「Memtest86」は非常に有名ですが、
かたや「Memtest86+」というソフトもありまして、
いったいどちらがいいのかと思っている人も多いのでは。

結論だけ書いておきますと、
本家にこだわりのない方は、「Memtest86+」を使ったほうがいいと思います。
一番の理由は、単純に速い(早い)からです。

「Memtest86」と「Memtest86+」の違いについては、
下記ページにまとめてあるので、よかったら参考にしてみてください。

「Memtest86」と「Memtest86+」の違い

起動ディスクの作成

「Memtest86+」の入手先は以下のとおり

トップページ Memtest86+
ダウンロードページ Memtest86+ - Download

「Download」の項目から、

Download - Pre-Compiles Botable ISO (.zip)

をダウンロードしてください。

ファイル名は「memtest86+-○○.iso.zip」となっていると思います。※○○はバージョン番号
これは、ISOイメージファイルが単独でZIP圧縮されているものです。
各種解凍ソフトを使って解凍してください。

「memtest86+-○○.iso」というファイルが得られたら、
ISOイメージファイルの書き込みに対応したライティングソフトを使って、
「Memtest86+」の起動CDを作成してください。

ちなみに、「Memtest86+」はフロッピーやCDから起動して動作するソフトです。
でも、フロッピーディスクドライブは、最近では付いてないパソコンが多いです。
USBメモリから起動する方法もあるにはありますが、
ちょっと前のパソコンでは、USB接続デバイスから起動できないマザーボードがほとんどです。

汎用性が高いのは、間違いなくCDからの起動なので、
ここでは起動CDを用いた方法を前提にまとめてあります。

また、「Memtest86+」は、
GParted Live CD」のようなLinuxのLive CDに同梱されていることが多いので、
それらを利用するのもいいと思います。

メモリの動作チェック

というわけで、「Memtest86+」の起動CDをセットした状態で、パソコンをCDから起動します。

「Memtest86+」が起動すると同時に、テストが始まります。

勝手に始まります。
全自動です。

テストの進行状況は、最上段にある「Pass」のゲージによって、視覚的に確認できます。

無事一通りテストが終了すると、「Pass」の項目に「1」と表示されます。
また、画面下半分の領域に「Pass complete, no errors, press Esc to exit」と表示されます。

逆にエラーが検出された場合は、
上の画像で「Pass complete, no errors, press Esc to exit」と表示されている領域に、
エラーのあったメモリアドレス等の情報が列記されます。

ちなみに何も操作しなければ、「Memtest86+」は延々とテストを繰り返します

メモリのトラブルは、“なったりならなかったり” ということが非常に多いので、
「Pass」=「1」だから大丈夫、とは判断しないほうがいいです。

個人的には、「Errors」がゼロのまま、最低でも5回は「Pass」するのを確認するようにしています。
特に動きのあやしいパソコンでは、「Memtest86+」を走らせたまま丸一日放置して様子を見ます。

「Memtest86+」ではバージョン2.01から高速化が図られたので、
以前に比べ時間効率が上がっていることがありがたいです。