「PhotoRec」は消えてしまったファイルを復元するソフトですが、
こういったソフトでは事前に動作設定をする必要があります。
しかも「PhotoRec」を使用する状況は人それぞれなので、
それぞれの状況に合わせた動作設定が必要になります。

ここでは、そんな「PhotoRec」のオプションの各項目についてまとめてみました。

ページ内ジャンプ Options / Paranoid / Expert mode / File Opt

Options

「PhotoRec」のメインメニューです。
まず、「Options」を選択してみます。

上の画像は、「Options」の初期設定値です。
上下カーソルキー各項目を選び
左右カーソルキー設定値を変更します。

以下、それぞれの項目について説明します。

Paranoid

復元するファイルの品質に関する設定です。
復元したファイルの検証、修正を行うかどうか、
破損して無効なファイルを復元対象から外すかどうかを設定します。
この設定項目はちょっと重要なため、後で補足します

Allow partial last cylinder

最終シリンダにまたがるデータを、ファイルとして認めるかどうかを設定します。
パーティションで仕切られていないメディアでは、有効かもしれない項目です。

Keep corrupted files

破損しているファイルも含めて保存するかどうかを設定します。
「Yes」にすると、
破損しているデータだと判明しても、無理矢理ファイルに復元して保存しようとします
ファイルの品質は低下しますが、復元ファイル数は多くなります。
「Paranoid」のモード変更のほうが、復元結果に大きな影響を与えますが、
こちらのオプションは、それをふまえたうえでの設定だと考えてください。
実はここで「No」を選択しても、復元したファイルの中には破損ファイルが含まれてたりします。
程度問題です。

Expert mode

設定項目が増えます。
具体的にはディスクのジオメトリです。
詳細は後述します。
ほとんどの場合において、変更する必要はないかと思います。

Low memory

「PhotoRec」の動作においてメモリが不足する場合に設定します。
「PhotoRec」が動作しない場合以外は、「Yes」にする必要はないでしょう。

Quit

戻る。

Paranoid

「Paranoid」の項目だけは、さらに3つに分かれています。

Yes (Brute force disabled)

初期設定値で、最も一般的なオプションです。
復元したファイルを検証、修正します
また、明らかな破損ファイルは排除します。

ちょっとだけ注意なんですが、
テキストファイルに関して、わずかに文字化けがあっただけで、
前後をバッサリ切り捨てられるようなこともありました。
テキストファイルの復元については、
このオプションを「No」にしておいたほうがいいのかもしれません。

Yes (Brute force enabled)

上記項目の、復元したファイルを検証、修正するのに加えて、
すべてのファイルを抽出した後に、断片化した「jpg」ファイルに対し、
総当りで意味のあるデータにしようと試みます
CPUを酷使するオプションです。

No

復元したファイルの検証、修正を一切行いません。
ノーチェックですが、抽出できるファイルの数は、最も多くなります
また、ディスク上のサイズそのままでファイルに復元されます
従って、標準のアロケーションユニットサイズである、4KBのファイルが大量に復元されたりします。

とにかく取り出せるだけのデータが欲しいという場合や、
「PhotoRec」ではファイルの抽出だけを行い、
他のソフトでファイルの修正を行う場合に有効なオプションです。

画面下の方に、「jpg」ファイルの検出に関して、みたいなことが書いてありますが、
これらのオプションは、「jpg」ファイル以外の結果にも影響します
ただ、「PhotoRec」自体が、もともと写真の復元を目的に作られてきたので、
特に「jpg」に関して効果が大きいのかもしれません。

Expert mode

「Expert mode」のオプションを「Yes」にすると、
「PhotoRec」のメインメニューに「Geometry」の項目が現れます。

「Geometry」を選択します。

現在のディスクジオメトリが表示されます
また、ここからCHSの各値、セクタサイズを変更できます
「TestDisk」と似たような、というかそっくりそのままの画面です。
安易に変更すると、ディスクにアクセスできなくなってしまいますので注意してください。

意味がわからなければ、特に何も変更する必要はありません
「PhotoRec」は、ジオメトリやファイルシステムをある程度無視して、
潜在しているデータを見に行くファイル復元ソフトです。
従ってこのオプションは、「PhotoRec」の動作上にはほとんど影響しません。

File Opt

再び、「PhotoRec」のメインメニューから。

「File Opt」を選択します。

復元対象のファイルの拡張子が、一覧表示されます
上下カーソルキー拡張子を選び
左右カーソルキー復元対象の切り替えを行います。
「X」印のついている拡張子が、復元対象です。
初期設定では、ほぼすべての拡張子が復元対象になっています。

ここは “急がば回れ” で、拡張子を1つずつ限定して復元したほうが、
結果的に効率良くファイルを復元することができます。
その他、「PhotoRec」の使用について注意したほうがいい点は、下記ページにまとめてあります。

「PhotoRec」使用上の注意