フォーマットしてもファイルは復元できる

完全消去ではない

誤解されていることが多いと思われるフォーマットについて。
フォーマットすればデータが完全に消えるというのは、間違いです。
データを消去するためにフォーマットするというのは、もっと間違いです。

これは、クイックフォーマットに限らず、通常のフォーマットでも同じです。
フォーマット専用ツールであるフォーマッタを使っても同じです。
結果的に、やっていることは同じだからです。

ただし、フォーマットするというのは新たにファイルシステムを適用することを意味するので、
データの上書きがあるため、一部のデータは消去されます
特に、フォーマットした後、完全に元の状態に戻すことはできません

しかし、大部分の領域にはデータの変更がないため、
フォーマット直後であれば、復元可能なデータは多いです。
これらは、ファイルという形で復元可能です。

「フォーマット」=「データ消去」だった時代

実は、かつては「フォーマット」=「データ消去」だったことがありました。
それは、フロッピーディスクにおいてです。

通常のフォーマット - 3.5インチFD

フロッピーディスクで行われていた「通常のフォーマット」は、物理フォーマットです。
フォーマットは、生の磁気フィルムをデータ保存場所にするための作業でした
その際、磁気フィルムを物理レベルで書き直すので、今までのデータがすべて消去されてしまいます。
このため、フォーマットする前に、ユーザーにデータ消去の確認が求められていました。

そこから「フォーマット」=「データ消去」という認識が生まれ、
データを消去する目的でフォーマットすることも一般的になりました。
このことが、誤解を生む原因になってしまったんじゃないかと思います。

「フォーマット」が物理フォーマットを指すのであれば、「フォーマット」=「データ消去」になります。
でも、現在言われている「フォーマット」は、ほぼすべて論理フォーマットなんです。

フォーマットによって上書きされるデータ

フォーマットは、ハードディスク等の記憶装置に必要なデータを書き込むことによって行われます。
つまり、上書きされるデータがあります。
フォーマットによってデータが完全に消去されるわけではありませんが、
かといって、データがまったく消去されないわけではありません

以下、上書きされるデータです。

復旧を考える場合には、特にインデックスの上書きが致命的になります。

論理フォーマットは、ファイルシステムを初期化する作業なので、
ファイルが何もない状態のインデックスを作成、上書きします。
インデックスが壊れてしまっても、ファイルのデータが上書きされていなければ、
各種ファイル復元ソフトを利用してファイルを復元できるんですが、
ファイルシステムによっては、インデックスにファイルのデータ自体が含まれているため、
ファイル単位でも復元が不可能になります。

また、パーティションの復旧についてはより深刻で、
フォーマットした後、フォーマット前の状態に戻すことはできません
フォーマットによって、パーティションを復旧するために必要な情報がすべて上書きされてしまうからです。
そもそも、それらを新たに書き直す作業がフォーマットなので。
パーティションの復旧が目的であれば、フォーマットは厳禁です。

フォーマット後の復旧可能性

逆に、上記以外の上書きされていないデータについては復元できます。
インデックスは、ファイルが存在しない最小限の状態で上書きされているだけです。
記憶装置内のほとんどの領域は上書きされていません。
このため、多くのファイルは復元可能です。

ただし、ファイルを復元するには、それなりのソフトを使う必要があります。
ほとんどのフリーソフトでは、フォーマット後にファイルを復元することはできません。
削除されたインデックスを見に行くからです。
ところが、そこは新しいファイルシステムによって上書きされているという。

フォーマットをした場合 - ファイナルデータ

ファイナルデータ」のように、現在のファイルシステムを無視してファイルの痕跡をたどることができれば、
記憶装置内に残されているデータからファイルを復元することができます。

ごみ箱から削除したファイルを復元することに比べれば、
上書きされている部分があるため、すべて復元可能なわけではなく、困難な作業になりますが、
復元が不可能なわけではありません。
むしろ、かなりのファイルは復元できることを理解しておくべきだと思います。

ただし、フォーマットによって、
ファイルシステムに関する重要な部分をリセットしたうえで上書きしているため、
完全に元の状態に戻すことはできません。
つまり、ファイルという局所的な復元はできるかもしれませんが、
パーティション全体の復旧はどうやってもできません。

以上まとめると、

  • ファイルは復元できるかもしれない
  • パーティションの復旧は不可能

ということです。

データを消去するには

これまでに書いてきたとおり、フォーマットはデータを消去するためのものではありません。
データを消去することが目的であれば、
フォーマットではなく、データを消去するためのツールを使うべきです。

動作中 - Darik's Boot and Nuke

「Darik's Boot and Nuke」の使い方

こうしたソフトは記憶装置の全域にわたってデータを上書きするので、ファイルの復元すらできなくなります。
もちろん、復元できなくなるだけで、モノとして使えなくなるわけではありません。

データを見えなくするだけであればフォーマットでもいいんですが、
完全に消去するには、少なくともデータを上書きする必要があります。