フォーマットとは何か

何の形式か

「フォーマット」の元々の意味は、形式とか、書式のことです。
会社で決められた書類の雛形のこともフォーマットと言いますが、本来そっちが主です。

パソコン用語のフォーマットも、そこから派生したものです。
昔は情報を書き記すものが紙しかなかったので、
書類の形式、つまり書式がフォーマットだったんですが、
コンピュータが登場すると、電子データについても「フォーマット」という単語を当てはめるようになりました。

しかもややこしいことに、パソコン用語のフォーマットにも、複数の意味があります
パソコン用語におけるフォーマットは、大きく分けて2通り。
それぞれ、

です。

ディスクフォーマット

パソコンでいう「フォーマット」は、ほとんどの場合においてディスクフォーマットを指します。
ハードディスクのフォーマット、USBメモリのフォーマット、SDカードのフォーマット、
すべてディスクフォーマットです。

ディスクフォーマットとは、記憶装置をデータの保存先として使うための形式を定めることです。
より具体的には、物理フォーマット論理フォーマットのことです。
フォーマットをしていない記憶装置は、データの保存先として使えません。

フォーマット

世間一般で言われる「フォーマット」のほとんどは、論理フォーマットです。
ユーザー側にできるフォーマットは、論理フォーマットしかないからです。
従って、フォーマットとは、ファイルシステムを適用することです。
形式そのものではなく、形式の適用を意味する点には注意が必要です。

「フォーマット」=「ファイルシステム」ではない

非常に誤解されていることが多いですが、「フォーマット」=「ファイルシステム」ではありません
たとえば、「フォーマットがNTFS」ってのは誤用です。
言うとしたら、「ファイルシステムがNTFS」です。

もしくは、「NTFSでフォーマット」。
こっちはちょっと意味が変わっちゃいますけど。

NTFSやFAT32、exFAT等は、ファイルシステムの種類です。
フォーマットは、ファイルシステムを決める作業のことです。
混同しないように。

ファイルフォーマット

ファイルフォーマットは、そのまま日本語にしても意味が通りやすく、
いわゆる「ファイル形式」のことです。

ソフトウェアが扱うファイルのデータ形式を定めたもので、
ファイルの拡張子によって区別されます
普通は、拡張子が違えば、ファイルフォーマットも違います。

ファイルフォーマットの例を挙げると、
BMP、EXE、HTMLJPEGMP3PDFPNG、ZIP等、
意識したことがなくても、みんなお世話になっているはずです。
また、各アプリケーションソフトウェアを使ううえでは、
ファイルフォーマットを意識せざるを得ない場合が多いです。
ファイルを開いたり、保存したりする際に。

何が言いたいかというと、
「フォーマット」と一口に言っても、ファイルフォーマットを示すこともあるよ、と。
少数派だとは思いますが、概念としてはそういうことです。