物理フォーマットと論理フォーマットの違い

混同しがち

フォーマットは、誤解されやすいものでもあります。
それは、フォーマットの作業内容が、時代とともに変化してきたからだと思います。

書類のひな形のこともフォーマットと言いますが、
パソコン用語におけるフォーマットは、データを収めるひな形を作るための作業です。
データ上は原点の状態になるので、初期化とも呼ばれます。

ハードディスクのフォーマットには、大きく分けて2種類のものがあります。

それぞれ、初期化する対象が違います
でも、これらが一緒くたにされていることが多いのです。

物理フォーマット

物理フォーマットは、記憶媒体を記憶媒体として使うためのデータの初期化です。
それは論理フォーマットでも同じなんですが、こっちはもっと低レベルな話。
データの保存場所として意味を持たせるものです。

物理フォーマットが行なわれていない記憶媒体は、記憶媒体ではありません。
少なくとも、ソフトウェア的には。
何の秩序もない生の記憶媒体に、データを書き込むうえでの土台となる部分を作る作業が物理フォーマットです。
具体的には、記憶媒体の最小単位であるセクタを定義します。

昔は、物理フォーマットが今よりも一般的でした。

通常のフォーマット - 3.5インチFD

たとえば、今ではもうほとんど見かけることはなくなりましたが、
フロッピーディスクにおける「通常のフォーマット」は、物理フォーマットを含んでいました

フロッピーディスクは、記憶媒体が外気にさらされているプラスチック製の磁気フィルムだったため、
信頼性に乏しい記憶媒体でした。
ただでさえ磁気や熱や紫外線に弱いうえに、リムーバブルディスクとして持ち運ばれることも多く、
ある日突然フロッピーディスクが読めなくなることもありました。
信頼性の低いフロッピーディスクにとって、物理フォーマットは必要な作業でもあったと思います。

一方、現在主に使われているハードディスクは、
フロッピーディスクとは比べものにならないほど信頼性の高い記憶装置です。
高密度化が進んだ現在のハードディスクでは、ユーザー側で物理フォーマットを行うこともできません。
物理フォーマットは生産過程で行われており、以後はその必要もありません。

ただ、物理フォーマットをすると副次的に一切のデータが消えてしまうので、
データの消去目的で物理フォーマットを行うことがありました
これが、そもそもの誤解の発生源だったと思います。
「フォーマット」=「データ消去」という誤解
後述しますけど、論理フォーマットではデータは消えません。

このため、「0」で上書きして単にデータを消去してしまう「ゼロフィル」が、
広い意味で「物理フォーマット」と呼ばれるようになった
部分はあります。
もちろん、厳密には違います。

論理フォーマット

Windowsが行うフォーマットは、ほぼすべて論理フォーマットです。
もちろん、先のフロッピーディスク等を除いて。

フォーマット - ディスクの管理

「エクスプローラ」からであろうと、「ディスクの管理」からであろうと、それは論理フォーマットです。
クイックフォーマットじゃなくても、論理フォーマットです。

論理フォーマットは、ひとことで言うとファイルシステムの初期化です。
Windowsだと、NTFSやFAT32等をよく目にすると思います。
ファイル操作するために必要な作業が、論理フォーマット

この領域は、このルールに基づくという、管理方法の初期化です。
管理方法を初期化しただけなので、管理に関わる部分以外のデータはそのままです。
でも今後は、新しいルールにのっとってデータが保存されていくことになります。

従って、「フォーマットしたからデータは消えている」と思ったら大間違いです。
ほとんどのデータは残っています。
論理フォーマットの場合、やろうと思えば、かなりのファイルを復元できます。