チェックディスクが終わらない

チェックディスクの問題じゃない

Windowsの起動時に、チェックディスクが自動実行されることがあります。
これは、Windowsの起動に関するドライブのファイルシステムに問題がある可能性があるため、
修復を試みるものです。
たとえば、パソコンを強制終了したり、動作不安定なハードディスクを使い続けたりすると、
起動時にチェックディスクが走ります。

起動時にチェックディスクが実行されること自体は、問題ありません。
大半は、ファイルシステムの確認のためです。
まれに、ファイルシステムを修正しないと、ファイルを読み取れない状態になってしまうことがあります。
この場合、チェックディスクは必須の作業です。

問題なのは、チェックディスクがいつまでたっても終わらないこと。
特に、起動時のチェックディスクをキャンセルできるのは、最初のカウントダウン時のみなので、
一旦チェックディスクが実行されてしまうと、
途中でキャンセルすることもできず、どうしようもなくなります。

なぜチェックディスクが終わらないのか

チェックディスクがゆっくりとでも進んでいれば、ひたすら待って完了させたほうがいいです。
でも、どれだけ待ってもチェックディスクが進行している気配がない、
というか、実質止まっている場合があります。

チェックディスクは、ハードディスクのデータを読み込み、
スキャン中のドライブのファイルシステムを検査、修正しようとします。
これら一連の動作が滞りなく行われていれば、チェックディスクは正常終了します。
ファイルシステムに問題があったとしても。

問題が発生するかもしれないのは、ハードディスクのデータの読み出し
いや、ハードディスクのデータを読み出せるのは当たり前で、そのための記憶装置なんですけどね。
ただ、チェックディスクが終わらない場合は、
ハードディスクのデータの読み出しに失敗している可能性が高い
です。

その主な原因は、不良セクタにあります。
特に、ファイルシステム上使われている領域で、
かつハードディスクのファームウェアにセクタ代替処理されていないけど、
データの読み出しに失敗するセクタ。

セクタ代替処理をしない限り、データの読み出しに失敗するわけですが、
そこにはデータが存在しているので、チェックディスクとしてはデータを読み込もうとします。
ハードディスクは、データの読み出しに失敗すると、リトライします。
リトライしても読めないものは読めないので、何度もリトライを繰り返します。

ハードディスクの不良セクタは、特定の領域にまとまって発生することが多いので、
チェックディスクは、ある一定の進捗率で止まったようになります。

といった感じかと。
大きく外れてはいないと思います。

Windowsを起動しない

とにかく、チェックディスクが終わらない状態を放置していても何も変わらない、
というか変わらないから困ってるので、多少荒療治をします

それなりにリスクを伴いますし、特殊な操作も多いので、
自信がない人は第三者に依頼したほうがいいかもしれません。

まず、電源ボタンを長押しするなどして、パソコンを強制終了します。
ハードディスクの動作中に電源を切るのは、あまりほめられたものではありませんが、
一旦電源を切らないと何もできないので。
他に選択肢がないというか。

また、ハードディスクが引っかかってるのは読み出しである可能性が高いので、
実害は少ないかと。
どのみち、読み出しに失敗するセクタですから。

ここで重要なのは、決してWindowsを起動しないことです。
結局、チェックディスクを中断しているので、起動時には再びチェックディスクが走ります。
起動時のチェックディスクをキャンセルしたところで、
チェックディスクが完了しない状態のハードディスクでは、Windowsを起動することは困難です。

というわけで、以降、Windowsを起動せずにパソコンを操作します。

不良セクタに対処する

チェックディスクが完了しないハードディスクには、ほぼ確実に不良セクタが存在します
従って、Windowsとかチェックディスクとかの前に、不良セクタの対処をするのが最優先です。
さもないと、ハードディスクにアクセスしたところで、正常動作しません。

ここでもWindowsを起動せずに対処することが重要で、
内蔵ハードディスク以外のデバイスから各種ソフトウェアを起動して操作します。

不良セクタの確認

まずは、不良セクタの現状を確認します。
特に、ハードディスクそのものの状況を知りたいので、
SMART情報を確認します。

HDAT2

Windowsを起動せずにSMART情報を確認するには、
HDAT2」を使うのが手っ取り早いです。

「HDAT2」によるSMART情報の確認

GSmartControl

あるいは、「Parted Magic」の「GSmartControl」を使ってもいいです。

両方とも、「Ultimate Boot CD」から起動できます。

ハードディスクの操作

不良セクタを確認したところで、状況は何も変わらないので、
ハードディスクに手を加えます
要は、不良セクタを読み込もうとするからチェックディスクも動作停止してしまうので、
不良セクタにアクセスしないようにします

具体的には、下記ページ参照。

不良セクタのあるハードディスクへの対応

データの救出

ここまでの作業が済んだら、あとはハードディスク内の必要なデータを取り出すだけです。
ここでも、内蔵ハードディスクからWindowsを起動せずに作業を行うことが肝要です。

ddrescue」でディスクコピーを行った場合は、すでに別のハードディスクにデータがあるはずなので、
そこから別のWindows等のシステムを使ってファイルをコピーすればいいです。

でも、「HDAT2」等によって不良セクタの修復を行い、
引き続き既存の内蔵ハードディスクを使い続けている場合は、
普通にパソコンを起動すると、内蔵ハードディスクからWindowsを起動してしまいます。
つまり、再びチェックディスクが自動実行されます。

このような場合、先に内蔵ハードディスクから、必要なデータをコピーしておいたほうがいいです。

内蔵ハードディスクのデータ救出

内蔵ハードディスクからの起動をテストするのは、最後でいいです。
不具合を再発させないためにも。