ドライブの「エラーチェック」

「Windows 8」からの仕様変更

Windowsには、ドライブのエラーをチェックする機能があります。
ただし、歴代のWindowsで、その内容は少しずつ変わってきています。
「Windows 8」になって、エラーチェックツールに大きな変化がありました
具体的には、より自動化されました

チェックディスク

「Windows 7」までの「チェックディスク」では、
ユーザー側で何をチェックするのか、何を修復するのかを選ぶことができました。
自由度が高い代わりに、ユーザーにそれなりの知識が求められました。

エラーチェック

しかし、「Windows 8」以降の「エラーチェック」では、
まずドライブをスキャンする必要があるかどうかが判定され、
必要であれば、スキャンを行うようになっています。

ユーザーに知識が必要とされないのはメリットですが、
一方で、困るケースがあります。
込み入ったことをしようとしても、何もできないのです。

「エラーチェック」の手順

ドライブの「エラーチェック」の手順に沿って、何をやっているのかを見ていきます。

まず、エクスプローラ等からドライブの「プロパティ」を選択します。

エラーチェック - ドライブのプロパティ

続けて、「ツール」タブの「チェック」を選択します。

このドライブをスキャンする必要はありません - エラーチェック

指定したドライブに、既知のエラーがあるかどうかが表示されます。
エラーがなくても、引き続き「ドライブのスキャン」を行うことができます。
「ドライブのスキャン」を選択します。

スキャン中 - エラーチェック

ドライブのエラーチェックが行われます。
一般的なディスクのエラーチェックプログラムに比べて、時間はかかりません。
それが問題でもあるのですが。

お使いのドライブは正常にスキャンされました - エラーチェック

スキャンが完了しました。
「詳細の表示」をクリックすると、「イベントビューアー」によってスキャンの詳細が表示されます。
これがまた、微妙というか。

「エラーチェック」の欠点

ドライブの「エラーチェック」には、いくつか欠点があります。

ファイルシステムのチェックしかしない

「エラーチェック」では、ファイルシステムのチェックしかしていません
「イベントビューアー」で確認しても、
空きクラスタのスキャン、つまり不良セクタのチェックは行っていません。
不良セクタのチェックを実行するよう、指示することもできません。

不良セクタの状況がわからない

詳細の表示 - エラーチェック

「エラーチェック」終了後に、「詳細の表示」をクリックすると、
「イベントビューアー」にて対象ドライブのファイルシステムの状況が表示されますが、
なぜか不良セクタの項目だけ表示されません

「chkdsk」実行結果

chkdsk」では表示されるのに。

2つの項目に共通するのは、「エラーチェック」では、不良セクタを取り扱わない点です。
多くの状況では、ファイルシステムのチェックだけでことたりるのかもしれません。
ただし、障害の程度が深刻だったり、より厳密にドライブの状況を調べたい場合には、不十分です。

ドライブのエラーをチェックするには、「chkdsk」というコマンドがあります。

chkdsk e: /r

「chkdsk」と修復オプション

操作性の差以上に、機能が違います
つまり、ドライブの「エラーチェック」は、「chkdsk」の機能限定版といえます。
「エラーチェック」でも、実際に動いてるのは「chkdsk」でしょうし。

何が言いたいかというと、「chkdsk」を使っておいたほうがいいです。
「chkdsk」にできて、「エラーチェック」にはできないことが多いからです。

「エラーチェック」のほうが親切で使いやすいとは思いますが、
やっていることが中途半端なので、結局ユーザーのためになっていない気がします。

ドライブの「エラーチェック」は、ハードディスクのエラーチェックではない

勘違いされていることが多い気がしますが、
ドライブの「エラーチェック」は、ハードディスクのエラーをチェックするものではありません
目的が違います
この間違いが起こるそもそもの原因は、ディスクとドライブが混同されているからだと思います。

ドライブの「エラーチェック」は、
ドライブのファイルシステムのエラーをチェックするためのものです。
ハードディスクのエラーをチェックするには、他の手段をとる必要があります。
具体的には、下記ページにて。

ハードディスクのエラーチェック