「TestDisk」では、MBRのブートストラップローダを修復することも可能です。

実行中 - TestDisk

画面上、「MBR code」という言葉が指しているのがブートストラップローダ、
つまり、OSを起動するためにMBR内に書かれているプログラムです。

ブートストラップローダは、パーティションを構成する情報ではありません。
従って、このページで説明している操作は、
認識しないパーティションを復旧する目的で使うものではない点に注意してください。
パーティションに関する情報が格納されているのはパーティションテーブルであり、
「TestDisk」の場合、「Analyse」で修正します。

ブートストラップローダの修復について、Microsoft推奨の方法は、
回復コンソールから「fixmbr」を使うというものです。※参考: Microsoftサポート
「fixmbr」を実行できれば何も問題はないんですが、
回復コンソールを使う環境がなかなか整わなかったりするので、
ここでは代案として「TestDisk」を使った方法を紹介します。

ライセンスの問題があるので、
「TestDisk」が作成するブートストラップローダは、Windowsが作成するものと同一ではありませんが、
アクティブパーティションのPBRに処理を引き渡すだけの役目なので、正常動作すれば何でもいいのです。

もし、Windows標準のブートストラップローダを書き込みたいのであれば、
Windowsによって操作する必要があります。
Windowsのインストールディスクがなくても、「Windows PE」を使えば可能です。

「TestDisk」について

ここでは、「TestDisk」が起動している状態を前提に話を進めていきます。
具体的には、「TestDisk」のメインメニュー画面から説明を始めます。

「TestDisk」とは何か、入手から起動までについては、下記ページ参照。

「TestDisk」の使い方

ブートストラップローダの修復

ハードディスクの選択まで完了した状態とします。

MBR Code - TestDisk

メインメニューにおいて、「MBR Code」を選択します。

なお、この操作の過程でパーティションテーブルはそのまま保存されます。
変更があるのは、MBRのブートストラップローダのみです。

「MBR Code」を書き込むか? - TestDisk

先頭セクタに、新規にMBRコード(ブートストラップローダのこと)を書き込むか聞いてくるので、
「Y」キーを押します。

「MBR Code」書き込み確認 - TestDisk

確認画面です。
ブートストラップローダを書き込んで問題なければ、「Y」キーを押します。

「MBR Code」が書き込まれました - TestDisk

ブートストラップローダの書き込みが完了しました。

パソコンを再起動して、動作確認します。
ブートストラップローダが原因で起動できなかったのであれば、何事もなかったようにOSが起動するはずです。