「クイックフォーマット」と通常のフォーマットの違い

不良セクタをチェックするかどうか

クイックフォーマット

Windowsには、「クイックフォーマット」という機能があります。
クイックフォーマットは、通常のフォーマットとは似て非なるものです。
ただし、その差はさほど大きくありません
その割に、要する時間は大幅に違います。

結論から申し上げますと、クイックフォーマットと通常のフォーマットの違いは、
副題にも書いてあるとおり、不良セクタをチェックするかどうかです。
不良セクタのない記憶装置に対してフォーマットを行うと、
クイックフォーマットだろうが通常のフォーマットだろうが、得られる結果は同じです。
このため、Windowsはデフォルトでクイックフォーマットを行うようになっています。

クイックフォーマットではデータが残るので通常のフォーマットを行う、という人もいるかもしれませんが、
この認識は正しくありません。
クイックフォーマットに限らず、通常のフォーマットでも、多くのデータは残ります。
そもそも、フォーマットはデータを消去するためのものではありません

フォーマットの目的

Windowsが行うフォーマットは、論理フォーマットです。
クイックフォーマットも通常のフォーマットも、いずれも論理フォーマットです。

Windowsがフォーマットを行うのは、
ファイルシステムを適用し、Windowsがファイル操作できるようにするためです。
そのために必要な作業が、論理フォーマット。

だから、全領域を上書きするような余計な動作をする必然性はなく、
フォーマットに必要なデータを上書きするだけです。
クイックフォーマットは、これを必要最小限の作業に絞り、効率化したものです。

通常のフォーマットに時間がかかる理由

クイックフォーマットではない通常のフォーマットには、かなりの時間がかかります。
このため、通常のフォーマットでは何か特殊な操作が行われていると思われがちです。
でもそのほとんどは、不良セクタを検出するために全領域の読み出しチェックを行っている時間であり、
何か別のデータで大々的に上書きしているわけではありません。

通常のフォーマットでは、一般的に、記憶装置内部でベリファイが行われます。
この過程で読み出しエラーが発生したセクタ、つまり不良セクタは、
記憶装置のファームウェア、及びフォーマット時に指定したファイルシステムに記録されます。
このことで、以降不良セクタを回避して記憶装置を使うことができます。

ファイルシステムに限って言うと、フォーマットの過程で不良セクタが見つかれば、
不良セクタを含むクラスタは使われなくなります。

不良セクタ - chkdsk

それは、「chkdsk」実行後の「不良セクター」として確認できます。
フォーマット時に指定したファイルシステムによって、そのように扱われるのです。
このことで、その後のファイル操作が問題なく行えるようになります。
記憶装置に不良セクタがあったとしても、です。

「クイックフォーマット」じゃダメなのか?

石橋を叩いて渡るように、何がなんでも通常のフォーマットじゃないと気がすまない人もいるかもしれませんが、
そこまでする必要はないと思います。
不良セクタがあるとデータを読み込めないので、不良セクタは避けなければなりません。
でも、フォーマットの時点でそこまでする必要があるのかどうか。

ハードディスク等の記憶装置は、製造過程で物理フォーマットや動作テストを経て出荷されるので、
新品の記憶装置を再度スキャンする必要はありません。
また、使用中の記憶装置に不良セクタが発生すれば、
随時、記憶装置のファームウェアや、ファイルシステムによって適切な処置がなされます。
普通に使っていても、不良セクタが発生する時は発生するので、
あまり神経質になってもしょうがないと思います。

通常のフォーマット - 3.5インチFD

例外があるとすれば、昔よく使われていたフロッピーディスクのフォーマット。
磁気ディスクがむき出しの記録媒体で、磁石はもちろん、ホコリや高温多湿にも弱かったです。
当時学生だった私も、試験機の生データをフロッピーディスクに保存していて読み出せなくなり、
パソコンに詳しい先輩に泣きついたことがあります。(PC98が現役だった。)

現在一般的に使われている記録媒体とは比較にならないほど脆弱だったため、
データを読み出せなくなったフロッピーディスクには通常のフォーマットを行うことがありました。
このフロッピーディスクの通常のフォーマットは、物理フォーマットです。
不良セクタのチェック以前に、セクタを再定義するものなので、
データこそ消えてしまいますが、フロッピーディスクが再び使えるようになることはありました。

クイックフォーマットのほうが効率がいいのは事実です。
フォーマットの目的を果たすことを考えると、クイックフォーマットで十分です。
個人的には、ほとんどクイックフォーマットしか使いません。
ただし、不良セクタがあるとわかっているハードディスクをフォーマットする場合は、
通常のフォーマットをすべき
だと思います。