「クイックフォーマット」と通常のフォーマットの違い

効率を優先するか否か

クイックフォーマット

Windowsには、「クイックフォーマット」という機能があります。
クイックフォーマットと通常のフォーマットの違いは、不良セクタをチェックするかどうかです。
クイックフォーマットが、ファイルシステムの管理情報を書き込むだけなのに対し、
通常のフォーマットは、領域のセクタ読み出しチェックを行った後、ファイルシステムを適用します。

不良セクタのない記憶装置に対してフォーマットを行う場合は、
クイックフォーマットでも、通常のフォーマットでも、得られる結果は同じです。
それなのに、所要時間は大幅に違います。
このため、Windowsはデフォルトでクイックフォーマットを行うようになっています。

通常のフォーマットに時間がかかる理由

クイックフォーマットではない通常のフォーマットには、かなりの時間がかかります。
このため、通常のフォーマットでは何か特殊な操作が行われていると思われがちです。
でもそのほとんどは、不良セクタを検出するために全領域の読み出しチェックを行っている時間であり、
何か別のデータで大々的に上書きしているわけではありません

通常のフォーマットでは、一般的に、記憶装置内部でベリファイが行われます。
この過程で読み出しエラーが発生したセクタ、つまり不良セクタは、
記憶装置のファームウェア、及びフォーマット時に指定したファイルシステムに記録されます。
このことで、以後不良セクタを回避して記憶装置を使うことができます。

ファイルシステムに限って言うと、フォーマットの過程で不良セクタが見つかれば、
不良セクタを含むクラスタは使われなくなります。

不良セクタ - chkdsk

それは、「chkdsk」実行後の「不良セクター」として確認できます。
フォーマット時に指定したファイルシステムによって、そのように扱われるのです。
このことで、その後のファイル操作が問題なく行えるようになります。
記憶装置に不良セクタがあったとしても、です。

「クイックフォーマット」じゃダメなのか?

石橋を叩いて渡るように、何がなんでもクイックフォーマットは嫌だという人もいるかもしれませんが、
そこまでする必要はないと思います。
不良セクタがあるとデータを読み込めないので、不良セクタは避けなければなりません。
でも、フォーマットの時点でそこまでする必要があるのかどうか。

ハードディスク等の記憶装置は、製造過程で物理フォーマットや動作テストを経て出荷されるので、
新品の記憶装置を再度スキャンする必要はありません。
また、使用中の記憶装置に不良セクタが発生すれば、
随時、記憶装置のファームウェアや、ファイルシステムによって適切な処置がなされます。
普通に使っていても、不良セクタが発生する時は発生するので、
あまり神経質になってもしょうがないと思います。

クイックフォーマットのほうが効率がいいのは事実です。
フォーマットの目的を果たすことを考えると、クイックフォーマットで十分です。
個人的には、ほとんどクイックフォーマットしか使いません。
ただし、不良セクタがあるとわかっているハードディスクをフォーマットする場合は、
通常のフォーマットをすべき
だとは思います。