このボリュームは認識可能なファイルシステムではありません

アクセスできません

このボリュームは認識可能なファイルシステムではありません。必要なファイルシステムドライバーがすべて読み込まれているか、ボリュームが壊れていないか確認してください。

ドライブにアクセスしようとすると、
「このボリュームは認識可能なファイルシステムではありません」と表示されることがあります。
これは表示のとおり、Windowsがファイルシステムを認識できないことを示しています。
ちなみに、ボリュームとは記憶装置の論理的な領域のことで、
「ボリューム」=「ドライブ」と置き換えて読んでもらっても構いません。

「必要なファイルシステムドライバーがすべて読み込まれているか、
ボリュームが壊れていないか確認してください」だそうですが、
ほとんどの場合において、ファイルシステムドライバーなるものを読み込まなければならないわけではなく、
後者の、ボリュームが壊れているのが実態です。
少なくとも、Windowsが起動できているのであれば、
NTFSをファイルシステムとして認識しているはずなので。

つまり、このエラー表示内容は、
「ドライブのファイルシステムが壊れている」と言い換えることができます。
このままの状態ではドライブにアクセスできないので、何らかの手を打つ必要があります。

ドライブ F: を使うにはフォーマットする必要があります。フォーマットしますか?

直前に、「ドライブ○を使うにはフォーマットする必要があります」とも表示されますが、
フォーマットは、当該ドライブを使うためのひとつの手段です。
ただし、フォーマットすると、データもリセットされてしまいます。
ドライブ内に必要なデータがある場合は、フォーマットせずにファイルシステムを修復する必要があります。

ファイルシステムを認識できるよう修正する

「このボリュームは認識可能なファイルシステムではありません」と表示されるということは、
ファイルシステムを認識する初期の段階でつまずいています
少なくとも、Windowsがファイルシステムを判別できているのであれば、
ファイルシステムに異常があっても、別のエラーが表示されるか、自動的に修復を試みるからです。

ファイルシステムを定義する情報は、記憶装置内の特定の部分にまとめて保存されています。
従って、これらの情報を修正すれば、ボリュームのファイルシステムを認識できる、
つまり、ドライブにアクセスできるようになるかもしれません。

ボリューム及びファイルシステムの情報を修正するには、「TestDisk」が適しています。

TestDisk

「TestDisk」の使い方

ただし、認識しないドライブを認識できるように修正可能ということは、逆もまた然りで、
「TestDisk」の操作を誤ると、現在正常なドライブが認識できなくなることもあるので、
注意してください。

ファイルの復元

「TestDisk」で修正できるのは、ボリュームとファイルシステムに関する一部の情報だけです。
ドライブ全体を復旧できない場合は、ファイル単位で復元するしかありません。

ファイルシステムに問題のある領域からファイルを復元するには、
ある程度高機能なファイル復元ソフトを使う必要があります。
ここでは、「ファイナルデータ」を使っています。
不良セクタのあるハードディスクにも対応しています。

ファイナルデータ

ダウンロードページ ファイナルデータ
当サイト内解説 「ファイナルデータ」の使い方

ドライブの修復

Windows自身も、「chkdsk」というファイルシステム修復ツールを持っています。
修復オプションを指定して「chkdsk」を実行することで、
ドライブを認識できるようになる可能性があります。

具体的には、コマンドプロンプト(Windows PowerShell)を管理者として実行し、

chkdsk f: /f

chkdsk (対象のドライブ) /f

と入力して「Enter」キー

ただし、「chkdsk」はクセのあるプログラムです。
詳細は下記ページ参照。

「chkdsk」と修復オプション

前提として、「chkdsk」は記憶装置のデータを上書きします
実行後に元には戻せません。
「chkdsk」は、「TestDisk」や「ファイナルデータ」よりもリスクが高いため、
この順番で書いています。

また、「chkdsk」で修復できる情報も限られています。

ファイルシステムの種類はRAWです。RAWドライブにCHKDSKは使用できません。

「RAWドライブにCHKDSKは使用できません」と表示される場合は、
「chkdsk」で修復することはできません。
先に、「TestDisk」による修復を試みてください。
「TestDisk」と「chkdsk」では、修復の対象が異なりますので。

データの復旧

ボリュームのファイルシステムを認識できなくなるのは、論理障害に限ったことではありません。
物理障害、つまり故障でも、ファイルシステムを認識できなくなります
結局、ファイルシステムを認識するために必要なデータを読めないのは同じなので。

これまでに書いてきた内容は、ハードディスク等記憶装置の故障に対しては無力です。
現時点で入出力できるデータを取り扱うもので、記憶装置の状態を根本的に改善するものではありません。

記憶装置そのものに問題がある場合は、
記憶装置を分解して、不具合のある部品を交換する等の作業が必要です。
当然、交換部品や、専用の機器が必要になります。

データの重要度が高く、記憶装置に問題があると考えられる場合は、下手に手を加えず、
「デジタルデータリカバリー」さんのような、データ復旧業者に依頼したほうがいいと思います。

ハードディスクのデータ復旧作業 - デジタルデータリカバリー

デジタルデータリカバリー