動作不安定なハードディスクのデータ救出

データを読めないのか、ファイルを読めないのか

動作不安定なハードディスクからデータを救出する際は、
通常の方法ではデータの転送がままならないことがあります。
ファイルのコピーに失敗する場合は、
Windowsのエクスプローラ等を継続使用しないでください

エクスプローラ等のファイラー(ファイルマネージャ)は、
記憶装置とのデータの入出力に異常がない前提で作られています。
ファイルシステムが正常に機能していないハードディスクに対しては、無力です。
無理にコピーを試みても、エラーを吐くかフリーズするかで、事態は進展しません。
ハードディスクに負荷をかけるだけです。

まず、物事には順序があります。
そもそも、ハードディスクが動作不安定になる原因が、
ハードウェアにあるのか、それともソフトウェアだけの問題なのか、
区別する必要があります。

ハードディスクの動作確認

データの救出を試みる前に、確認すべきことがあります。
ハードディスクが、正常に動作しているかどうか

結局、ハードディスクからデータを読み出せなければデータをコピーしようがないので、
ハードディスクが正常動作しているのか、
また、不具合があるのであれば、どこにどんな問題があるのかを調べるのが先です。
具体的には、下記ページ参照。

ハードディスクの故障診断手順

ただし、ハードディスクのスキャンはしなくていいです。
というか、してはいけません。

ここでは、ハードディスクの使用可否判断をしたいわけではなく、
データの救出を何よりも優先したいので。
ハードディスクに負荷をかけるような作業は避け、やるとしても極力後回しにします。
結局、データ救出時には嫌でもハードディスクをスキャンしなければなりませんから。

重要なのは、ハードディスクそのものに問題があるのか、
ドライブ内のファイルを読めないだけなのか、
その違いを見極めること
です。

読み出しが不安定なハードディスクのデータを救出する

ハードディスク自体に問題がある場合は、
正常なハードディスクへデータをコピーすることを最優先してください

ファイルの復元等の復旧作業を試みるのは、その後です。
ハードウェアの問題が先、ソフトウェアの問題が後
じゃないと、基礎の部分が不確かなまま作業を行うことになり、結果を信用できません。

ハードウェアの不具合は、放っておいても状況が良くなることはありません
今読めているデータが、今後も同じように読み出せる保証はありません。
特に、動作不安定なハードディスクだと。
すぐ復旧作業に取りかかりたい気持ちはわからなくもないですが、
ハードウェアの問題は取り返しのつかない結果を招くことがあるので、
優先順位を間違えないでください。

ハードディスクの不具合で、データの読み出しに問題が発生していると考えられる場合、
特にデータを読めたり読めなかったりする場合は、
データを正常に読めない前提で動作するツールを使う必要があります。

たとえば、「ddrescue」とか。

ddrescue

「ddrescue」の使い方

根本的にはハードウェア障害なので、ソフトウェアですべて対処できるものではありませんが、
ハードウェア障害をできるだけ回避するためのソフトウェアだとご理解ください。

ファイルシステムに問題があるハードディスクからファイルを復元する

ハードディスクが動作不安定になるのは、必ずしもハードディスクだけに原因があるわけではありません。
ハードディスクは正常動作していても、データの転送に失敗することがあります。
より正確には、ファイルの転送に失敗します

一般的に、ユーザーがハードディスクのデータを取り扱うのは、ファイル単位です。
ファイルを操作できるのは、ファイルシステムのおかげです。
Windowsだと、NTFS、FAT32、exFAT等がよく使われています。
これらファイルシステムに問題が発生すると、
ファイルを操作できなくなるか、不完全な状態におちいります。

ちょっとややこしい話ですが、
ファイルシステムに問題があっても、ハードディスクのデータは転送できます
論理的に問題があっても、物理的にデータの転送はできる、ということです。
従って、前述の「ddrescue」等は、ハードディスクのデータが論理的にどういう状態だろうと、
物理的にデータのコピーを行うことができます。
ファイルシステムに依存しないので。

ところが、ユーザーが通常用いるエクスプローラ等のファイラーは、
ファイルシステムに則って動作しているので、
ファイルシステムに問題があると、ファイルを操作できなくなり、コピーもできなくなります。

ファイルシステムが正常に機能していないハードディスクからファイルを抽出するには、
ファイル復元ソフトを使います。
それも、ある程度高機能なものを使う必要があります。
既存のファイルシステムを無視してファイルを抽出する必要があるからです。

ただし、ファイルを復元するには、ハードディスクが正常動作していなければなりません。
繰り返しになりますが、ハードディスク自体に問題がある場合は、
事前に正常なハードディスクへデータをコピーしてから、ファイルの復元作業にあたってください。

「ファイナルデータ」を使う

ファイルシステムに問題があるドライブからファイルを復元するのに最も適しているのは、
「ファイナルデータ」
だと思います。

ファイナルデータ

ダウンロードページ ファイナルデータ
当サイト内解説 「ファイナルデータ」の使い方

ネックがあるとすれば、ファイナルデータは有料のソフトだということ。
ただその代わり、複数のアプローチからファイルを復元することができます。

「PhotoRec」を使う

とにかくファイルを抽出するだけであれば、「PhotoRec」は非常に有能です。

PhotoRec

「PhotoRec」の使い方

こちらは無料で使うことができます。
ただし、非常にクセのあるソフトです。
一般的なファイル復元ソフトと同じようには考えないほうがいいです。

特に、ファイル名は失われるので、そのつもりでいてください。