SDカードは使用機器から抜き挿しされることが多いため、
内蔵ハードディスクのように常に接続が確立されているものと比べると、不安定な記憶媒体だと言えます。

また、SDカード使用機器がバッテリー駆動だったりするので、
電気の力で記録するフラッシュメモリなのに、
電力供給が不安定な環境にあることが多い
という矛盾を抱えています。

特にデジカメなんて、シャッターを押した瞬間に、
CCD/CMOSから画像処理プロセッサからフラッシュメモリへの記録まで、
一気に大仕事が回ってきます。※バッファはあるわけですが、それでも。
シャッターを押してからSDカードを認識しなくなったなんてのは、比較的よくある話です。
実際にそう言って店頭に持って来られたこともあります。

カードが異常です

デジカメ等で「カードが異常です」と表示されても、本当にメモリーカードが異常かどうかとは別問題です。
メモリーカードの内容が、使用機器にとって扱えないデータ形式になっていたら、
その時点ですべて「カードが異常」だということになってしまう
からです。

フラッシュメモリの書き換え耐性がハードディスクに比べて大きく劣ることもあり、
「SDカードを認識しない」=「SDカードの寿命」とされてしまいがちですが、
本当にそうなのかは調べてみる必要があります。

ハードウェアの問題

まず、SDカード内のデータがどうこう言う前に、確認しておくべきことがあります。

規格が違う

SDカードには、何種類もの規格が存在します。
基本的に、上位互換性は保たれています。
でも逆に、旧規格しか対応してない製品に新規格のSDカードを挿入しても、正しく認識されません

以前に比べると、メモリーカードの価格はずいぶん安くなりました。
だから購入時にはどうせならと、容量の大きいSDHC、SDXCカードを選んでしまいがちです。
でも、SDHC、SDXCカード非対応の製品では、
メモリーカードを物理的に挿入できても、使用することはできないのです。

SDカードが普及してきた初期の頃の製品は、すべてSDHC、SDXCカード非対応です。※規格自体がなかったので、当たり前。
また、現行製品でもSDHC、SDXCカードに対応していない場合があるので、要注意です。
特に、大きなデータを保存する必要のない製品ポメラとか)では、
SDHCカードにすら対応する必要がないため、実際に対応してなかったりします。

SDカードの規格の違いは、対応するファイルシステムの違いと言っていいです。

SD(~2GB) FAT16
SDHC(4~32GB) FAT32
SDXC(64GB~) exFAT

つまり、FAT32に対応したSDカードがSDHCであり、exFATに対応したSDカードがSDXCだということです。

従って、2GBを超える容量のSDカードは、必然的にSDHCカードになります。
FAT16(クラスタサイズ32KB)が、2GBまでの領域しか扱えないからです。
逆に言えば、SDカードの規格の違いは、ソフトウェア的な違いによるものが大部分を占めています。
現に、SDHC、SDXCカード未対応の製品でも、
ファームウェアのアップデートで対応できる場合があります。※カシオ、リコーのデジカメとか。

かといって、上位カードを未対応製品に適合するファイルシステムでフォーマットすれば使えるのかというと、
そういうわけではありません。
当然ですが、使用する製品が対応しているSDカードを、正しく使う必要があります

カードリーダーを疑う

SDカードが認識されないと、SDカードの方ばかりに目が行ってしまいがちですが、
意外とカードリーダーが正常動作していない場合があります。

必ず、別のSDカード使用機器を使って動作確認します。
パソコン、デジカメ、プリンター、何でもいいです。
複数のSDカード対応機器を使っても、やはり当該SDカードを認識しないのか、
SDカード固有の問題なのか、確認します。

現状把握

現時点において、SDカード内のデータが論理的にどう認識されているのか、確認します。
Windows上でこれらの情報を得るには、「ディスクの管理」を使うのがいいです。

「ディスクの管理」について

ディスクの管理

「ディスクの管理」でSDカードが正しく認識されていないと、Windowsで使うことはできません。
ファイルシステムが「RAW」だったとしても、まだ復旧可能性は残っています。
重要なのは、「ディスク」として容量が表示されていること。
逆に、「ディスク」の容量が表示されなければ、以下の操作を行っても意味がありません。
「ディスク」としての表示もなければ、どうしようもありません。

ちなみに、「ディスクの管理」からでもフォーマット等の操作はできますが、
論理障害のあるSDカードに対しては正常動作しない場合があるので、下記方法を使ったほうがいいです。

論理障害

以上の確認を経て、認識されないのがSDカード自体の問題だと特定できたら、SDカードに手を加えていきます。
方法は大きく分けて2通り。

  • まっさらなSDカードとして新たにデータを書き直す
  • 問題のある箇所のデータを書き換えて認識できるようにする

もちろん前者のほうが簡単で、そのためのツールもあります。

フォーマットする

SDカード内のデータが不要であれば、フォーマッタを使うのがいいです。
フォーマッタとは、フォーマット専用ツールのことです。
Windowsではフォーマットできなくても、フォーマッタを使うとフォーマットできることがあります

というか、Windowsのフォーマット機能にはクセがあるので、
SDカードならSDカード用のフォーマッタを使ったほうがいいです。
認識できないのなら、問答無用で。

SDカードの規格を作ったSDアソシエーションから、SDカード用のフォーマッタが提供されています。
つまり、SDカード公式のフォーマッタです。

トップページ SDアソシエーション
ダウンロードページ SDカードフォーマッター

インストールしなきゃいけないのが玉にキズ。
当たり前ですが、SDカードに特化して作られています。
規格の項で書いたとおり、SDカードは容量によって異なるファイルシステムを使用していますが、
このSDカード専用フォーマッタは、自動的に適切なファイルシステムを選択してフォーマットしてくれます

SDカードフォーマッター

基本的に、初期設定のままフォーマットすればいいです。
認識しないものを認識させる目的においては、クイックフォーマットで十分です。
SDカードを認識するために必要なデータだけ上書きすればいいからです。

ちなみに、「上書きフォーマット」は、文字通り領域内すべてのデータを上書きします。
データを完全消去したい場合にどうぞ。

復旧する

パーティションの修復

ドライブ F: を使うにはフォーマットする必要があります。フォーマットしますか?

SDカードを丸ごと認識しないのは、パーティションを認識できないからです。
論理障害か物理障害かは置いといて、まずその接続された記憶装置が何なのか、
最初に読み取るべき情報が読み取れないと、使用機器側としても当然認識できなくなります。

パーティションに関する情報は、ブートセクタに保存されています。
従って、ブートセクタを修正すると、SDカードを認識できる可能性があります。
ただし言うまでもなく、SDカードが物理的に壊れていない場合に限ります。

TestDisk

ブートセクタを修復するツールとして、「TestDisk」があります。

「TestDisk」の使い方

ファイルシステムの修復

F:\ にアクセスできません。ファイルまたはディレクトリが壊れているため、読み取ることができません。

SDカードで主として用いられているFATは、シンプルなファイルシステムで、
NTFSのようにロールバック(障害発生前の状態に戻すこと)できるような仕組みを持ち合わせていません。
だから、もともと不整合が起こりやすいファイルシステムではあります。
そのうえ、SDカードは抜き挿しされることが前提のメディアなので、
データ書き込み中に接続が途絶えると、ほぼ確実にファイルシステムに問題が生じます

Windowsは、「chkdsk」というファイルシステム修復ツールを持っています。

「chkdsk」と修復オプション

「chkdsk」は、極力既存のデータを保持したまま、ファイルシステムの修復を試みます。
ただし、ファイルシステムに問題がある状態では、ユーザーにとって必要なデータ領域がわからないため、
「chkdsk」の実行過程で必要なファイルが消えることがあります

chkdsk - SDカード

これは、ファイルシステムに問題があったSDカードを「chkdsk」で修復した実例です。
途中、「破損チェーンをファイルに変換しますか」のところで「Y」を選択し、
結果5個のファイルを回復していますが、一連の作業は全自動です。
必要なファイルを狙って回復できるわけではありません。
そもそも、「chkdsk」は以後のファイル操作を正常に行えるようにするための作業です。

SDカード内のデータの重要度が高い場合は、事前にファイル復元ソフトで必要なデータを取り出した後、
「chkdsk」を実行すべきです。

ファイルの復元

SDカードを元通り認識させることができなければ、現時点で認識できるファイルを復元するしかありません。
正常に認識できない領域からファイルを抽出するには、ある程度高機能なソフトウェアが必要です。

ファイナルデータ

たとえば、「ファイナルデータ」でそれができます。

ダウンロードページ ファイナルデータ
当サイト内解説 「ファイナルデータ」の使い方

物理障害

これ、データ復旧業者さんも困ってるんじゃないかと思います。
SDカードの中身、主たる構成要素は、コントローラチップとフラッシュメモリチップです。
コントローラチップが壊れてても、フラッシュメモリチップが死んでいなければ、
専門業者さんはフラッシュメモリチップからデータを抽出してくれます。

ところが近年、これがどんどん困難になってるんじゃないかと思うわけです。
理由は、microSDカードの普及と、SDカード内部構造の変化。

microSDカードは、SiPで作られています。
SiPとは、乱暴に言うと、いろんな素子をまとめて樹脂モールド(封止)することです。
microSDカードのように薄くて小さいと、従来のように基板上に実装するやり方では無理があります。
microSDカードには外装ケースもなく、モールド成形した状態がそのまま製品です。

SDカードは、昔は基板に表面実装していたものがほとんどだったと思います。
従って、コントローラチップとフラッシュメモリチップは別々でした。
ところが、高集積化が進み、microSDカードのようにSiPで作られるものが多くなってくると、
標準サイズのSDカードもSiPで作る流れになってきます。
耐久性の面でも、素子がすべてモールド樹脂で覆われているSiPのほうが有利ですからね。

データレスキューセンターさんのページに書かれているところの、
「通常タイプ」から「完全モールドタイプ」が増えてきているんじゃないかと考えられるわけです。
これは、フラッシュメモリからデータを取り出すことが困難になってきていることを意味します。
不可能ではないにしても、相応の技術力は必要ですし、コスト高になるのは間違いありません。