ディスクはフォーマットされていません

今すぐフォーマットしますか?

ドライブ F のディスクはフォーマットされていません。今すぐフォーマットしますか?

ドライブにアクセスしようとすると、
「ディスクはフォーマットされていません」と表示されてしまうことがあります。
文字通り、Windowsにはフォーマットされていないと認識されているので、
このままではアクセスもできません。

表示されているのは、今まで問題なく使えていたドライブだったりします。
ということは、もちろんフォーマットされていたはずですが、
この表示が出る以上、Windowsにはそう判定されていません。

しかも、「今すぐフォーマットしますか?」と、フォーマットを催促してきます。
データが消えても問題なければ、フォーマットしても構いません。
フォーマットによって、再びドライブが使えるようになる可能性は高いです。

ただ実際には、ドライブ内のファイルが必要なケースが多いと思います。
当然、そのままフォーマットしてしまってはまずいわけで、
どうやったら復旧できるのかを考えなければならなくなります。

「ディスクはフォーマットされていません」と表示される原因

フォーマットされていないと表示されるのは、
Windowsがファイルシステムを認識できないからです。

ファイルシステムを定義する作業がフォーマット。
逆に言うと、フォーマットされていないということは、ファイルシステムが定義されていません。
ファイルシステムが定義されていないドライブは、ファイルの保存先として使うことができません。
実質、ドライブを使えないに等しいです。

「ディスクはフォーマットされていません」と表示されるパーティションを、
ディスクの管理」で確認してみます。

ドライブ F のディスクはフォーマットされていません。今すぐフォーマットしますか?

「Fドライブ」が、対象のパーティションです。
パーティションは存在しているものの、ファイルシステムが表示されない状態となっています。

ファイルシステムを認識できるよう修正する

Windowsが認識できなくなったドライブのファイルシステムに関する情報を元に戻すことを考えると、
Windows標準の機能ではできることに限りがあります。
それに適したツールを使ったほうがいいです。

具体例を挙げると、「TestDisk」を使うのがいいと思います。

TestDisk

「TestDisk」の使い方

使い方には多少注意が必要ですが、
認識できなくなったドライブを修正する目的においては、
「TestDisk」の右に出るソフトはないような気がします。

ファイルの復元

論理障害であれば、「TestDisk」で復旧できるケースは多いですが、
物理障害で「ディスクはフォーマットされていません」と表示されることもあります。
この場合、記憶装置に対して正常な読み書きができないので、
データを修正して元の状態に戻せる状態ではありません。

正常な読み込みができていないと考えられる場合は、
「ファイナルデータ」でファイルの復元を試みたほうがいいと思います。
不良セクタのあるハードディスクからでも、ファイルを復元することが可能です。

ファイナルデータ

ダウンロードページ ファイナルデータ
当サイト内解説 「ファイナルデータ」の使い方

注意点は、ドライブのファイルシステムに問題があるので、

  1. 「ファイルの復元」
  2. 「フォーマットをした場合」
  3. 物理ドライブを選択 ※ドライブレターが割り当てられておらず、製品型番等が表示されているもの。

として実行すること。
論理ドライブを選択すると、現在のファイルシステムを見に行ってしまいますので。

ファイルシステムの修復

Windows標準のファイルシステム修復ツールとして、チェックディスクがあります。

chkdsk c: /f

「chkdsk」と修復オプション

場合によっては、これだけで復旧できます。

ただし、チェックディスクの目的は、ファイルシステムの正常化のみです。
ファイルを復元するどころか、むしろファイルが消失してしまう可能性があることを認識しておいてください。