現在、ほとんどの内蔵ハードディスクはSATAで接続されています。
SATAはハードディスク本来の接続規格なので、
USB接続の外付けハードディスクみたいにプロトコル変換が必要なものと比べると、
極めて安定した通信が行えます。

従ってほとんどの場合、内蔵ハードディスクを認識しないというのは、
デバイスドライバの問題でハードディスクのコントローラを認識できないわけではありません。
その多くは、ハードディスクのコントローラにアクセスしてはいるけど、
ハードディスク内のデータを正しく読み取れない状態です。
つまり、デバイスは認識しているが、ドライブとしてマウントできない状況。

また、内蔵ハードディスクならではの問題として、パーティションがあります。
USBメモリやSDカードを含めた外付けの記憶装置は、基本的に記憶領域がパーティションで分割されていません。
一方、内蔵ハードディスクでは、システムパーティション、ブートパーティション、回復パーティション等、
複数のパーティションが存在するのが普通です。
Windowsは起動するけど、特定のパーティションのみ認識しないこともあります。

ここでは、特にパーティションの論理構造を念頭に置いて、内蔵ハードディスクの復旧方法を書いていきます。

現状把握

何はともあれ、現在の状況がわかっていないと、適切に対処することができません。
ハードディスクの論理構造がどのようにWindowsに認識されているかを調べるには、
「ディスクの管理」を確認するといいです。

「ディスクの管理」について

「コンピュータ」や「PC」上に表示されなくても、「ディスクの管理」では確認できる場合がほとんどです。
少なくとも、致命的な物理障害がなく、ハードディスクが記憶装置デバイスとして認識されていれば、
「ディスクの管理」内には表示されます。

ディスクの管理

特に、内蔵ハードディスクではパーティションが複雑に設定されていることが多いです。
「ディスクの管理」では、これらパーティションに関する情報を一覧表示で確認することができます。

たとえ表示内容に問題があっても、アクセスできなくても、復旧を試みるうえで、現状を知ることが第一歩です。
最低でも、「ディスクの管理」で正常表示される状態にもっていかないと、
対象のハードディスクにアクセスすることはできません
ので。

新品の内蔵ハードディスクを増設した場合

新品の内蔵ハードディスクは、外付けハードディスクと違って、何のデータも書き込まれていません。
フォーマットされてないどころか、MBRすら書き込まれていません。
このため、新品の内蔵ハードディスクを増設しただけでは、「コンピュータ」や「PC」内には表示されません。
少なくとも、パーティションを設定して、ハードディスク内の領域をドライブとして利用できるようにする必要があります。

この操作は、前述の「ディスクの管理」で行います。
特に、MBRが存在しないディスクでは、ディスクの初期化が求められます。
「ディスクの管理」を起動すると、自動的に「ディスクの初期化」ウィンドウが表示されます。

ディスクの初期化

画面指示に従ってディスクの初期化を行い、続けてパーティションの作成、フォーマットを行ってください。
すると、エクスプローラ上にドライブが現れ、通常のファイル操作が行えるようになります。

論理障害

論理障害、つまりソフトウェア上の不具合について。

パーティションの修復

内蔵ハードディスクの特定のパーティションのみ認識できなくなった場合は、
パーティションテーブルが破損している可能性があります。

TestDisk

パーティションの復旧に関して非常に高機能なソフトに、「TestDisk」があります。
何を隠そう、私が「TestDisk」を知ったきっかけも、
職場で「Dドライブ」が消えたパソコンの復旧作業を押し付けられたからです。

特に、ここでは内蔵ハードディスクのパーティション構造が複雑な場合を例に挙げて解説しています。
内蔵ハードディスクからWindows等のOSを起動できなくても、「TestDisk」は使用可能です。

「TestDisk」の使い方

ファイルの復元

Windows上では認識しない領域からでも、ファイルを復元することは可能です。
ただし、ある程度高機能なソフトを使う必要があります。
というのも、ドライブとして認識していない領域からファイルを復元するには、
パーティションを認識してドライブをマウントするか、ディスク全体を復元対象として扱う必要があるからです。
これが実行できるファイル復元ソフトは、かなり限られます。

日本語環境で有名なものとしては、ファイナルデータがあります。

ファイルシステムの修復

ファイルまたはディレクトリが壊れているため、読み取ることができません。

ファイルシステムの破損個所によっては、
上記画像のように、ドライブ全体にアクセスできなくなってしまうこともあります。
また、ルートディレクトリに限らず、特定のフォルダやファイルにアクセスできなくなることもあります。

この状態を修復するには、「chkdsk」を使います。

「chkdsk」と修復オプション

chkdsk (NTFS)

ただし、これは元の状態に戻す操作ではありません
ファイルシステムを修復した結果、正常なアクセスができるようにはなりますが、
その過程で問題のあったフォルダやファイルが削除されてしまうことが多いので、注意してください。
このため、先に必要なデータは退避させておくべきで、前述のファイルの復元のほうが優先度は高いです。

フォーマットする

パーティションとしてはWindowsに認識されており、かつドライブ内のデータが不要な場合は、
フォーマットすればドライブを使うことはできます。
ただし、復旧が目的なら、フォーマットしてはいけません。

現状ではドライブを認識できないので、一旦フォーマットしてドライブを認識できるようにしてから、
復旧作業を試みようとする考えはわからなくもないです。
実際、そのように言われることもありますし、当サイトの掲示板でも同様の意見が寄せられることがあります。

でも、フォーマットはデータを上書きする、データに変更を加える操作であり、
元に戻すという意味の復旧とは相反する行為です。
フォーマットしたから復旧できなくなることはあっても、
フォーマットしたから復旧しやすくなることはありません
ので、あしからず。

物理障害

物理障害、つまりハードディスクの故障について。

SMART情報の確認

問題のあるハードディスクを、外から判断するのは難しいです。
でも、SMART情報を確認すると、通常は知り得ないハードディスク内部の状況を知ることができます。
ちなみにSMARTとは、ハードディスクのファームウェアによって実現される自己診断機能のことです。

CrystalDiskInfo

SMART情報確認ツールとしては、「CrystalDiskInfo」が便利です。
表示内容のわかりにくい部分については、下記ページ参照。

「CrystalDiskInfo」の見方

SMART情報を確認することで、論理障害か物理障害かの判断が可能になります。
その結果次第では、今後の対応の仕方を考えるべきです。