外付けハードディスクは、内蔵ハードディスクと違って、
接続するだけで簡単に増設でき、技術的な知識もほとんどいりません。
でも一般的に、人間にとってわかりやすいものは、機械にとってわかりにくいのです。
これが問題になるのが、不具合が発生した時です。

外付けハードディスクは内蔵ハードディスクに比べて部品点数が多く、
不具合の原因となりえる箇所もその分多いです。
そもそも部品点数が多いのは、プロトコル変換をしなければならないからで、
内蔵ハードディスク単体の場合に比べ、常に複雑な動作をしています。
必然的に、外付けハードディスクの方が不安定になりやすいです。

でも複雑な動作をしている分だけ、認識しない外付けハードディスクには、確認すべき点が多くあります
復旧を考えた時、とり得る選択肢は多いほうがいいです。
やるべきことが多いとも言えますが。

デバイスとして認識していない

まず確認すべきは、デバイスとして認識しているかどうか。
デバイスとして認識していなければ、パソコンからは何もすることができません。

ほとんどの外付けハードディスクは、USB接続だと思います。
USB接続のハードディスクは通常、
接続しただけで、Windowsが自動的に認識し、使えるようになります。
これは、Windows(2000以降)がUSBマスストレージクラスドライバを持っており、
外付けハードディスクが接続された時点で、ただちに当ドライバをインストールし、
使えるようにしている
ためです。

「コンピュータ」内にそれらしきドライブが現れない場合は、接続自体を疑う必要があります。
つまり、ここではUSB接続です。

「デバイスマネージャ」を起動します。
確認すべき場所は、
「ユニバーサルシリアルバスコントローラー」「USB大容量記憶装置デバイス」とか、
「ディスクドライブ」の中とかです。
とにかく、USB接続を疑っているので、「USB」という名がついている部分を順に見ていきます。

USB大容量記憶装置デバイス不具合 - デバイスマネージャ

その中で、アイコンに「?」や「!」がついて表示されているものがあったら、
USB接続デバイスとして正常に認識していない
ことを意味します。
ちなみに、

ドライバが見つからない
ドライバに問題がある

ということです。

そんなときは、

  1. アイコンに「?」「!」が付いているデバイスを選択
  2. 「Delete」キー ※右クリックメニューから「削除」でも可。
  3. 「OK」

として、ドライバを削除してください。

前述のとおり、このドライバは元々Windowsが持っているものですから、
ここでドライバを削除しても、次回接続したときにWindowsによって再インストールされます。
また、デバイスマネージャでの削除は関連付けの削除であって、
ドライバファイル本体の削除ではありません。
だから、ドライバを削除することに対して変に警戒する必要はありません。
今現在がおかしな状態なら、問答無用で削除すべきです。

USB大容量記憶装置デバイス - デバイスマネージャ

ドライバを削除した後、一旦USBケーブルを抜き、再び接続すれば、
外付けハードディスクを認識するかもしれません。

また、デバイスマネージャ内に外付けハードディスクらしきものが現れない、
つまりパソコン側に何の反応もない場合は、
USB端子の損傷や、USBケーブルが断線している可能性があります。
接続するUSBポートを変更したり、USBケーブルを交換してみてください。

現状把握

外付けハードディスクがデバイスとして認識されていれば、「ディスクの管理」内にも表示されるはずです。
「ディスクの管理」は、パソコンに接続されたハードディスクがどのように認識されているかを確認する方法として、
非常に有力です。

「ディスクの管理」について

なんといっても、外付けハードディスク等の外部記憶装置に対して、
Windowsから見た状況を把握できるからです。
従って、「ディスクの管理」で認識できていないハードディスクは、Windows上では使えません。
また、問題があったとしても、「ディスクの管理」上でどのように表示されているかが、
今後の作業を進めて行くうえで大きな手がかりになります。

ディスクの管理

詳細はリンク先ページに書いてありますが、「ディスク」としてどうなのか、「ドライブ」としてどうなのか、
パーティションはどうなのか、ファイルシステムはどうなのか、
すべて「ディスクの管理」から確認できます。
あくまでも、Windowsから見た情報に限りますが、それが重要。

論理障害

論理障害とは、ソフトウェア障害、つまりデータの不具合です。
現状、ハードディスクの中身を見ることができなくても、
論理障害であれば、復旧可能性はあります。

外付けハードディスクであっても、中身は内蔵ハードディスクと同じです。
ハードディスク内のデータ構造も、内蔵ハードディスクとまったく同じです。※NASを除く。

復旧する

ブートセクタの修復

フォーマットする必要があります

外付けハードディスクの領域全体にわたって認識できない場合、
たとえば、「ドライブ○を使うにはフォーマットする必要があります」等の表示がある場合は、
ハードディスク内のデータを読む最初の段階でつまずいている可能性があります。

また、「ディスクの管理」を起動した瞬間にディスクの初期化を求められる場合は、
ハードディスクのMBRを認識できていません。

これらブートセクタの修正に特化したツールとして、「TestDisk」があります。

「TestDisk」の使い方

ファイルの復元

厳密に言えば、ファイルの復元は、データを元通りに戻すという意味での復旧とは異なりますが、
次項の作業をする前に必要なデータは退避させておくべきなので、ここに書きます。
また、復旧が不可能な場合も、取り出せるだけのデータを取り出すしかありません。

外付けハードディスクを正常に認識しない状態、
つまりファイルシステムに問題があるドライブのファイルを操作するには、
ファイルシステムを無視して、そこにあるデータをファイルとして扱うソフトが必要になります。
この分野においては、ファイナルデータが高機能で、かつ使いやすいです。

ファイルシステムの修復

重要度の高い、必要なファイルだけバックアップを取ったら、試してみるべき作業があります。
「chkdsk」です。

「chkdsk」と修復オプション

一般的に、ファイルシステムの破損は部分的な不具合となって現れることが多いですが、
破損箇所によっては、ドライブ全体にわたってアクセスできなくなる場合があります。

chkdsk NTFS

「chkdsk」は、ファイルシステムを修復します。
その結果、正常なアクセスが可能になります。

ただし、良くも悪くも全自動です。
ユーザーにとって必要なデータかどうかは関係なく、
ただファイルシステムを正常な状態に修正することを目指します。

従って、完全に元の状態に復旧できるとは限りませんし、
必要なファイルを保存してくれる保証もありません。
動作が不安定なハードディスクの場合は、「chkdsk」が終了しない恐れもあります。
だから、失われては困るデータは、事前にバックアップをとっておくべきなのです。

フォーマットする

ハードディスク内のデータは不要で、認識させるだけでいいなら、フォーマットは有効な手段です。
前述の「ディスクの管理」等、Windowsでフォーマットすることもできますが、
一部の論理障害では、Windowsによるフォーマットを行なうことができません。

外付けハードディスクのフォーマットをするなら、専用のフォーマッタを使うべきです。
Windowsではフォーマットできなくても、フォーマッタを使うとフォーマットできる場合があり、
しかもリムーバブルディスクに最適化されているからです。

I-O DATA ハードディスクフォーマッタ

特に「I-O DATA ハードディスクフォーマッタ」は、インストールの必要がないうえに使いやすく、重宝しています。

ダウンロードページ I-O DATA ハードディスクフォーマッタ

物理障害

ハードウェア障害、つまり故障。
全体的にダメなものと、部分的にダメなものとに分かれます。

外付けハードディスクとしての故障

冒頭に書いたとおり、外付けハードディスクは内蔵ハードディスクに比べて部品点数が多く、
その分だけ故障率は高く、平均故障時間も短いです。
しかも、ファンレスモデルがほとんどなので、
内蔵ハードディスクよりも過酷な環境にあると言えるかもしれません。

外付けハードディスクが故障していて正常動作しない場合、そのままではどうしようもありませんが、
外付けハードディスクならではの故障というのがあるので、紹介しておきます。

外付けハードディスクの故障について

内蔵ハードディスクの状況把握

こちらは、外付けハードディスクに内蔵されているハードディスク本体の物理障害について。

ハードディスクは、SMARTという自己診断機能を持っています。
SMARTの各属性値を確認することで、
ハードディスクのファームウェアから見たハードディスクの状況を知ることができます。

「CrystalDiskInfo」を使うと、USB接続のハードディスクでもSMART値を確認することができます。

ダウンロードページ ダウンロードセンター - Crystal Dew World

CrystalDiskInfo - SMART属性値

特に、不良セクタはハードディスクの物理障害の中で最も軽微なものですが、
ちりも積もれば何とやらで、不良セクタが前述の論理障害の原因になってることも多いです。
不良セクタに関しても、対象となる属性値を確認すれば状況を把握できます。
詳細は下記ページにて。

SMART値と不良セクタ