外付けハードディスクを認識しない

原因はいくつもある

認識しない外付けハードディスクには、確認すべき点が多くあります
外付けハードディスクは、内蔵ハードディスクに比べて部品点数が多く、
その分だけ不具合の原因になりうる箇所も多いです。

そもそも部品点数が多いのは、USBにプロトコルを変換しなければならないからで、
内蔵ハードディスク単体の場合に比べ、常に複雑な動作をしています。
どうしても、外付けハードディスクの方が不安定になりやすいです。

外付けハードディスクを認識しないときは、これらの原因を分けて考える必要があります。

デバイスの確認

まず確認すべきは、デバイスを認識しているかどうか。
デバイスとして認識していないハードディスクは、パソコンで扱うことができません
デバイスがWindowsに認識されているかどうかを調べるには、
「デバイスマネージャー」を起動します。

ディスクドライブ - デバイスマネージャー

デバイスマネージャーの「ディスクドライブ」内に、
外付けハードディスクが表示されていることを確認
します。

USBデバイス - デバイスマネージャー

特に、ハードディスクの型番が表示されているか
ブリッジが表示されているだけなのかの違いは大きいです。
画像のように、ハードディスクの型番が表示されていなければ、故障が疑われます。

外付けハードディスクをデバイスとして認識するのは、必要条件です。
十分条件ではありません
つまり、デバイスとして認識していなければ、そのハードディスクを使うことはできませんが、
デバイスとして認識していれば、ハードディスクに問題がないとは言えません。

外付けハードディスクらしきものが表示されない場合は、
外付けハードディスクをデバイスとして認識してしていません。
USB端子の損傷や、USBケーブルの断線が疑われます。
接続するUSBポートを変更したり、USBケーブルを交換してみてください。

USB大容量記憶装置デバイス不具合 - デバイスマネージャー

ドライバに問題のあるデバイスは、アイコンに「!」や「?」が表示されます

ほとんどの外付けハードディスクは、USB接続だと思います。
もし、「USB大容量記憶装置」等において不具合がある場合は、

  1. アイコンに「!」「?」が付いているデバイスを選択
  2. 「Delete」キー ※右クリックメニューから「削除」でも可。
  3. 「OK」

として、ドライバを削除してください。

USBマスストレージクラスドライバは、もともとWindowsが持っているものですから、
ここでドライバを削除しても、次回接続したときにWindowsによって再インストールされます。
また、デバイスマネージャーでの削除は関連付けの削除であって、
ドライバファイル本体の削除ではありません。
だから、ドライバを削除することに対して変に警戒する必要はありません。
今現在がおかしな状態なら、問答無用で削除すべきです。

USB大容量記憶装置デバイス - デバイスマネージャー

ドライバを削除した後、一旦USBケーブルを抜き、再び接続すれば、
外付けハードディスクを認識するかもしれません。

ハードディスクの領域の確認

外付けハードディスクをデバイスとして認識していれば、「ディスクの管理」に表示されるはずです。
「エクスプローラ」には表示されなくても、です。

ディスクの管理

「ディスクの管理」とは何か

「ディスクの管理」は、パソコンに接続されたハードディスクがどのように認識されているかを確認する手段として、
非常に有効です。
なんといっても、外付けハードディスク等の補助記憶装置に対して、
Windowsから見た現状を把握できるからです。

従って、「ディスクの管理」で正常に認識できていないハードディスクは、Windows上では使えません。
また、問題があったとしても、「ディスクの管理」でどのように表示されているかが、
今後の作業を進めていくうえで大きな手がかりになります。

ディスクとしてどうなのか、ドライブとしてどうなのか、
パーティションはどうなのか、ファイルシステムはどうなのか、
すべて「ディスクの管理」から確認できます。
あくまでも、Windowsから見た情報に限りますが、それが重要。

初期化されていません(容量の表示なし) - ディスクの管理

特に、ディスクの容量が表示されない場合は、故障が疑われます。

論理障害

論理障害とは、ソフトウェア障害、つまりデータの不具合です。
外付けハードディスクを認識できなくても、ハードディスクが故障しているとは限りません。
不具合が論理障害だけであれば、復旧できるかもしれません。

外付けハードディスクであっても、中身は内蔵ハードディスクと同じです。
ハードディスク内のデータ構造も、内蔵ハードディスクとまったく同じです。※NASを除く。

パーティションの修復

ドライブ F: を使うにはフォーマットする必要があります。フォーマットしますか?

ドライブ○を使うにはフォーマットする必要があります等の表示がある場合は、
ハードディスクのデータを読み込む最初の段階でつまずいている可能性が高いです。

ディスクの初期化

また、「ディスクの管理」を起動した瞬間に「ディスクの初期化」を求められる場合は、
ハードディスクのMBRを認識できていません。
この場合は、エクスプローラにも表示されません。

これらブートセクタの修正に特化したツールとして、「TestDisk」があります。

TestDisk

「TestDisk」の使い方

ファイルの復元

厳密に言えば、ファイルの復元は、データを元通りに戻すという意味での復旧とは異なりますが、
次項の作業をする前に必要なデータは退避させておくべきなので、ここに書きます。
また、復旧が不可能な場合も、取り出せるだけのデータを取り出すしかありません。

外付けハードディスクを正常に認識しない状態、
つまりファイルシステムに問題があるドライブのファイルを操作するには、
ファイルシステムを無視して、そこにあるデータをファイルとして扱うソフトが必要になります。

ファイル復元ソフトは、「ファイナルデータ」を使っておけば間違いないです。

ファイナルデータ

ダウンロードページ ファイナルデータ
当サイト内解説 「ファイナルデータ」の使い方

ファイルシステムの修復

F:\ にアクセスできません。ファイルまたはディレクトリが壊れているため、読み取ることができません。

ファイルまたはディレクトリが壊れているため、読み取ることができませんと表示される場合は、
ファイルシステムが破損しています。
このエラーが出る状況では、ハードディスクそのものに問題がある可能性も高いので、
先に、後述の方法で内蔵ハードディスクの状態を調べておいたほうがいいかもしれません。

重要度の高い、必要なファイルだけバックアップを取ったら、試してみるべき作業があります。
「chkdsk」です。
「chkdsk」は、ファイルシステムを修復します。
その結果、正常なアクセスが可能になります。

具体的には、コマンドプロンプト(Windows PowerShell)を管理者として実行し、

chkdsk f: /f

chkdsk (対象のドライブ) /f

と入力して「Enter」キー

ただし、良くも悪くも全自動です。
ユーザーにとって必要なデータかどうかは関係なく、
ただファイルシステムを正常な状態に修正することを目指します。

従って、完全に元の状態に復旧できるとは限りませんし、
必要なファイルを保存してくれる保証もありません。
むしろ、ファイルシステム上問題のあるファイルやフォルダは失われることが多いです。
動作が不安定なハードディスクの場合は、「chkdsk」が完了しなくなる恐れもあります。

「chkdsk」の詳細については、下記ページ参照。

「chkdsk」と修復オプション

フォーマットする

ハードディスク内のデータは不要で、認識させるだけでいいなら、フォーマットは有効な手段です。

Windowsはフォーマットを完了できませんでした。

前述の「ディスクの管理」等、Windowsからフォーマットすることもできますが、
一部の論理障害では、Windowsでフォーマットできない場合があります。

外付けハードディスクのフォーマットをするなら、専用のフォーマッタを使うべきです。
Windowsではフォーマットできなくても、フォーマッタを使うとフォーマットできる場合があり、
しかも外付けハードディスクに最適化されているからです。

なかでも、「I-O DATA ハードディスクフォーマッタ」は、
インストールの必要がないうえに使いやすく、重宝しています。

I-O DATA ハードディスクフォーマッタ

ダウンロードページ I-O DATA ハードディスクフォーマッタ

物理障害

物理障害とは、ハードウェア障害、つまり故障のこと。
全体的にダメなものと、部分的にダメなものとに分かれます。

外付けハードディスクとしての故障

冒頭に書いたとおり、外付けハードディスクは内蔵ハードディスクに比べて部品点数が多いため、
故障率は高く、故障に至るまでの時間も短いです。
しかも、ファンレスモデルがほとんどなので、内蔵ハードディスクよりも過酷な環境にあると言えます。

外付けハードディスクが故障していて正常動作しない場合、そのままではどうしようもありませんが、
外付けハードディスクに特有の部品が故障している場合があるので、注意が必要です。

外付けハードディスク分解写真

外付けハードディスクの故障について

内蔵ハードディスクの状況把握

こちらは、外付けハードディスクに内蔵されているハードディスク本体の物理障害について。

ハードディスクは、SMARTという自己診断機能を持っています。
SMART情報を確認することで、
ハードディスクのファームウェアから見た、ハードディスクの状況を知ることができます。

特に、「CrystalDiskInfo」を使うと、
USB接続のハードディスクでもSMART情報を確認することができます。
表示内容のわかりにくい部分については、当サイト内で解説しています。

CrystalDiskInfo

「CrystalDiskInfo」の見方

不良セクタは、ハードディスクの物理障害の中で最も軽微なものですが、
ちりも積もれば何とやらで、不良セクタが前述の論理障害の原因になっていることも多いです。
不良セクタに関しても、対象となる属性値を確認すれば状況を把握できます。

不良セクタのあるハードディスクへの対応

不良セクタが原因でハードディスクのデータを読み出せない場合は、
普通にアクセスしていても、読めない状況が変わることはありません。
ユーザー側で対処する場合は、ある程度のリスクを覚悟する必要があります。
詳細は、下記ページにまとめてあります。

不良セクタのあるハードディスクへの対応

データの復旧

認識しないハードディスクに対して、ユーザー側でできることには限りがあります。
たとえば、物理障害において、ハードディスク本体の部品を交換する必要がある場合、
工具も交換部品も持っていないユーザーには対処できません。

また、ユーザー側で対処しうることについては、このページに書いてきましたが、
誰もが実行可能な内容だとは思いません。
動作不安定なハードディスクを操作することは、少なからずリスクを伴うので、
データの重要度が高い場合には、何もせずにデータ復旧業者さんに依頼したほうがいいです。

私はデータ復旧業者ではなく、その手前でお客さんの対応を広く行う立場だったので、
データ復旧業者の内情にはあまり詳しくありません。
ただ、こういった場合には集合知がものをいいます

Webサイトでは、詳しい所にユーザーからの情報が集まります。
業者では、技術力のある所にお客さんからの情報が集まります。

対応力のある店員に、店中のもめごとが集まってくるのに似ています。
クレームが集まってくること自体はうれしくありませんが、
それによって、他者よりも経験を積めるのです。
知見が増えると、より頼られるようになります。
富める者はますます富み、という話です。

従って、データ復旧業者でも、規模が大きいほど多くの知見を持ち、
相応の技術力を持っていると判断して間違いありません。
個人的にもお世話になっているのは、業界トップの「デジタルデータリカバリー」さんです。

デジタルデータリカバリー

デジタルデータリカバリー